2007年07月18日

十勝とばん馬とやたら多い切符05

14日夕方・苫小牧

亜美:競馬場を出てきたんだけど、ちょっとタイミング悪かったね、わんわん。
犬 :5分差で特急乗り損ねたな。…しょうがない。近くに「バルセロナ」ってゲーセンがあるから、マジックアカデミー3回くらいやってれば、いい時間に…撤去されてるっ!?
真美:わんわん、マジアカあるって、調べてきたの?
犬 :いいや? 3年前にはあったんだけどなあ…。
真美:ダメじゃん…。
犬 :まあいいや。函館を13時29分に発つ「北斗11号」に乗るぞ。
亜美:はーい!
真美:行き先は札幌だね。んじゃ今日はこのまんまお泊まり?
犬 :まさかそんなもったいない事は、なあ亜美?
亜美:うんうん! せっかくだもん、おいしーものいーっぱい食べて…、
犬 :あー悪いな。俺の旅ガイドにグルメは入ってないんだ。
亜美:えーっ!
犬 :というか、一日なにも食わずに歩くのも珍しくないなあ。
真美:わんわんごめんね? 真美、急に用事ができちゃった…。
亜美:亜美も亜美も! だから亜美達、帰らなくちゃ…、
犬 :その心配はない。社長と計らって、この旅を「犬も歩けば足が棒になる 北海暴風キャンペーンbyあみまみ さいはての宿に伝説の尻が痛い!」って、お前達の仕事にしてもらったから、好きなだけつき合ってもらわないとお前達のせいで社長がヤバい事に…。
真美:好きなだけって言ってるけど、やんなきゃダメってことじゃん!
犬 :まあ心配するな。ちゃんと重要な観光地は押さえてるから。
亜美:…わかった。たのしー旅にしてね?
犬 :安心しろって。なにせガイドが俺だから。
真美:……なんか、真美にはわかんない、あぶない意味がありそうだね…。
犬 :さあて、そう言っている間に、最初の目的地、苫小牧に着いたぞ。16時13分か。
亜美:あ、ここってもしかして、田中マーくんのいたトコ?
犬 :へー、知ってるんだ。俺が初めてここに来た2004年の夏って、ちょうど甲子園で初優勝した直後でさ、ほらここの、駅と、駅前の長崎屋とを結ぶ連絡通路の天井から、優勝メンバーのパネルが吊られてたよ。
真美:へー。
犬 :あと、あんな事言った後で話すのもなんだけど、確か長崎屋の上にあったパスタ屋で食べたシーフードスパが、なかなかいけた。苫小牧自体漁港だし、もう一つの室蘭からも近いし、…実は、北海道で海の幸を楽しみたければ、このあたりを行脚するのがいちばんいいんじゃないか?
亜美:ふーん。
犬 :まず小樽が有名だけど、同じようなもので向こうはこっちの3倍くらいのお値段だからなあ…。朝定食2500円とか平気で並んでるよ。
真美:そんな高いんじゃ、トップアイドルにならなきゃ、食べられないよね。
亜美:ねえねえ、ところで観光地ってどこ?
犬 :ああ、もうすぐだ。長崎屋からさらに連絡通路を渡って、ほらここがキャッツアイ苫小牧店。
真美:……。
亜美:………。
犬 :そんな顔するな! アイドルマスター設置店舗は、いまや減少を食い止めるために世界遺産として申請しようかという動きさえある、いまいちばん熱い観光スポットだろ! おまけに出勤履歴までついて一石二鳥!
真美:ごめんねしゃちょーさん。真美、マジで帰りたいよ…。
犬 :2005年に、あずささんのウェェェッ!を初めて聴いたのもここだった。わんわん的には、あずささんの聖地だな。
亜美:もう来てるのに、また来たの?
犬 :うん。出勤履歴に残さなきゃ。
真美:え?
犬 :あの頃には、あずささんを手がけてた実況パワフルPがメインで、負犬山禎之丞Pはほとんど動かしてなかったんだよ。というか5日前に札幌で、千早雪歩デュオがルーキーズ落としたばかりで、やる気がなかった。
亜美:…。
犬 :どうした? 大人しくなっちゃったじゃないか? というか俺が自分にツッこみきれないとも言うが。…さあ出勤、…って、あの時は通路正面の一等地にあったのに、今はどこーっ?
真美:今、そんなトコに置いてるゲーセンあったら、それこそセカイイサンだよ…。
犬 :よし発見。軽く真にレッスンさせて、…さあ移動だ。
亜美:も、もう行くの?
犬 :そうだ。16時46分発の「スーパー北斗13号」に乗らないといけないからな。
真美:乗らなきゃいけないって、んじゃわんわん、もしかして初めっからこうするつもりで予定立ててたの?
犬 :当たり前じゃないか。1本乗り遅れると1時間以上予定が狂うんだぜ? 時刻表を調べられるだけ調べて、緻密で無駄のない乗り継ぎを考えて…、
亜美:なんか、そんなアニメ始まったよね…。
犬 :一緒にしないでくれ。こっちじゃ、乗り継ぎの時刻を第一に、ゲーセンまでの移動時間の見当をつけて、ここのゲーセンには何分いられるからオーディションを受けようとか、レッスンで済ませようとか、そこまで考えなきゃいけないんだから。
真美:わんわんって、ギャグしか考えてないんだと思ってた…。
犬 :ありがとう。
亜美:誉めてないよー。
犬 :さて、そうこうしているうちに札幌駅に到着…、2分遅れの17時31分か…。
真美:2分くらい、いいじゃん。
犬 :俺も、そう思うんだが、もしかしたらこの2分が命取りになるかも知れない。
亜美:そんなあ。
犬 :これから、ホテルの近くまで地下鉄南北線で行くんだけど、地下鉄のさっぽろ駅までがちょっと…5分くらい離れてるんだ。そして乗り継ぎが悪いと、5分待つ事になる。2つ先のすすきの駅で、改札抜けて階段上って、ってロスを考えると、事によっちゃホテルまで歩いた方が早い。
真美:えーっ! 真美もう疲れたよ…。
犬 :俺もだ。だから間に合う事を願って、地下鉄を使うが…。



posted by 負犬山禎之丞 at 23:33| Comment(0) | 徘徊録 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]