2007年07月15日

十勝とばん馬とやたら多い切符04

14日午前・函館

真美:うわ…、やっぱ寒いね…。
犬 :ん、覚悟してたほどじゃないけど…、行き先が行き先だけになあ…。
亜美:競馬場って、寒いの?
犬 :主にフトコロが…。いやそうじゃなくて、まず風を遮るものが少ないし、暖かい空気が逃げていくのを妨げるものも少ない。
真美:そんなこと言われちゃうと、もっと心配になっちゃうよー。
犬 :悪かった。いざとなれば、二人は俺が暖めてやろ…
亜美:石ころにぎってグーです。
犬 :そうかよ…。
真美:とにかくいってみようよ。競馬場まではどうやっていくの?
犬 :駅からすぐのところに、路面電車の停車場がある。それで競馬場のそばまで行けるんだ。
亜美:あっ! 向こうの道路に電車っぽいの見えたよ! アレなんだね?
真美:なんかさ、時間はかかったけど、新幹線とかとっきゅー電車とか、チンチン電車にも乗れて、チョー面白いね!
犬 :…今時そう呼ぶ子供がいるとは思わなかったよ。…さて、停留所。
亜美:ホントに、道路の真ん中に線路があるんだね…。
真美:ホームのすぐ側をクルマが走ってくよ?
犬 :ここは道路の角っこで、車もスピード出してないから平気だけどね。まっすぐな大通りの真ん中だったりすると、背中をビュンビュン通って行く感じでスリリングだ。
亜美:あ、電車きた…。うわー、チョーメチャ混みになったよ?
犬 :みんな行くところは同じだから。…実を言うと俺、どこで降りたらいいのか知らないんだけど。
真美:ちょっ、ちょっと待ってよわんわん…。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 00:34| Comment(0) | 徘徊録 | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

十勝とばん馬とやたら多い切符03

14日朝・上陸

亜美:はーい、夜が明けて、今日は7がつの14っか、土よーび、6じ30ぷんでーす。
真美:うー、朝になっても、やっぱ少し寒いね…。
犬 :東京の夏とは別世界だって、頭ではわかってたんだけどな…。もう少し厚いセーター持ってきてもよかったか…。
真美:んで、今日はどこへ行くの?
犬 :まず、ゆうべ降りた新青森から、6時58分の列車に乗って青森へ戻る。そして7時30分発の特急、白鳥41号に乗って、9時25分に函館に着く予定だ。
亜美:じゃ、いよいよ北海道なんだね?
犬 :そう。その間、8時7分の予定で津軽今別という駅を出ると、すぐに青函トンネルに入る。これは何だか知ってるよな。
真美:はーい! 海の下を通ってるんだよね?
犬 :そう。もちろん、いきなり海の下まで降りられはしないから、少しずつ少しずつ、その深さまで降りていく。だから、3分の2以上は陸地の下を通ってるんだけどね。
亜美:へー。
犬 :それでな、青森側も北海道側も、入り口は山の中って感じなんだ。だから、これから海の下へ行く、って印象はあんまり無いんだよね。
真美:えー。真美、海見たかったよー。
犬 :安心しろ。北海道に入ったら、ほとんど海沿いを通るから。…さて、そんな話をしながら歩いているうちに、昨日通った迂回路に入ったぞ。
亜美:え? なにあれ!? メッチャ長いがっこーみたいなのができてるよ!?
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 10:00| Comment(0) | 徘徊録 | 更新情報をチェックする

十勝とばん馬とやたら多い切符02

13日深夜・夜歩き

犬 :うん、セーター着てればそんなに寒いって気はしないな。
亜美:でもわんわん、半袖の人もいるね。さすがにちょっと寒そうだけど。
犬 :たぶん、日中は暖かかったのかも知れないな。
真美:青森っていうと、昔の歌だけど真美達も知ってる歌があるね?
亜美:うんうん! ゆきぴょんが歌ってたアレだね?
犬 :うん。…ではここで問題。
真美:えーっ!
犬 :ああ、でも、真美達には絶対わからないから気にしなくていいよ。ここ読んでくれてる兄ちゃん姉ちゃんのための、ささやかなクイズだから。
亜美:そーなんだ。んじゃ、みんながんばってねー。
犬 :では改めて。現在、上野発の夜行列車では、実は青森駅に降りられない。○か×か。
真美:えー? そんなの真美にもわかるよ? ×でしょ?
犬 :なんでそう思った?
亜美:だって、こんな大きな駅だもんね。そうだよね、真美?
真美:うんうん! それに、わんわん言ってたじゃん、青森は北海道への玄関だって。…あれ、でも北海道いくんだったら、青森で降りないし…んにゃあ?
犬 :そうだよな。その理由ではハズレ。上野から東北本線経由で走る夜行列車はどれも、時刻表を見る限りでは、青森駅ではお客さんを降ろさない。
亜美:え、どうして?
犬 :実は俺もわからないんだけどね。ただ考えられるのは、早い列車だと青森に着くのが2時前、不便な時刻だからだって事かな。
真美:そんなんじゃ、着いてもどうしていいか困っちゃうよー。
犬 :まあ、迎えに来てもらうアテがあればいいんだけど、それでも、いちばん早い新幹線で東京を出ればお昼前に着けるんだし、そんな迷惑な時間に来てもらう事もないからな。結局、時間が時間だけに降りる人がほとんどいなくなった、ってところじゃないかな。
亜美:んじゃ、とにかく、青森駅では降りられないんだね?
犬 :ところがどっこい、正解は×でいい。降りられる…というか青森を終点とする列車が1本だけあるんだ。東北本線を通らずに、群馬県や新潟県を抜けて、日本海側へ出て青森を目指す「あけぼの」だな。これだと、青森に着くのが10時前。
真美:なーんだ。んじゃ、答は合ってたんだね?
犬 :まあね。ちょっとした鉄道ファンを狙った引っかけ問題だな。知らなきゃ正解できるって、意味ない引っかけだけど。…ただ、青森へ行きたくて「あけぼの」乗る人は、今はいないだろうね。朝の新幹線と2時間しか違わないし、新幹線より高いからな。
亜美:どう? 兄ちゃん姉ちゃん達、わかった? んじゃ、クイズはおしまいー。

続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 01:30| Comment(0) | 徘徊録 | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

十勝とばん馬とやたら多い切符01

2007年7月13日・旅立ち

犬 :ふー。何とか一服する時間は取れたな。これから、3時間禁煙だもんなあ。……ぷはーっ、今日も元気だ煙草が旨い。しかし金曜の夕方って、あんなにみどりの窓口が混んでるものだったのか。特急券1枚買うのに20分かかるなんてな…。
亜美:んーふーふー。
犬 :う、うわっ!
真美:亜美タイイン! わんわんのホカクに成功したよ!
犬 :なんでお前達ここに!?
亜美:亜美達から逃げられると思ったらおーマチガイだよ、わんわん。
真美:わーい、お出かけお出かけー! ねえねえ、真美達もつれてってよー!
犬 :…どこへ行くかわかって言ってる?
真美:ぜーんぜん。おもしろそうだったからおいかけてきただけだもん。ねー亜美?
亜美:うんうん! そんでそんで、どこいくの、わんわん?
犬 :…十勝だよ。
亜美:? とかちだったらここにいるじゃん。
犬 :いやそうじゃなくて…。いわばとかちの本場、つくちてのメッカまでいくんだよ。
真美:そんなトコがあるの!? ねえ、そこって遠い?
犬 :ああ、北緯54°くらいだったかな。
亜美:それじゃわかんないーっ。
犬 :いやそれ以前に嘘だから。…ま、そういうわけで、ついてきても疲れるだけだと思うぞ? いわゆるとかちつかれて。
真美:つまんない。
亜美:つか、わんわん、亜美達のこと、おジャマ虫にしてると石ころにぎってグーです。
犬 :いきなりかっ!?
真美:それに、真美達つれてってくれないと、わんわんのお出かけ日記、きっと3行で終わっちゃうよ?
亜美:うんうん! わんわんのだーい好きなくだらないこと、書けなくなっ…
犬 :お前達何してる早くしないと新幹線乗り遅れるぞ急げ。
亜美:んーふーふー。そんじゃさっそく、
真美:とかちにしゅっぱーつ!

続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 22:53| Comment(2) | 徘徊録 | 更新情報をチェックする