2017年06月27日

6/20〜6/26のアイドル達。

先週の結果。
6/22
門別 2R 2枠2番 イソノアズサ    10頭立て7番人気6着
園田 6R 8枠9番 ミキノデイジー   10頭立て5番人気4着
6/23
名古屋3R 8枠8番 リュウワンマミサン 9頭立て6番人気5着
名古屋5R 1枠1番 マコトグラディウス 9頭立て2番人気2着
6/24
阪神 2R 4枠7番 メイショウアキヅキ 16頭立て15番人気13着
阪神 7R 4枠7番 ミキノタマテバコ  16頭立て13番人気16着
阪神 8R 1枠1番 ミキノトロンボーン 16頭立て15番人気15着
阪神 10R 7枠14番 マコトルーメン   18頭立て14番人気14着
函館 8R 7枠10番 マコトパパヴェロ  12頭立て8番人気3着
6/25
帯広 1R 6枠6番 オレトマコト    8頭立て4番人気5着
阪神 3R 1枠2番 マコトタリスマン  16頭立て6番人気1着
      2枠3番 マコトテラメエリタ     4番人気2着

JRAのサイトにある動画では「マコトの2頭です!」だけで勝ち馬の名前を復唱してもらえませんでした…。
道中では両頭ともに先行、概ね5番手以内で、タリスマンが外目、テラメエリタが内々を進んでいました。4コーナーではタリスマンが先頭に並びかけていって、そのあたりでカメラが後方集団に向いて、直線を広く映すようになったらもうテラメエリタが大外へ出されていました。外にまだ馬がいたはずだったのですがどうやって出したのか(笑)
ただそうしてコース取りを切り替えたせいでしょう、コーナー途中では両頭そんなに差がなかったのですが、直線に入ったら2馬身くらいはテラメエリタが後れを取っていました。
脚色ではテラメエリタが優っていて、最後にはクビ差で決着。もう少し距離があったら順位が入れ替わっていたかも知れませんが、それよりも3着馬にまとめて抜かれていたと思います(爆)
最後の600メートルでは、勝ったタリスマンと、3着プリンスオブペスカとで0.5秒も違っていましたが、タリスマンも同区間のラップでは3番手、0.1秒速かったテラメエリタが2番手。
先行して、終盤も上位のタイムで上がれたわけで…。馬場状態や展開に恵まれた部分も大きい勝ち星、と控えめに見るべきかも知れません。
…それにしても、アイドルのワン・ツーなんて、未勝利戦で見たくはありませんでしたな(笑)
マコトタリスマン2戦1勝。マコトテラメエリタ5戦、2着1回3着2回。
posted by 負犬山禎之丞 at 16:53| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]