2007年10月04日

やよいちゃん物語・03

やよい:うっうー、久しぶりですーっ、プロデューサーっ!
 待たせちゃって悪かったな。元気だったか?
やよい:はいっ! でもよかったですー。私、もう、クビになっちゃったのかなって…。
 そんなはずないだろ! ただ、ちょっとの間マジで忘れてただけだって。
やよい:……。
 お、怒ったかなやよいちゃん?
やよい:そんなことありませんよー。…えへへ、実は私、お休みの間、ちょっと頑張って、スキルアップしてきたんですよ?
 おお、さすが、ここでだけは天才少女のやよいだな。どんなスキルを学んできたんだ?
やよい:粟田口国綱さんのところで、日本刀の作り方を習ってきましたっ!
 待て待てーっ! 時代考証も現実味もないなっ!
やよい:一振り作ってきたんですけど、プロデューサーで試し斬りしてもいいですかっ!?
 やっぱり怒ってるだろっ!
やよい:いきますよーっ。ハイ、ターッチッ! いええええっ!!
 うわああっ! …タッチと太刀とをかけた駄洒落に、裂帛の気合いが…、ぐふっ……。
やよい:安心してくださいっ、峰打ちでーすっ。ところでプロデューサー、今日はどんな事をするんですかっ?
 ちょっと、待て、というか待って下さいやよいさん。峰打ちとはいえ脇腹がすっごく痛いんだから。
やよい:うっうー、ごめんなさーい。本当は肩口から袈裟斬りにするつもりだったんですけど、私、背が低いから…。それでプロデューサー、今日はどんな事をするんですかっ?
 だっ、だから、マジ痛いんだって…。
やよい:痛いの痛いの、飛んでけーっ!
 …うおっ! 本当に飛んでったぞ! ありがとうやよい!
やよい:うっうー、気のせいでーすっ!
 …ごめん、自分のボケに突っ込めなくなった…。
やよい:それでプロデューサー?
 うん。この間まで真達とやってきた動画集が、けっこう気に入っちゃってなオレ!
やよい:そうですねっ。真さんがちょっとかわいそうかもでしたけど、最後の歌とか、すっごくよかったですっ!
 そうか。俺にしては珍しく、最初にあれ見つけて、変な動画は後からかき集めて書いたってパターンだったんだ。
やよい:あと、1つだけ私も出てたのが嬉しかったですー。あれ見てたら、急に日本刀が作りたくなっちゃって、えへへ…。
 書きながら閃いたにしては、そこそこ辻褄が合ってて我ながらびっくりだ!
やよい:じゃ、今日は私の動画をいっぱい紹介してくれるんですかっ!
 あー。それは考えてなかったな。
やよい:……ぅっぅー。
 というか、やよいの動画って、綺麗にまとまってるのか、酷いのしかないから。…今日は、さ、いろいろと動画を漁っているうちに、これに合わせた動画があったらよかったのに、って思った曲をいくつか紹介しようと思う。
やよい:あっ、それもいいかもですねっ! 真さんももちろん、もしかしたら私にぴったりな曲もあるかもですっ。それで、ここを見て下さった、器用な人が本当に作ってくれるかもっ!
 おー、テンション上がってきたな? んじゃ、さっそくだけど、これなんかどうだろう?
やよい:……。なんなんですかこれは!?
 ちょうど1分だから、2回繰り返せばゲームのオンエアサイズにぴったりで…
やよい:あ、あの、そうじゃなくって…、この音楽って、朝鮮半島の民謡じゃなかったですか?
 うん。『アリラン』から派生した曲だとか聞いた気が…。というか、やよい、これ聴いただけで、よく原曲がわかったな。
やよい:な、なんとなく、そうじゃないかな、って。…じゃなくって、こんな歌にしちゃっていいんですかっ?
 うー。まあ、向こうの人がノリノリで歌ってるのでよしとする!
やよい:……。それは別としても、やっぱり短いですー。
 んじゃ、こっち
やよい:あ、これだったら日本の歌だし…、じゃなくて、今度は長すぎますーっ!
 でも、CDだと15分以上あるものなんだよ?
やよい:え…、プロデューサー、これ、ネットで見つけたんじゃないんですか?
 うん。いくら俺だって、無作為に、100万を超える動画の海を漂っていれば、独りでにネタ動画に行き当たるほどの強運は持ってないよ。
やよい:そ、そうですよね。そんな人がいたら、もう人間じゃないかもです…。
 知ってる曲が動画にないか、探してみたらあったものを紹介するだけ。これは、発表直後には聴いてたと思う。…なかなか中毒性があって、耳から離れないだろ。
やよい:う…。なんか、うちで家族と一緒にいる時に、鼻歌とかでジョワジョワって歌ってそうですーっ。なんか怖いかもーっ。
 うっうー、ハァー、ジョワジョワ。違和感ないじゃん。
やよい:やめて下さいーっ!
 そして一夜明けたら、高槻家では朝の挨拶がジョワジョワ…。
やよい:プ、プロデューサー! 次の曲…
 ♪ジョワジョワ朝だ ジョワジョワ起きよう〜
やよい:いやーっ!
 やがて、やよいのお父さんがポンチャック歌手としてデビューするかもな。
やよい:あ、お父さんにお仕事ができるのはいいかもですー。
 いいのかっ!
やよい:お手軽そうですし。あ、でも…。うちじゃキーボード買えないかも…。
 そのくらい事務所で用意するから気にするなっ!
やよい:そんなのダメですーっ! うちの事は、うちでなんとかしなきゃ、ダメなんですーっ。…そういうわけですから、この曲はなかった事にしましょうっ!
 我ながら予想だにしなかった展開だ…。
やよい:そうですねー。…もっとさわやかな曲、ありませんか?
 うーん、これなんかどうだろう?
やよい:えーと…。まず、どうして原曲じゃないんですか?
 だって、かわいいじゃん。
やよい:そ、そうですか…。
 いやしかし、合成音声でここまでできるとなると、たいがいの歌手は仕事なくなっちゃうよな。
やよい:…プロデューサー、私達のお仕事、なんだか忘れてないですかーっ?
 ん? コメディアンだろ。…わ、わかりましたから、その銘刀高槻丸を出すのはやめて下さい…。
やよい:…もうっ。それに、この曲って、なにか出て来そうじゃないですかー。
 ヒュ〜、ドロドロドロ……。
やよい:そうじゃなくってっ!
 ジョワジョワ〜。
やよい:忘れて下さいーっ! その出そうじゃなくって、シルクハットとかの中から…
 おお! それじゃ、伊織に黒い衣装を着せて、シルクハット被らせて…、
やよい:あっ、なんかそれっぽいですー。
 曲は…『My Best Friend』がいいな。
やよい:うっうー、本当にPVできちゃいそうですー。
 で、間奏のところで、腕をあっちこっち突き出して、最後に上へ2回出すところで、腕にうさちゃんがいる…。
やよい:……衣装まで私服に変わっちゃってるじゃないですかーっ!
 …駄目か?
やよい:うーん…。なんかこう、見てくれた人が、笑って元気になっちゃうような曲、ありませんかー?
 ああ、だったら、いきなり笑い出すこれとか。
やよい:いえ、あの、歌手の人が笑うんじゃなくって…。
 ちなみに、レコーディング時期によって、笑い声が2種類ある。俺が持ってるCDは別バージョンで…
やよい:訊いてないですーっ! っていうか、なんで笑い出してるんですか、この人。
 激しい愛の交歓で元気になっちゃったんだろ。
やよい:…なんか、エッチっぽく聞こえるんですけど…。
 お、やよいちゃんも大人の階段を登り始め…だから刀を出さないで下さい…。
やよい:ふう…。探してくるプロデューサーもプロデューサーですけど、変な動画っていっぱいあるんですね。
 いや、変って言っちゃうとなあ…。このシャンソンの人なんか、某アニメの赤い人が偽名に借りるくらいの有名人だし。
やよい:あ、そういえば…。
 20世紀後半のシャンソン歌手としては、大御所の一人だよな。あまりアテにならないけど、20年くらい前に日本でコンサートした時、B席で1万円したって聞いた覚えがあるし。
やよい:うわっ、本当だったら、すっごいプレミア価格ですねっ! ……? プロデューサー、どうしたんですか?
 …くっ、やよいの外来語言い間違え案が続々と浮かんでくるのに、天才少女にしちゃったから使えない…。
やよい:じゃ、プロデューサーが間違えればいいと思いまーす。
 …ごめん、俺、そこまで理性捨てきれない…。それはそうと、この曲は素材としてどうだろ?
やよい:うーん。いいムードの曲ですし、千早さんの『蒼い鳥』のテンポに近いとは思うんですけど…、お終い以外は、ずっとしゃべってる感じなんで、ダンスに乗せるのは難しいかもです。
 なるほどな。…思いの外、真面目なコメントもらっちゃったな…。じゃ、似たような感じのスローテンポで、もっと歌ってる感じがするこれはどうだ?
やよい:……。ちっとも歌ってませんよ?
 ……。そうだね。レコードだと、もうちっと歌ってた気がしたんだが…。
やよい:プロデューサーって、音楽の趣味がすっごく不思議なんですね。
 ありがとう。
やよい:誉めてないんですけど…。
 …なんか、もの凄くテンション下がってない?
やよい:はい。なんだかつき合いきれなくなってきちゃったかもです…。
 うわあ! およそやよいらしくないコメントがっ!
やよい:それにしても、You Tubeでマイナス評価されてる動画って、初めて見たかもです。
 俺もだ。…そんなに悪いかね、これ。
やよい:うーん。これだけで見たら、つい笑っちゃうかなーって思いますけど…。この人も有名な歌手なんですか?
 うん。You Tubeで検索かけてみたとき、俺、この人の名前のスペルを間違えてたんだけど、サイトの方で、もしかして、ってリンク貼り直してくれたくらいだ。
やよい:でも、やっぱり私達の歌とか、ダンスとかに乗せるのは無理だと思いますー。なんか、全然イメージ沸いてこないし。
 そうかな…。律子に『魔法をかけて!』のマスターバージョン歌わせた後に持ってくると…
やよい:もういいです言わないでください。確かに、Cast a special spell on me! で終わりますけど!
 そこで真が、素敵な王子様の衣装で出てきて、ボクがput a spell on you!
やよい:いや、あの…、王子様の衣装なんてないじゃないですかっ。
 今月末に配信予定だ。
やよい:嘘ですーっ!
 うん。だんだんツッコミに声の張りが戻ってきたな! …で、ですからどうか刀はお収め下さい…。
やよい:…ふう。…真さんに踊ってもらうんだったら、やっぱり、激しいくらいの元気が出る曲が似合うと思いますっ!
 なるほどな。だったら、これこれなんかぴったりだろ。有名な曲だし。
やよい:…他に、オリジナル歌ったバンドのPV動画もあったみたいですけど、どうしてこっちにしたんですか?
 PV見ても面白くなかった。
やよい:真面目にやって下さいーっ!
 まあそれでも、俺が歌ってるところを聴くよりは面白いだろうけど。
やよい:う、歌うんですかっ!?
 ギャアアアーーーアッ! ギャアアアーーーアッ!
やよい:も、もういいですっ! 叫んでるところなのに、空っぽのお腹にも響いてこないですっ!
 うん。まあ、俺の歌も酷いんだけどさ、いつだったか、カラオケのテロップが6割方間違っててさ…。
やよい:……それも酷いですね。それじゃプロデューサーだって歌えなくて……平和かもですー。
 残念! この歌だったら目ぇ瞑ってても歌える。
やよい:はうっ!
 でもツェッペリンはこの歌しか知らない。
やよい:……。他に…、あ、そうです! 聴いてくれた人がドキドキしちゃうような曲ってありませんか?
 うっ!
やよい:どっ、どうしたんですか! 顔が蒼くなってますよ!
 いや、ドキドキものの曲に心当たりはあるんだけど、あまりにもソフトわいせつソングだから、さすがの俺も自粛した!
やよい:そういうドキドキじゃないですよーっ!
 ちなみに曲名は「ピエールとカトリーヌ」だ。見たい人だけ見るがいいさ! じゃ、今日はこれで!
やよい:挑発して逃げないで下さいーっ!
posted by 負犬山禎之丞 at 21:30| Comment(0) | 映像室 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]