2007年08月09日

ライブの事・その11なのー

真 :お久しぶりです! えっへへー、やっぱりまた間隔が空いちゃいました、すみません!
美希:ミキ、思ったんだけど、ちょっと今までのおさらい、やった方がいいかも知れないね?
千早:そうね。きっとこのペースでは、ライブをご覧にならなかった方達はもちろん、来て下さったプロデューサー達でさえ、どのような流れになっていたか、混乱してしまっているわ。
律子:それどころか、書いてる本人が忘れてるに違いないわ。
真 :じゃ、そのセンで行こうか? ええと、あれは去年の1月、雪の降る赤羽…。
千早:そ、そんなところからおさらいしなくても…。
真 :冗談だよ! …まったく千早はわかってないなあ。この間は、ボクが本気で言ってた事を冗談扱いするしさ…。
美希:うんうん。…これで、前回のおさらいもバッチリなの!
真 :えっ! ええっ!?
律子:って言うか、まともにおさらいしようとすると、そこから脱線が始まっていくのが目に見えてるわね…。
千早:そうね。いっそ、もうこれまでの事はさておく事にして、これからをしっかりやっていくと割り切った方がよさそうだわ。
真 :言ってる事が違うじゃないかっ!
美希:では、さっそく始まりなのー。
律子:とは言え、軽くおさらいしておきますと、ライブの序盤は、歌で自己紹介をしよう、というコンセプトで始まりました。まずは春香と美希で『ポジティブ!』 続いて雪歩、あずささん、やよいで『My Best Friend』
真 :そして、律子、伊織、ボクの3人で『魔法をかけて!』 ここまでが前回紹介した分で、続く4曲目は『おはよう!!朝ご飯』 だったね。
千早:これは言わずと知れた、高槻さんの得意な歌よね。当然、高槻さんを中心に、脇を固めるべくステージに立ったのは、春香と…、くっ!
真 :どうして、そこで怒るんだよ…。
美希:千早さんが歌っても人気がある曲なのにねー。
千早:その人気の出方が…、ロボだのメカだのと好き放題に言われて…。
律子:というわけで、せっかくですので、千早中心のユニットでご覧頂きましょう。
千早:どっ、どうして、わざわざ!?

おはよう!!朝ごはん(千早・雪歩・美希)

美希:すごいのー。やっぱ千早さんって、どんな歌い方だってできちゃう人なんだね?
千早:…何故かしら、美希は誉めてくれているように聞こえるのに、ちっとも嬉しくないわ…。
真 :そうかな…。千早のこの歌い方って、意外と、どんなメニューが出てくるんだろ、ってドキドキしながら待ってる感じがよく出てると思うんだけどな。
千早:…そうかしら?
律子:そうねえ。まあ確かに、銀行なんかで順番をドキドキしながら待っている時によく聞く声の感じがするけどね。
千早:いい加減にしてっ!
美希:でも千早さん、ステージで歌い終わった時、すっごく嬉しそうに見えたよ?
千早:そ、それは…、ずっと私の鬼門だと思っていたから、無事に歌い終える事ができて、ホッとしたというか…。
真 :ま、そんなハッピーエンドもあって、そしてこれで9人みんな、春香とやよいは2回歌ったけど、ボク達765プロの9人全部が自己紹介を終えました。
律子:と思ったところへ、不満げに怒鳴り込んできたのが亜美と真美。
美希:ミキが入ったから、9人じゃなくなってたのー。
千早:迂闊だったわね…。亜美達には、この時は酷い事をしたわ。
真 :でももう、子供は寝る時間だったから仕方ないよ。
律子:まだ夕方の4時半頃だっての!
美希:そういうわけで、自己紹介のお終いの歌は、亜美達の大ヒット曲を、律子…さん、が保護者になって歌ったのー。
真 :ボクの曲なのにさ…。まあ、しょうがないか。亜美達がこれを歌ってから、北海道にも活気が出てきたみたいだし。
千早:そ、それほどの効果があったなんて…。はっ! こ、これも冗談ね? 真?
律子:いいえ、そうでもないわ。例えば、私達がステージに上がっていたこの時、とかちブームに沸く地元ではこのような事が起きていたわ。
千早:…、マイとかちつくちて.jp…? 素晴らしいわ! あの子達が、このような地元に根付いたメディアから評価されて、影響まで与えたなんて…。私も、私達もみんな、亜美真美に負けない評価を受けられるように務め…。何がおかしいの、美希?
美希:だっ、だって千早さん……、あっははは! すっかり信じちゃってるんだもん。
律子:あのね千早、私達のライブって、いつだったかしら?
千早:忘れるはずがないわ。4月1日……はっ!
真 :さすが千早だね。ここまで言ってあげないとわからないなんてさ。
千早:…つまり、新年度を待っての名称変更という事よね!?
律子:ちょっと待てや!
美希:…さすが千早さん、なのー……。
真 :まさか…千早、エイプリルフールを知らないって事はないよね?
千早:…いくら私が冗談をわからないからって、それは酷いわ! エイプリルフールといえば、4月1日には嘘をついてもいい、騙された方が馬鹿だという習慣……ま、まさかっ、くっ!
律子:…やっと、先に進めるわね…。
真 :ちなみに、このエイプリルフール記事が評価されて、マイとかち.jpさんは「ばか道民栄誉賞」を受賞しました!
千早:真っ! いくら冗談でも、それは酷すぎるわ! 失礼だわ!
真 :これは冗談じゃないよっ! ほらっ!
千早:……。本当に、このような賞が…。
律子:ブログの管理人さんも、喜んでいいのかどうかわからないっておっしゃってたけどね。
美希:じゃ、それ、女性が選ぶ女性の敵ナンバーワン、みたいなヤツなんだねっ?
真 :…かなり違うと思う。っていうか、ボクはむしろその賞が欲しいよ。
千早:真がそのような賞に選ばれた場合、美希とは意味合いが変わってしまう気がするけど…。
真 :どういう意味だよっ!
律子:あー…。そろそろ、曲の紹介していいかな…。
千早:あ……、え、ええ、そうね。…どうして、独りでに脱線が始まってしまうの…。
美希:それじゃ、『エージェント夜を往く』の動画を見てね?
律子:ま、とかちとかちって引っぱってきてナンだけど、おそらくとかち動画は、もう見飽きるくらい見られてると思うから、今回は、実に珍しい真ソロ、フルコーラス版の動画を見ていただくわ。
真 :ボクの歌だってのにーっ! 珍しいって言わないでよっ!

アイドルマスター エージェント夜を往く(M@STER VERSION) 尖…

真 :何だよこれーっ!
律子:あ、ああ、ごめん。一部音声が乱れてたわね。
千早:真が怒っているのはその事ではないと思うのだけど…。
真 :当たり前だよっ! ちっともボクじゃないじゃないかっ!
美希:えーっ!? これ、真クンじゃなかったの!?
真 :酷いよ美希っ! どこからどう見たらこれがボクに見えるんだよ!?
律子:確かに、アホ毛が伸びてないって違いはあるけど、それを除いたら、……………、ねえ?
真 :今の長過ぎる間は何だよっ!
千早:……そう言われて思い出してみると、だんだん真のように、いいえ、真としか見えなくなったわ。
真 :千早までそんなっ!
千早:それに律子? よく見ると、短いけれどちゃんとアホ毛も生えているのではないかしら?
律子:千早! あんた鋭いわ!
真 :……わかったよ! じゃあボクだって言ってやる! 向かって左側の人は、眼鏡が外れちゃって目が3の字になった律子じゃないかっ!
律子:な、な、何ですって! う…でも、咄嗟に言い返す言葉がないわ。そんなところから反撃が来るとは…。
美希:今の真クンって、昔のソビエトの人が猫に噛み付いちゃったって感じだね?
千早:…? …はっ! 旧ソ、猫を噛む!?
真 :それとねっ! ボクの後ろにいる人が千早だよっ!
千早:な、何を言っているの真? ……え? い、いけないわ、前の人が真に見えるようになってしまったせいかしら、なんだか、私に見えなくもなくなってきたような……くっ!
美希:よかったあ。ミキっぽい人いなくって。やっぱ、ミキは真クンに酷い事を言わなかったから、神様が助けてくれたのかも!
真 :言ってたじゃないかっ! 美希だってさ、ボクの陰に隠れてる人が茶髪のショート…
美希:ねえ真クン? さっきから、ボクの後ろ、とか、ボクの陰、とか言っちゃってるよ?
真 :え…、うわあっ! ついうっかり…
律子:うっかり認めたわけね?
千早:そう、ね…。いつも事務所で顔を合わせている私達にも見分けがつかないのだから、真自身でもそのように捕らえてしまうのでしょうね。
真 :ちっ、違うよっ! ……あああ、いったいどうすればいいんだよ…。
美希:しめしめ、うまくミキから注意を逸らせたの。律子…さん、達も、うまく乗ってくれたの。
律子:…恐ろしい子ね……。
真 :…だ、だいたいさ、どうして今回だけ、こっちに書いたタイトルと、リンク先のとが違ってるんだよ?
律子:わからない? そうした方が、見る人がビックリする確率が高くなるからよ。…あとね、別に違ってなんかいないわよ。
美希:タイトルが長いから、書ききれなくて省略しちゃっただけなのー。
千早:…これまで、どれほど長くてもきちんと書いていた気がするのだけれど…。
律子:ま、今回の省略は、ちょっとした戦略の一つに過ぎない事よ。
真 :酷いよそれっ! 読んでくれてる人を騙してるみたいじゃないかっ。
律子:ただの孔明の罠じゃない。いまさら目くじら立てる事でもないわ。
千早:……みなさん、どうかこんな私達を見捨てないで下さい。プロデューサーの事はともかく。
真 :ボクも同感ですっ! これからもボク達をしっかり見て下さい! プロデューサーの事はともかく。
律子:あんた達ねえ…。プロデューサーの事はともかく。
美希:ともかく、おやすみなさいなのー。
posted by 負犬山禎之丞 at 21:00| Comment(2) | 朦朧堂、妄想の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まいとかちのノリをみると日本まだまだイケルじゃん!!とかおもってしまいます
Posted by よーく at 2007年08月10日 02:22
そもそもアレを紹介したいがためにライブレポートのフリをして書き始めたのが真相だとは口が裂けても言えません(おい)
Posted by 負犬山禎之丞 at 2007年08月10日 02:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]