2017年04月11日

4/4〜4/10のアイドル達。

先週の結果。
4/4
園田 8R 6枠6番 ミキノデイジー   10頭立て5番人気9着
4/7
笠松 7R 1枠1番 カメレオンアミ   8頭立て3番人気6着
4/8
高知 1R 7枠9番 ガンバレシャチョウ 12頭立て10番人気7着
阪神 10R 7枠13番 ラクアミ      17頭立て7番人気14着
福島 12R 5枠10番 マコトクラダリング 16頭立て14番人気6着
4/9
阪神 7R 4枠8番 マコトサダイジン  18頭立て11番人気5着
福島 2R 3枠6番 マコトガラハッド  16頭立て6番人気1着
4/10
名古屋8R 1枠1番 マコトグランドゥ  6頭立て5番人気6着

2月19日の今年初戦からJRAに帰ってきていたマコトガラハッド。4戦目で待望のJRA勝ちを飾りました。昨年4月16日に遅いデビューを迎えてから、1年以内に間に合いました。
JRAでは5戦1勝。名古屋を含む通算成績は14戦3勝、2着2回3着1回。
デビュー戦の時に書きましたが、彼はマコトコーラン最後の仔。あわよくば1つでもJRAで勝ち星を、なんて書いていましたが(爆)、正直、あの時のレース振りからは高い期待はできませんでした。今回も勝ったとは言えクビ差、一方で復帰後3戦いずれも1秒以上離されており、贔屓目に見ましても、もう一丁と期待するに二の足を踏んでしまいます。
けれども1年前には夢に終わるかと思った事が見事に果たされ、また、あの頃思いもしなかった芝の長目に活路を得ての勝ち星。
マコトコーラン産駒が2000メートルを超える距離であげた勝ち星は、2003年12月14日、中京の500万下・揖斐川特別が他にあるだけ。13頭いる仔達の長兄、マコトエンペラー以来の事でした。
揖斐川特別は芝2500メートルでしたから、ガラハッドさんは母の優勝距離記録を100メートル更新しましたね(笑)
…と言いますか2600メートルに出走した事からして今回が初めてですな。

ガンバレシャチョウさんは、通算200戦目を飾れませんでした。
まあ一昨年の9月以降勝ち星がなく、大きく級が下がったわけでもないので、急に化けるはずもありませんでしたが。
とは言うものの、12頭立てで、6着とクビ差の7着でしたから、ど真ん中と言ってもよく、これはこれで記念っぽく(ねえよ)
出走馬最高齢タイの8歳。高知の下級組ではもう3歳馬も混じって走っておりまして、8歳2頭の他はすべて5歳以下。1着も3歳牝馬に獲られ、そこから1秒3離されてしまいましたが、最後の600メートルは5番手タイで駆け抜けています。
勝ちみは薄い局面が続きそうですが、若いのに楽はさせない存在であり続けて欲しいものです。
posted by 負犬山禎之丞 at 17:08| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]