2008年01月22日

十勝とばん馬とやたら多い切符2008

16日早朝・さいはて

犬 :おーい、そろそろ起きてごらん。
真美:ん…。もう着くの?
亜美:んー…、なんか、電車ん中で、もういっぱい寝た気が…、って、もう朝じゃない!
犬 :イエーイ。
真美:真美達の歌パクってる場合じゃないよっ! なんで朝なのに、まだ電車乗ってんの?
亜美:ホテルは? 温泉は?
犬 :いや、俺はそんな事、一言も言ってないんだけど…。
真美:わんわんが騙したーっ。
犬 :あんまりお前達が、ホテルだベッドだって言うから、切り出せなかったんだよ。
亜美:うう…。んでも、けっこーよく眠れたね?
犬 :なんせ、これまで6時間くらいの間、あのまんま俺達の他に2人しかいなかったからさ、前の椅子をこっちに向けて、4人分独り占めしてもまったく問題なしでね。目一杯リクライニングさせて、脚も伸ばして。
真美:結果オーライなので、騙したコトは水に流してあげるのです。
犬 :思ってたよりずっと楽に済んだっ!
亜美:んで、あとどんくらい乗ってるの?
犬 :20分もないかな。5時46分に、稚内に着く予定。
真美:メッチャ遠いトコじゃん?
犬 :知ってたの?
亜美:そんくらい知ってるよー。日本一北にある駅でしょ?
犬 :うん。
真美:…あ、なんか車掌さんの声がするよ?
犬 :あれ? 次の駅までは15分くらいあるはずだけど。…あー、天気が悪くて残念ですって事か。
真美:そんなコト言うの? 車掌さんが?
犬 :うん。ちょうど今頃、西…左側の車窓から、晴れていれば海の向こうに利尻富士が見えるのに、って事らしい。
亜美:なんか歌があったよね? ♪なご〜り〜雪〜も〜 降る時〜
真美:亜美、それは利尻じゃなくて、お尻だよ。
犬 :いや、お尻でもないんだけど…。この「はなたび利尻」って列車は、夏の間にしか走らない、臨時列車なんだ。名前からしてわかるように、そこでしか咲かない花がたくさんある、利尻島を訪れる観光客向けの特急で、稚内の港から、利尻島や礼文島へ向かう船が出る時間に合わせてダイヤが組まれてる。
亜美:♪ウ〜ルトラマン ウ〜ルトラマン礼文!
真美:だから、違うって。
犬 :♪でも 今日はそんなトコはいかない〜
亜美:わんわんもノリノリだー。
真美:つか、いかないの?
犬 :うん。その話の前に、はなたび利尻の話を続けるけど、この列車の特徴は、畳敷きで、椅子がない代わりに毛布と枕が用意されている「ゴロ寝カー」ってのが連結されてる事かな。
亜美:へー。そっちだったら、もっとよく眠れたかも。
犬 :残念ながら指定席なんだよね。それに、たまたまラジオで話題になってたのを聞いたんだけど、揺れるんでかえって寝苦しいって言ってた。
真美:そっか。
犬 :で、なんで島へは行かないかって言うと、船のダイヤを調べてみた結果、どうやら、島の港に降りたらすぐ切符買って、乗ってきた船で折り返してこないと、後の予定に間に合わないから。
亜美:…そんじゃしょーがないね。
犬 :どっちの島へ行くにしても、30分くらいしかいられないんだ。さすがの俺も、そこまでネタに走る事はできなかった。
真美:わんわんが、まともな人みたいなコト言った!
犬 :港にあるだろう食堂で、何か急いでかっ喰らって帰るって案にも、最後まで後ろ髪引かれたんだけどね…。
亜美:やっぱ、わんわんはわんわんだったのです。
真美:あ、そだ。島に行かないんだったら、どーして左側の席に座らなかったの?
亜美:ホントだ。わんわんって、見たいものに合わせて、電車の席を選ぶもんね。
犬 :それはね、利尻富士よりももっと、2人に見せたいものがあったから。
真美:ん、なに?
犬 :北海道の夜明け。
亜美:夜明け?
犬 :2005年の秋にも、北海道にきて、その時も夜行特急に乗ったんだ。札幌から網走へ行く「オホーツク」 今は、夜行便はなくなっちゃったらしいけどね。
真美:網走ってどのヘン?
犬 :ずっと東の方。それでさ、東へ向かって走る列車の右側に、広い原野を見ていたら、紺色の空が溶けるように薄れていって、やがて地平線の向こうから光が射してくる…。
亜美:わんわんがシジンさんになってるのです。
犬 :そこでさ、独りでに思い出されてきたのが、『蒼い鳥』の間奏だ。フルートの音色は朝靄が晴れていく空の音で、パーカッションは昇る朝陽の調べ。
真美:んー…。あ…。
亜美:なんとなく見えてきたね…。
犬 :その時まで、俺はあの曲を2回しか使ってなかったはずなんだよね。オンエアであの部分を聴いているうちに、これは何かなんだ、って思ったんだけど、何なのかはその時になってやっとわかった。
真美:きちょーなタイケンだったんだね。
亜美:亜美も見たかったよー。今日は曇ってて見えないよね…。
犬 :ゲーム版のあれは、高く評価していい叙景曲だと思うよ。どっか他で聴いたような、冗長なピアノ曲にしちゃったマスターバージョンは駄作。
真美:わっ!
亜美:わんわんがこれ以上、なんかゆー前に、しゅーてんにとうちゃーく!

真美:いちばん北だからかな、やっぱ寒いね。
犬 :でも、覚悟してたほどじゃないね。今が6時前だから、これより寒くはならないだろ。さて、あっちの端っこへ行ってみようか。
亜美:なになに?
犬 :日本一北にある駅の、いちばん北の端。…そこに立つと、こんな光景が待っているあたり、…来ちゃったんだなあという気がするね。
真美:…どーして、わんわんが喜びそうなコト、ドコいってもあるんだろ…。
犬 :じゃ、駅を出よう。
亜美:まだお店もなんにも開いてないね。これからどーすんの?
犬 :とりあえず、乗らないまでも港へ行って、船が出るところ見ようか。2人は、遠くまで行く船って見た事ないだろ?
真美:うん! いこいこ!
亜美:でも、遠くってゆーけど、晴れてたら電車から見えるトコでしょ?
犬 :それは、目立つ山だからだよ。船で行くと1時間半くらいかかるんじゃないかな。
真美:てコトは、もしわんわんがネタに走ってたとしたら、…帰ってくると9じすぎくらい?
犬 :何だかんだで10時くらいだろうね。…時間的にはちょうどよかったんだけどなあ…。
亜美:どしたの?
犬 :ん、何でもないよ。さて、港までは、ゆっくり歩いても駅から10分くらいかな。
真美:あ、あれが船だね?
犬 :うん。……。
亜美:……。
真美:……。
犬 :……。
亜美:……。
真美:……。
犬 :……あ、船が出る時間みたいだ。
亜美:ゴーインに時間を進めたね?
犬 :だって、本当にボーッとしてただけだから。…ここは出港の時、ドラは鳴らさないんだな。
真美:わんわんは、お船に乗ったコトあるの?
犬 :うん。1回だけ、土佐の高知を20時40分くらいに出て、翌朝の6時過ぎに大阪南港に着く奴。
亜美:…そん時も夜でしたか…。
犬 :列車で移動してからホテル取るより安かったんだよ。……初めてだったから、出港の時間にはいちおうデッキに出てたんだよ。そしたら係の人が、船に備え付けのドラをじゃーんじゃーんじゃーん、って。
真美:げえっ! …って言え、ってどゆコト、わんわん?
犬 :バラすなよ…。んで俺は、周りに耳を澄ませて、何人がペギー葉山の『南国土佐を後にして』を口ずさむか数えてみた。
亜美:よくわかんないけど…、どうだったの?
犬 :一人もいなかったから俺が歌った。
真美:ダメじゃん…。

亜美:船もいっちゃったね。…まだ7じになってないんだー。
真美:これからどーすんの、わんわん?
犬 :実は10時くらいまで、予定ないんだよね。
亜美:タイクツだー!
真美:やっぱ、ネタに奔ってた方がよかったんじゃないの?
犬 :だって…、行って帰ってくるだけで5000円くらいかかるよ?
亜美:う…。それはモッタイないのです…。
犬 :ま、安心してくれたまえ。
真美:ジシンまんまんだね。
犬 :うん。行き当たりばったりでもなんとかなっちゃう体質だから、俺。
亜美:帰るー!
真美:…亜美、あのね…、真美も帰りたくなっちゃったけど、次の電車、10じくらいなんだ…。
犬 :大丈夫だって。すでにもう、なんとかなりそうな、面白そうなものを見つけてあるんだから。…まずは、駅の立ち食いそば屋で腹ごしらえをして、…駅前のバスターミナルへ行くよ。
亜美:んと、ドコいくの?
犬 :8時頃に、大岬行きの路線バスが出るそうだから、それで終点の1つ前まで行くんだ。
真美:8じだったら、時間もちょーどいいよね。
犬 :その前に、窓口で切符買っておこう。
亜美:え? 亜美達も、ママりんも、バスの切符なんて買ったコトないよ?
犬 :そうだろうね。でもこれは、ただの路線バスじゃなくて、ほら
真美:……? バスの切符って、こんなごーかなものなの?
亜美:ねえ真美! そーや岬ってさ…、
真美:うんうん! 日本の、いちばん北なんだよね!
犬 :へえ、知ってたんだ。
亜美:こないだがっこーで習ったよ!
真美:ゆとりきょーいくもあなどれないね!
犬 :…そういう問題か? ま、小中学生向けの学習地図帳って、日本や世界の○○ベスト10みたいなデータが揃ってるから、手元にあると何かと面白いって、これは余談。
亜美:んじゃ今日は、いちばん北の駅だけじゃなくて、ホントのいちばん北にもいくんだね!
犬 :そうだね。まったく計算外だったのに、上手くいくモンだな。
真美:ホントだね。なんにもよーいしてないのに、いったトコにいいカンジでなんかあるって、おぬしタダモノではないね?
犬 :いえいえ、お代官様ほどでは。
亜美:…亜美達は、そんなうまくいく時ばっかじゃないのです。
犬 :そうか?
真美:そーだよ。なんかわんわん見てるとさ、いくトコぜんぶがネタをよーいして待ってるみたいだよ。
犬 :ならあれだ、日本が俺を待っているって事だ!
亜美:なんかカッコよさげなコト言ったよ!?
真美:でもよく考えるとメチャ駄目だよ?



posted by 負犬山禎之丞 at 23:02| Comment(0) | 徘徊録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]