2010年09月12日

配置の妙と妙な配置と。

やよい:うっうー! みなさん、お元気でしたかーっ!?
ゼよい:今日も、みんなにやよいちゃんパワーを分けて上げるわ!
犬  :いっそ、そういうコーナーにしようか。
やよい:それもいいかもですけど、今日はなんのお話をするんですか?
犬  :…いいかもなのか。…今日もね、図書館で見つけたチョイネタをご披露しようと思う。
ゼよい:そんなにネタがあるところなんだ、図書館って…。
犬  :当たり前でもあるけど、図書館では内容やテーマのの近い本同士を、近くに集めて配架しているよね。
やよい:はい。妹や弟に絵本を読んであげてた頃は、児童書コーナーにいっぱいお世話になりました!
ゼよい:そうねえ。子供の頃には田舎の図書館によくいったわ。春香と。
犬  :児童書コーナーの中でも、活字だけの本と、絵本とは分けてあるよね。図鑑や百科事典も別に配架されているし、さらには活字本も、内容別だったり分野別だったり、また時には、字の大きい本や平仮名の多い本は別にまとめられていたり、探し易いように工夫されているよね。
やよい:そうですね。
ゼよい:生徒向けとか、もっと大人向けとかになると、もっと細かく分類されてるんだっけ。なんか3桁の数字書いたシールが貼ってあって。
犬  :そう。一般の図書館では「日本十進分類法」というのに従って、その3桁を割り振ってる。…まあ、今日のネタではここまで見る必要もないけど、雑学程度に割り切って、見て頂こうか。

0 総記    1 哲学    2 歴史    3 社会科学  4 自然科学
5 技術.工学 6 産業    7 芸術.美術 8 言語    9 文学

犬  :というように、左の桁が決まる。これを「1次区分」というんだ。さらに、例えば2の中で…

 21  日本史
 22  アジア史.東洋史
 23  ヨーロッパ史.西洋史
 24  アフリカ史
 25  北アメリカ史
 26  南アメリカ史
 27  オセアニア史.両極地方史
 28  伝記
 29 地理.地誌.紀行

犬  :と、真ん中の桁を充てて細分してる。これが「2次区分」 太字になっているのは、便宜上2次で分類しているけど、1次に相当する重みがあるという事。「自然科学」の中の「医学.薬学」や、「技術.工学」内の「家政学.生活科学」などが該当するね。
やよい:そして、いちばん右の桁を使って、もっと細かく分類するんですね?
犬  :うん。「3次区分」という。…これ以上詳しくは触れないけど、1つだけ具体例をあげると、日本史の中でも北海道の歴史は211となって、中で道北の歴史についての本は211.1、とかいうようになるんだ。
ゼよい:なるほどねえ。小数点以下まであるんだ。
犬  :ここでもう一度、例にあげた2次区分の内訳を見直して欲しい。日本、アジア、ヨーロッパ…と並んでいるよね?
やよい:はい。
犬  :この並びと、対応する数字とは、他の分類にも適用される事が多い。例えば「伝記」では、人物が活躍した地域によって細分するために、3次区分にこれを充てるんだ。
ゼよい:つまり、日本人の伝記だったら、281になるって事?
犬  :ご名答。…まあ、実際に本を探す時に、数字に頼ったりはしないだろうけど、地域別に分類されている場合、どんなジャンルでも地域の順番は決まってる、と知っていれば、少しは探し易いよね。
やよい:なるほどー。
ゼよい:よく考えてあるのねえ。
犬  :他にも、詩歌、戯曲、小説といった、文学の形式。また音声や文字、語源や意味論、文法といった、言語の学問上のテーマなどが、どの地域のものでも同じ順番で並べられるね。
やよい:これだけ細かかったら、どんな本でも、迷わないでピタッと分類できちゃいますよね!
犬  :そうでもない。
ゼよい:…そうなの?
犬  :例えば、鉄道についての本。どこに入れる?
やよい:…それって、質問がズルくないですか?
犬  :あ、バレた?
ゼよい:なんでよ?
やよい:鉄道で旅行した事の本だったら「歴史:地理.歴史.紀行」でいいですけど、車両の構造とか、技術とかの本だったら「技術.工学」ってなりますよね?
ゼよい:そっか。この方法だと「鉄道」ってジャンルじゃ括れないんだ。
犬  :おまけに、電車かそれ以外の機関車かによっても、入れるべきところが違うんだよね。さらには、鉄道経営や、鉄道史の本だったら「産業:運輸.交通」になる。
やよい:…いちおう、どこに入れるかはわかりますけど…。
ゼよい:なんか、バラバラよね…。迷わないで分けられる、とは思えないわ…。
犬  :探す立場になると、もっと困るよね。まあ、今では、探したい本が決まっていれば、コンピューターに当たれば納められてる場所まで教えてくれる事もあるから、迷わなくてすむ場合もあるけどね。
やよい:前はたいへんだったんでしょうね…。
犬  :…と、ここまでは余談。
ゼよい:長っ!

続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 17:53| Comment(0) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

ゼよいさん物語・8

犬  :『咲』6巻が発売されて、2週間が過ぎたね。
よい:アニメも6巻の内容にグイグイ入ってってるわね。
やよい:つか、次の回で、6巻の内容が終わっちゃうかもじゃないですか?
よい:そうだよね。遅くとも次々回では追いつくよね。
犬  :そうなっちゃうと、まず単行本で読みたい俺は、アニメを見られなくなってしまうよ!
よい:諦めな!
犬  :まあ、見てなかったからいいんだけど。
やよい:……。
犬  :雑誌連載はどうなってるんだろうねえ。…テニスの玉子様とかキァプテン翼とかみたいな引っぱりはしないだろうけど。
やよい:字を替えるより、伏せ字にして下さい…。
よい:つか、キァプテンって発音できないじゃん。
犬  :なせばなる!
よい:ならないよ!
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 20:40| Comment(0) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

今日のPICK UP アイドル。7/31

雪歩:…ふう、土用の前に掘った穴が残っていて、よかったですぅ…。
犬 :これなら、土の神様を怒らせる心配もないし、雪歩も安心してトークに加われる。よかったよかった。
律子:前回、穴の外でじゅうぶん落ち着いてた気がするんだけど?
犬 :さて今日からは、不定期にだけど、これはというユニットを紹介するコーナーとして細々と続けていこうと思うんだ。XBOXLiveに繋げられる方には、ネタが重複してしまうけど、まあ怒られたりはしないだろう。
律子:言っておきますけど、万一にも私を出すような時には、それなりの覚悟をしておいて下さいね?
雪歩:り、律子さん…、怖いですぅ…。
犬 :平気平気。もう、とどめ刺された後だから、何も怖くない。
律子:ほほう? まさか、一度死んだくらいで楽になれるとか、思ったりしてないでしょうね?
犬 :え? え?
雪歩:で、では、今日のPICK UP かわいそうなアイドルは、この人達ですぅ。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 22:00| Comment(0) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

ゼよいさん物語・7

やよい:ゼよいさん、プロデューサー、お久しぶりでーすっ!
犬  :うん。久しぶり。
よい:相変わらず、思い出したように呼ばれるわね…。いったい、いつ以来よ?
犬  :前に紹介した本が、出たばかりの頃だよな。
やよい:でも、今年は、妖精さんの次に出番が多いかもです!
よい:…前向きだわ、やよいちゃんは…。
犬  :本当にねえ。同じキャラなのに、アニメとゲームとでどうしてこんなに別人なんだろう。
よい:いまさら気にしたら負けだって。
犬  :むう。けだし正論。…ところでさ、この間、最寄り駅前の本屋に寄ったら、あの本の帯に「20万部突破」って書いてあったのさ。
やよい:うっうー、大ヒットですー!
犬  :それから、ざっと20分くらいあとに、新宿の紀伊国屋で見たら「32万部突破」になってたのさ。20分で12万部売れたって凄いよな!
よい:違うって!
やよい:でも、紹介した本が大ヒットしたんですから、プロデューサーも
犬  :なんか悔しいな。
よい:…待て待て待ってよ。おかしくない?
犬  :だって、俺が紹介したんだぜ。せっかく、こんな地味ブログで採りあげたって売れやしないマイナー本だと思ったのに。
やよい:大丈夫ですプロデューサー! あの本が売れたのって、きっとプロデューサーにはまったく関係ないですから。
犬  :なら安心。
よい:いや、絶対変だって、その考え。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 21:27| Comment(0) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

脱衣はしないけれど。

 リディア先生! リディア先生っ!
「あら負犬山くん。…なんだか格好いいじゃない、今日は」
 …最後の一言、なくてもそれとわかりますから大丈夫です…。
「さすが、分を弁えているわね」
 …だいたい、いい歳したハイエルフが、何で四月馬鹿なんかに乗るんですか?
「それは、やっぱり、…。ちょっとちょっと、いい歳した、って何よ?」
 やだなあ、素敵なお年頃って意味ですよ。今日は。
「もう、お仕置きです!」
 うわー。
「どうしてマラリヤさんの真似なのよ」
 だって、彼女の悲鳴だけ悪目立ちしますから、耳に残って…。それはそうと、どうして四月馬鹿なんかに?
「うん。やっぱり、ライフスタイル担当だから、世間の流れから取り残されてはいけないもの」
 微妙に納得できて困った!
「あなたは、特にブログで何かやろうとは思わなかったのかしら?」
 ええ。だって僕、年中馬鹿ですから。
「とても納得できて困るわ!」
 毎日いつでもフルタイム馬鹿ですから、これまでブログに書いた事、全部ウソですし、今さらこれといってする事も…。
「それは早めに撤回しないと、取り返しがつかなくなるわよ!?」
 本当は、ミキノハートは無敗の三冠馬なんです!
「まだJRA桜花賞も始まってないのに!」
 まあ、この話はここまでとしまして…。ところで、リディア先生?
「何かしら?」
 アカデミー6で、先生方の立ち絵が一新されましたけど、どうして先生はあんなエロいポーズ決めちゃってるんですか!?
「…エロいかしら、あれ?」
 胸元の入り江は見えちゃってるわ、肩を出す服装なのか着崩れて出ちゃってるのか判断つかなくなっちゃってるわ、…お陰で授業が手につきませんよ!
「それくらいの事で…、どこの中学生よ」
 中級魔術師です!
「中二病とは、中級魔術師二級からなかなか上がれない事を言う。○か×か?」
 △!
「…予想外の答えが…」
 新登場のサツキ先生だって、ロケテストのまま胸元がアレだし…、もしかしたら、女性の先生はみんなそっち路線に走っちゃったかと思って、さっそくマロン先生のチェックに走っちゃっいましたよ」。
「なぜそこでロリ…、ななな何でもないわ」
 まあ、さすがに一人を除いて事務的な着こなししてましたけど。
「待って、マロン先生のあれも事務的なの?」
 どうせエロいんだろうと決めてかかって、チェックを最後に回したミランダ先生が、もう…。
「あ、あの人は特別だから…」
 ヘソだしワンピース姿は今まで通りでしたが、…その…、ヘソ回りの空いたところの、下側に…、めくれてるか、たるんでるかしている部分があって…。
「そっ、それじゃ、中が見えちゃったりしない!?」
 衣装と肌との境目にしては余分な線が、1本描き込まれてますね。
「駄目駄目っ! そんな事しちゃったら、ゲーム機に移植できなくなっちゃうわよ!」
 ですのでセガサターン版になるでしょう。
「それはないわ」
 まあ…、ミランダ先生は別格として…、あのリディア先生を見た後では、せっかく新登場のサツキ先生も出る幕はありませんね。
「だから、別にエロく見せるつもりはないのだけれど?」
 6に引き継ぐ前に、駆け込みで雑学の予習しまくって置いて正解でしたよ。
「駆け込みって何よー!」
 だって、5のリディア先生はなるべく見たくありませんでしたから。
「ちょっと、それは酷くないかしら?」
 あ、いや、ですから、今日は。
「ちっともフォローになってないわよ!」
posted by 負犬山禎之丞 at 23:19| Comment(0) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

ゼよいさん物語・2

よい:やー、呼び出しちゃって悪いね?
やよい:うっうー、お久しぶりです、ぜよいさん、それとプロデューサー!
 ……。
よい:元気ないじゃん?
 すまん。元気ないってわけじゃなくて、…書こうと思ってなかった事を、キャラに突き動かされて書く、って形は初めてだからさ、何か調子が出ないんだよね…。
やよい:そんな時には、これがいちばんです! ハイ、ターッチ!
 ……あっ。
やよい:プ、プロデューサーが、私のハイタッチを空振りしちゃいました!
よい:…かなりマズそうね、それ…。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 21:33| Comment(2) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2008年02月25日

おめでとう、そしてすまん、千早。

千早:…どうしましたプロデューサー? 会うなりそんな、頭を下げたりして。
 いや、本当にすまない。せっかくの誕生日だってのに、これといったものが用意できなかったからさ。
千早:そんな事、気になさらないで下さい。その気持ちだけ、いただいておきます。
 千早は欲がないなあ。
千早:いえ。プロデューサーから、気持ち以上のものを貰うと、むしろ嫌な思いをしそうで…。
 鋭いな!
千早:否定して下さい! …一応伺いますが、どのような悪巧みを?
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 23:48| Comment(0) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

ゼよいさん物語・1

 よう、元気そうで何よりだ、ゼよい。
よい:なんて呼び方すんのよ。…ああっ、役名書きまでこれなの!?
やよい:…私、ゲよいになってなくてよかったですー。
 うむ、顔見せは無事に済んでよかった。
よい:無事…なの? つか、この組み合わせ、いいの?
 ま、ゼノグラシア放映終了から4ヶ月経って、まさか俺が初めてって事はないだろうから。いよいよ当堂でも禁断の領域に踏み込んでみようかと思った次第だ。
よい:禁断、って…。まあ、確かに…、
やよい:ゲームとアニメでは別人ですよねー。
 …この世には、38通りの高槻やよいが存在するという。だが、ほとんどのプロデューサーは、まだ2通りしか知らない……。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 22:31| Comment(2) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

まこちん中毒・6

ゼノ真:へえ、今度はちゃんと間が空きすぎないうちに書いたんだね。
 ああ、なんとかな。本当は、24日の真イベントまでに、と区切りたかったんだけど、間に合わせられなかった。
真  :どうしてまた、イベントまでって考えたんですか?
 なんとなく。
ゼノ真:……。なんとなくじゃ仕方ないね。
 うん。仕方ない。ネタ元に対して合ってるのかどうか自信ないやり取りだけど。
真  :な、なんの話ですか!?
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 01:10| Comment(2) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

まこちん中毒・5

真  :ふー。やっと続き、始まるんですね。
ゼノ真:馬の話ばかりしているからだ。
 うまい事いかないもんだよな。
真  :バリバリにスルーしますからね?
ゼノ真:それで? 前回のテーマが、こいつのサクセスストーリーで、今日はなんだい?
真  :アレのどこがサクセスしてるんだよっ!
 今日は、ストレートに行こうと思うんだ。柄にもなく。
ゼノ真:自分でそう言う謙虚さは認めてもいいかもな。
真  :謙虚なの?
 という事で、今日紹介するのは、765プロ所属アイドルとしての、真の活動ぶりだ。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 00:27| Comment(0) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

まこちん中毒・4

真  :ふう、よかった。ちゃんと続き書いてくれるんですね、プロデューサー。
ゼノ真:あんな中途半端な終わり方じゃ、誰も納得しないよ。
 眠かったんだ。許せ。
真  :一言で済ませようとしないで下さいっ!
 まあ、もう一つだけ言うと、あの次の日曜の、夕方に出発する、東海スタンプラリーについて、列車のダイヤなんかを織り込んだスケジュールを、できるだけ正確に詰めようとしてて、それで時間がなかったんだ。
ゼノ真:へえ。思ってたより計画的だったんだね。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 00:57| Comment(2) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

真おめでと…う? 2

真  :お待たせしました! 負犬山プロデューサーが主催して、独りで喜んでるボクの誕生日企画、夜の部をお届けしますっ!
 ああ、それからね、結局今日はなんにもできなかったから、明日いっぱいこのスタイルでやっていく事にしましたので、なにとぞよろしく。
ゼノ真:…でも、明日は今日より仕事が長引くんだろ?
 う……。
真  :そんなあ…。それじゃますます、なんにもできないじゃないですか…。
ゼノ真:しょせん、この男の気持ちなんてその程度のものだって事さ。
 待て待て、仕事は仕事、真は真。同じものさしで計られちゃ困るよ。というか、普段から、けっこう融通利かせてもらってるから、いざという時に頼まれたら断り切れないし、しょうがないだろ。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 01:57| Comment(0) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

真おめでと…う? 1

真  :おっはようございまーすっ! って、ほとんどの人は真夜中に見てくれてるんですよね、えっへへ。
 まあ、それが真らしさだからいいと思うよ? 元気溌剌、明朗快活、菊地真でーす、ってなモンだ。
ゼノ真:わざわざボクを呼んでおいてその言い種、何か言いたい事でもあるの?
真  :うわっ! 出たっ!
ゼノ真:失礼だね。さっきからいたよ。だいたいお前は不用心過ぎる。ボクのくせに。
真  :言ったなーっ! そっちこそ、地味すぎるんだよ! それに酷い奴すぎるよ! ボクのくせに。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 00:00| Comment(3) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

ライブの事・その12なのー。

真 :こんにちはっ! 前回は、いろいろあってちょっとヘコんじゃいましたけど、もう大丈夫! 今日もバリバリやりますよ!
律子:元気いいじゃない、真? うん、前回では私達も、やっぱり真をいじると面白いって事をおさらいできていい感じだったわ。
千早:律子! 何も最初からそのような事を言わなくたって…。
律子:冗談だってば。真だったらこのくらいの事でヘコんだりはしないわよ。
真 :い、いや、最近そうでもなくなってきたんだけど…。っていうか千早? 今のって、あとになって言うならいいって事?
千早:えっ? ち、違うわ! そうではなくて…その…、ねえ美希?
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 18:53| Comment(0) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

ライブの事・その11なのー

真 :お久しぶりです! えっへへー、やっぱりまた間隔が空いちゃいました、すみません!
美希:ミキ、思ったんだけど、ちょっと今までのおさらい、やった方がいいかも知れないね?
千早:そうね。きっとこのペースでは、ライブをご覧にならなかった方達はもちろん、来て下さったプロデューサー達でさえ、どのような流れになっていたか、混乱してしまっているわ。
律子:それどころか、書いてる本人が忘れてるに違いないわ。
続きを読む
posted by 負犬山禎之丞 at 21:00| Comment(2) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

ライブの事・その10なのー。

律子:ごきげんよう。前回に引き続きまして、ライブ本編の模様をお伝えしていきたいと思います。
真 :オープニングを飾る2曲を歌い終えて、ボク達10人がステージに揃った時には、もう場内は大興奮!
美希:なんか、今までもずっと、大コーフンって言ってた気がするよ?
真 :満員のプロデューサー達も、早くも総立ちでボク達を迎えてくれたね!
千早:一部を除いて、すべて立ち席ではなかったかしら?
律子:ところで、美希にとっては、全員揃ってステージに立ったのはあれが初めてだったけど、感想はどうだったの?
美希:んー、眠かったのー。
続きがハニー達を呼んでるのー。
posted by 負犬山禎之丞 at 02:38| Comment(1) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

ライブの事・その9なのー。

真 :お待たせしました! 忘れた頃にやってくるライブレポート、第9回をお送りしますっ!
美希:チョー興奮、大熱狂、会場の空気も薄くなっちゃって、全国のハニー達をハァハァさせっ放しのライブも、いよいよお別れの時を迎えちゃったのー。
律子:……手垢にまみれたボケはやめなさいっての。まだ何も話してないようなものでしょ。
千早:というわけで、これまで8回に渡ってお送りしてまいりましたレポートですが、何と、ついにライブ本編に突入……って、
本当ですか!?
posted by 負犬山禎之丞 at 23:56| Comment(0) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

縄文式ぶろぐ・2−4

千早:ええと、…また、前回から時間が過ぎてしまいました。すみません。
春香:そんなわけで、インベルが私を迎えに来てくれたんです!
千早:どんなわけなのよ…。
春香:後で聞いたんですけど、私がいなくなっちゃった後で、伊織がインベルをどやしつけて、連れてきてくれたんですって。
千早:…もう少し言葉を選んではどう? それはともかく、水瀬さんがインベルを案内して、春香の田舎まで…
posted by 負犬山禎之丞 at 12:11| Comment(2) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

縄文式ぶろぐ・2−3

春香:ボロボロになってしまったインベル。そして、大怪我をして意識不明になってしまった私…。
千早:え……? 春香?
春香:モンデンキンドに収容はされたんですけど、私はそのまま医務室行きで、ハンガーに収められたインベルの周りでは、整備のスタッフさん達が必死の修復作業を始めました…。
千早:ねえ春香、いきなり話が飛んでいないかしら?
続きだもん〜初級編〜
posted by 負犬山禎之丞 at 01:02| Comment(4) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

ライブの事? その8なのー。

  :お久しぶりなのー。ミキだよー。全国のハニー達と、プロデューサーさん達と、そこの人達、みんな元気してたかな?
  :あなた本当に二人称代名詞多いわね。
  :他にも、さん、がつかないプロデューサーってのと、営業1回きりだけど、パパってのとケダモノさんってのがあるよね。
  :それはともかく、みなさん、お待たせしてしまって本当に済みませんでした。…ああ見えて、負犬山プロデューサーにもスランプがあるのだそうです。
  :だいたいの場合、時間とパソコンさえあれば、プロデューサーが何も考えなくても、勝手に記事が仕上がっていくみたいなんですけど、スランプを迎えると、何ていうのか…、あの人が言うには、キャラの声が聞こえなくなるそうです。
  :ぼちぼち、リハビリを兼ねていろいろ書くようにし始めたみたいですけどね。
  :今日は、負犬山さんのリハビリと、お待たせしちゃってごめんなさいを一緒にした、スペシャル企画を用意したのー。
  :続きを読む。
posted by 負犬山禎之丞 at 00:26| Comment(3) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする