2017年02月28日

2/21〜2/27のアイドル達。

先週の結果。
2/21
園田 7R 5枠5番 ミキノデイジー   9頭立て2番人気4着
2/24
浦和 1R 1枠1番 ミキノアレグロ   10頭立て8番人気1着
浦和 11R 8枠12番 ミキノブルーグラス 12頭立て2番人気11着
笠松 8R 7枠7番 カメレオンアミ   10頭立て5番人気3着
2/25
帯広 3R 4枠4番 フタミブルー    8頭立て7番人気2着
中山 5R 1枠2番 リライアブルアミ  16頭立て11番人気12着
2/26
高知 3R 6枠8番 ガンバレシャチョウ 12頭立て8番人気8着

ミキノアレグロがデビュー戦を快勝しました。
父はジャイアントレッカー。母はミキノクレシェンドでその父はブラックタキシード。また母の母はミキノファンシー。
まずは父がこちらではじめての名前ですので簡単に。ジャイアントレッカーは2002年アメリカ生まれ。父のジャイアンツコーズウェイは1997年アメリカ生まれ、アイルランドに渡り99年に初出走。この年のうちにGⅠを1つ勝っています。翌年には、英愛両国の2000ギニーこそ続けて2着に屈しましたが、イギリスの3歳マイル戦でGⅠ2勝目を飾るとその後は、エクリプスステークス、サセックスステークス、英インターナショナルステークス、愛チャンピオンステークスと古馬混合GⅠばかり破竹の勢いで勝ち続けました。また、愛2000ギニーからエクリプスSまでの3戦、チャンピオンステークスの後に2着に敗れたクイーンエリザベス2世ステークスまでの4戦では、ほぼ20日置きで出走しています。
その後に渡米してブリーダーズカップクラシックに出走。いきなりのダート競馬最高峰でもクビ差の2着に食い込んで力を見せました。この2000年には全欧年度代表馬に選ばれています。
初年度産駒の一頭であるジャイアントレッカーは、父と比べますと小粒に見えてしまいますが、2007年にカナディアンターフハンデでGⅢを勝っています。08年に引退し同年暮れに本邦へやってきました。
全国重賞ではまだ勝った仔がいませんが、2世代目のジャイアントスターが、14年6月29日に水沢のウイナーカップを勝っており、また、初年度産駒のダブルファンタジーは昨年のマリーンカップで3着に入りました。けれどもジャイアントスターの勝利すら見られず同年4月9日に世を去っています。僅か12歳。
ミキノアレグロ誕生も、父の死後で同月30日でした。
母ミキノファンシーにとっては、…2番目の仔なのですかね。
JBISサーチで牝馬の産駒情報を調べますと、名前は載っていないもののハイパーリンクは生きていて、産駒の情報ページもある程度埋まっているところもあれば、リンクが生きていない形で記されているところもあり、さらに「産駒なし」とされているところも。最初のものは、生まれたけれどもデビューできなかったものとわかりますが、次のものとの違いがわかりません。
まあさておき、母にとっての初勝利をミキノアレグロが飾りました。
3コーナーまで好位を追走していましたが、そこを過ぎて先頭グループが仕掛けた後、離され加減になって直線に向いたところでは5馬身差くらいありましたでしょうか。そこから大外へ持ち出すと、一気の末脚で差しきり、最後には2着に1馬身差をつけました。
末脚が目の覚めるようなものだったために、今後それにとらわれたりしないよう心配になるくらいでした(笑)
posted by 負犬山禎之丞 at 20:41| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]