2010年08月04日

ぜよいさん物語・10

やよい:うっうー、今日はライトノベルの話題だそうですー。
犬  :メディアファクトリー社のレーベルがあるじゃないか。
ゼよい:ああ、MF文庫Jね。作品のいくつかをコミックに展開してる『コミックアライブ』って雑誌もあるわね。
犬  :そうそう、それ! 何をどうしたのか、このブログのサービス元とタイアップしたんだよ。4作品くらいのデザインテーマも用意されたね。
やよい:この分野って本当に、次にどんな展開してくるのか、予想がつかないですよね。
犬  :『僕は友達が少ない』のテーマがあったら使ってたと思う。
ゼよい:どんなデザインよ?
犬  :トップのバナーは、夜空に鷹が飛んでるイラストで、記事欄の背景画像に、巨大な「肉」の一文字がうっすらと透けているという。
やよい:ううー、読んでないみなさん、何が何だかでごめんなさいですー。
犬  :それはそうと、少し前に、区内の図書館で『ごくペン!』の2巻だけを見つけたんだよ。
ゼよい:へえ、図書館にラノベなんかあるんだ。
犬  :統括する自治体によって、あったりなかったりするけどね。ざっと調べた限りでは、東京都新宿区や渋谷区の図書館にはなくて、世田谷区や杉並区のにはある、とか。
やよい:置いているところでは、リクエストがいっぱいあったって事ですね?
犬  :あー、実はね、所収する本を選ぶにあたって、リクエストは参考程度にしかされないらしいんだ。
ゼよい:つか、リクエストできるって事さえ初めて知った…。
犬  :その昔には、それこそリクエストだけで決めていたような館もあったらしいんだけど、ある時期からI田D作の本が断然人気に推されるようになってしまって、客観的な選考材料にはならなくなっちゃったんだって。
やよい:組織票ってやつですね…。
犬  :予算が無尽蔵にあったなら、所蔵してみたけど回転率が低くてお蔵入り、って事にもなったかも知れないけどね。そうでない以上、万人受けするか、認知度が低いけど読まれるべきものか、何らかの基準でシビアに選ばないとならないみたいだね。
ゼよい:どこも悩みの種は一緒、か。
犬  :まあ、それはそれとして、ライトノベルがあるかどうかは、図書館のホームページを使って、人気どころのタイトルを蔵書検索してみれば、見当はつけられるよ。
やよい:あ、それは便利ですね! ライトノベルじゃなくても、読みたい本があるかどうか調べてからいけますよね。
犬  :もちろん、貸し出し中かそうじゃないかもわかる。調べてから訪ねるまでの間に借りられちゃう事もあるだろうけど、ほぼ無駄足を踏まずに済むよ。
ゼよい:レンタルDVDでもそんなサービスしてくれないかな…。
犬  :さて…、話が逸れちゃったけど、『ごくペン!』の2巻だけがあったんだよ。
やよい:ううー、そういう時ってすっごく気になっちゃいますねー。
犬  :1巻を読んでないのに借りてもなあ、と思ったんだけど、調べてみたら1巻も貸し出されずにある事になってたんだよ。
ゼよい:なにそれ? ぜんぜん違うところにいっちゃってたとか?
犬  :そう思って、文庫本の書架は全部チェックしたんだけどね…。改めて館内の検索端末を見たら、保存書庫にあるから係の人に持ってきてもらえ、という事だった。
やよい:あ、なるほど。もっと新しい本が手にとって見れるように、しまってあったって事ですね。
ゼよい:ちょっと待って。確か『ごくペン!』の1巻って、去年の秋だったんじゃない?
犬  :うん。古いから奥に引っ込めたって事はないはずだ。西村京太郎が初期に書いた本だって並んでたくらいだし。
ゼよい:それなりに人気もあるはずだから、誰も借りないから引っ込めたってわけでもないはずだわ?
犬  :でもね、実際に係の人に持ってきてもらったら、理由に察しがついたんだ。
やよい:どうしてだったんですか?
ゼよい:もしかして、表紙がこれだからって事?
犬  :たぶんね。
やよい:あー、ちょっとエッチっぽいかも知れませんねー。
犬  :図書館ではライトノベルを、ヤングアダルト向け書籍と位置づけているらしいんだ。館によっては一般向けの文庫と書架を分けているしね。未成年者向けのものだとする図書館と、大きなお友達もアテにしてる出版側と、認識のズレがあるね。
ゼよい:まるで18禁扱いじゃん……。
犬  :同じ図書館で、団鬼六は子供の手が届くところにあるんだけど、まあ表紙がああでなければいい…のかなあ。
やよい:その作家さんって、どんなところがまずいんですか?
犬  :現代SM小説やアウトサイダー伝記の第一人者です。
ゼよい:それとねやよいちゃん、アーケード版に、とてもよく似た名前のプロデューサーがいるよ?
犬  :CPUライバルとしてね。担当アイドルの名前は代表作のヒロインのものです。
やよい:ううー…。
犬  :ところでさ、1巻を奥に引っ込めた図書館も、同じMF文庫Jの『魔女ルミカの赤い糸』は4冊全部一般書架に置いてあるんだよ。
ゼよい:ええー?
犬  :表紙はこれとかね。
やよい:…ちっともエッチとかじゃないですよね?
犬  :ところがこのシリーズは、表紙をめくった巻頭トップカラーで、ヒロインをほぼ同じポーズで裸にさせている!
ゼよい:黒いストッキングはそのままなのがアレ!
犬  :そして表情の変化がまたアレ!
やよい:う、ううー…。2人ともアレな感じになっちゃってますー。
犬  :1巻と4巻とでは、髪を下ろしたりして胸は隠してるけどね。
ゼよい2巻3巻はそんな小細工なしの直球勝負よね。
やよい:さ、3巻のポーズで何も着てなかったら…、丸見えじゃないですかーっ!?
犬  :うっすらと先端の突起らしいものも。
ゼよい:セガサターンではNGだったのに!
やよい:いい加減にして下さい2人とも! 今日はエッチな話がテーマだったんですか?
犬  :いやいや、近頃のライトノベルは侮れないって話だよ。
ゼよい:そんな話ちっともしてないって事だけは確かだわ…。
posted by 負犬山禎之丞 at 23:16| Comment(0) | 朦朧堂、謬説の間 | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

ゼよいさん物語・9

ゼよい:去年の春、『化物語』ってアニメがテレビ放送されてたのよ。
やよい:西尾維新さんが書いた小説が原作ですー。
犬  :エンディングで使われた『君の知らない物語』は、なかなかヒットしたみたいだね。普通のヒット曲に混じって有線で流されたりもして、お陰でコンビニにいる時に聞こえてきたり。
やよい:へえー。
ゼよい:ま、いかにもアニソン、って曲じゃないし、近頃は街中でアニメの曲を聴くってそんなに珍しくもなくない?
犬  :そだね。…そういえば、俺がコンビニで初めて聞いたのって、こんな写真撮るために寄った街での事だったっけ。今にして思うと、今回の事の伏線だったのかも。
ゼよい:絶対違うって。

続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 17:29| Comment(0) | 朦朧堂、謬説の間 | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

やよいとゼよいのブックレビュー。

やよい:うっうー! またまたゼよいさんと私が登場でーす!
よい:って事は、またギャンブルの話?
犬  :違うんだ。もともと、やよいに出てきてもらったのは、実は天才少女設定を強引に通した上で、やよいと俺とでライトノベル本の紹介とかをやろうか、って考えからだった。俺も忘れてたけど。
よい:あんたねえ…。
犬  :今にして思えば『菌類のふしぎ』の時に2人に出てもらったのも、忘れていながらも、俺の無意識が2人を選んだのかも知れないね。
やよい:うっうー、とってつけた感が山盛りですーっ!
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 23:56| Comment(0) | 朦朧堂、謬説の間 | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

称号が光るけれど。

 リディア先生! リディア先生っ!
「あら負犬山くん。ボケましておめでとう」
 ……ごめんなさい。咄嗟に何も思いつきません…。
「むしろ惚けたのかしら」
 うう…。自覚があるんであまり触れないで下さい…。
「あらら、それは大変だわ」
 なんだか最近、誰でも思いつくようなボケしかかましていない気がするんですよ…。
「尾張よければすべてよし、とか言ってたものね」
 地元の競馬新聞で使っていたキャッチが、そのまんまでした。
「脳の活性化にはクイズがいちばんよ。本気で言ってるわけじゃないけれど」
 実も蓋もありませんね…。
「その後の調子はどうかしら?」
 お陰様で、何だかんだで青銅賢者になりました。
「あらビッ…それはおめでとう」
 今、ビックリって言いそうになりましたね?
「いやだわ、本気で言うわけないじゃないの」
 おめでとう、の方をですね?
「さすがわかってるわ!」
 あんまり誉めないで下さい。
「そう。…これで負犬山くんも、オーラを発するキャラになったのね」
 いつの話ですか! 確かに、昔にそんな趣向もありましたねえ…。
「話は変わるけれど、次の4科目で、いよいよ検定試験もお終いよね」
 そうですね。稼働当初は、本当に30科目も用意されるのかどうか、疑ってもいたんですけど、…よく揃えたもんですねえ。掉尾を飾るのは「江戸時代」「国語力」「アニメソング」「ハリウッド映画」ですか。
「あなた個人としては、それぞれどの程度を目標にするのかしら?」
 映画はBランクでいいかなと。…正直、その自信もないんですが、何だかんだで「高校野球」以外は不合格を経験せずにきてますんで、一発でBランクまで届かせたいところです。江戸時代とアニソンとはAランクを目指しますよ。
「そして、問題は国語力よね」
 いずれ失効するとはいえ、教員免許取った者としては、ただのSランクじゃ済まされないでしょうねえ…。5000点くらい叩き出したいと思いますが…。
「3500点から上は、問題運に左右されるものね。ちなみに、受験者層が近いと思われる「漢字検定」で5000点取っていたとしたら、520位台ね」
 今の4科目のように、受験者数が1000前後って事にはなりませんか、やっぱり。…みんな、アカデミーより、もっと「アンサーアンサー2」に打ち込もうぜ!
「馬鹿言わないの。…そういうあなた、そっちの方はどうなったの?」
 クラスはS2からA1の間で落ち着きそうです。…でも、ちょっとショックな事が起きまして…。
「あら、どうしたの?」
 いろいろとタイトルがもらえるじゃないですか。「早押し職人」とか「連想師範」とか。
「他には「ルーキー斬り」や「誕生日10人斬り」などもあるわね」
 どうしてそう、地味で嫌なタイトルばかり挙げるんですか!
「そう、そんなタイトルをもらってしまったのね…」
 いや人数はともかく、普通にアンサーしてればその手の緑タイトルは誰でも獲りますから…。
「緑タイトル…って、つまりいちばん格が低いものという事よね」
 ええ。イベントでもらえる特殊なものを除き、全タイトルとも6つの格がありますよね。下から緑、青、赤、銅、銀、金と。
「うんうん。○○斬りの仲間は、所定の人数に応じて、出題形式によるものは、勝率に応じて。あとはジャンルごとの獲得ポイント値で決まるものと、…大雑把に3系統ね」
 …僕、今のところたった1つだけ手にしている銀グレードが「あまのじゃく偉人」なんです…。
「……なんだか、友達になりたくないわね…」
 他のはせいぜい赤グレード止まりなのに…。
「でもあれだわ「チアガール千人斬り」とかと比べれば、後ろ指を指される事はないと思うわ」
 そんなタイトルありませんよ! それと後ろ指とか汚名扱いやめて下さい!
「それでは、国宝級を超えたあまのじゃくと名高い負犬山くんに、4人あまのじゃくクイズでの有利な進め方を伺おうかしら?」
 …褒め殺しってこういう事か……。
「もう…。そうやって、訊いてるのにすぐ答えてくれないからあまのじゃく呼ばわりされるのよ」
 わかりましたよお! …実は素直な人がトータルで強いんじゃないかと思うんですよ。
「またまた、汚名の取り繕いに必死なんだから」
 繕ってません! 要するに、選択肢の中で、自分にとって2番目にポピュラーなものよりは、もっともポピュラーなものの方が、ライバルとかぶらない事が多いんです。
「…ああなるほど」
 正しくはどんな問題だったか忘れましたけど、イメージとしては「東京のおみやげ品」という出題で、誰も東京ばな奈を選ばなかった、という事もありましたね。
「ああ、いかにもって感じだもの、選び辛いわね」
 複数がわかった時に裏をかいて、という場合は、まあ腹の探り合いにもなりますけど、どうにもわからない時には、無理して捻らないで、素直に無難に点を取りに行くのが大事ですよね。
「そうよね。狙って外したら0ポイント、素直に行ってかぶっても、10ポイントは取れるものね」
 ええ。それで運良くかぶらなければ儲けものです。そういう場合に限って、ライバル同士でかぶせ合って、結局自分だけボーナスもらえる事もありますし。
「へえー。なんだかむしろ、4人素直クイズって変えた方がいいみたい」
 そうなんですよ。…たまたま、どうにもならない問題が続いて、僕だけ当たり前のものを選び続けて、3連続で単独正解ボーナスもらった事がありましたよ。
「正直は3問の特、ね」
 上手い事を! で、ライバル達が、ああそれでいいんだ、と思ったところで、僕だけ捻りを入れて単独正解ボーナス取ったりして。
「……そこまで踏まえての、あまのじゃくクイズだったなんて……」
posted by 負犬山禎之丞 at 22:24| Comment(0) | 朦朧堂、謬説の間 | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

やよいちゃん物語・02

やよい:あの、プロデューサー?
 ん? いきなりどうした?
やよい:この前は、もったいないって思っちゃって聞き忘れちゃったんですけど、『やよいちゃん物語』の、ちゃんぽんチック、って、なんか変じゃないですか?
 えー、そうかな…。
やよい:私、そんな言葉、初めて聞いたかもですっ。
 そうだろうね。俺も初めて言ったよ。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 04:00| Comment(0) | 朦朧堂、謬説の間 | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

やよいちゃん物語・01

 なお、本コーナーのタイトルは、苦し紛れにつけただけであって、画像の95%がやよいのエロシーンだとか、体操マットでやよいを簀巻きにするとか、実写化するとかいう事はないから安心してくれ。
やよい:だ、誰とおしゃべりしてるんですか? プロデューサー!? っていうか、最初が「なお」って文章はおかしいですー!
 独り言だから気にするな。…どうでもいい事だけど、昔、ネット友達に三題噺を持ちかけた事があってさ。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 09:00| Comment(2) | 朦朧堂、謬説の間 | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

やよいちゃん物語・00

やよい:プロデューサーっ! 本当に私のコーナーができるんですか!?
 うん。ブログで設けてる現状のカテゴリでは分類できない企画を思いついてな。亜美真美の旅日記みたいに、俺の相手をやってもらう。
やよい:うっうー! きんちょうしちゃいますけど、でもとっても楽しみですー! いえいっ!
 実は、相手役としてパッと浮かんだのは、律子か千早なんだけどさ、千早は、今は滞ってるけど2つもコーナー持ってるし、律子は…、彼女に本気出されると俺が続けていく自信なくしそうだし、さ…。どうしようかと思ってるうち、ふと、まだ中継ぎでしか使ってない、やよいでいけるんじゃないかって閃いた。
やよい:ええっ! 律子さんや、千早さんの代わりですか?
 ごめんな。代役みたいで面白くないよな。
やよい:そ、そんなことはないですけど…、でも、律子さんも千早さんも、頭がよくって、いっつもするどくって、私とぜんぜんイメージ違わないですか?
 それなんだけどさ…。改めて訊こう、やよい?
やよい:は、はいっ?
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 22:37| Comment(2) | 朦朧堂、謬説の間 | 更新情報をチェックする