2016年12月06日

11/29〜12/5のアイドル達。

先週の結果。
11/29
大井 7R 4枠4番 ハルカジェット   13頭立て4番人気11着
11/30
大井 3R 7枠10番 ヤヨイフェアリー  13頭立て7番人気2着
名古屋4R 2枠2番 マコトガラハッド  9頭立て3番人気2着
12/2
大井 2R 4枠4番 ビジュハルカ    9頭立て2番人気2着
12/4
高知 4R 7枠7番 ガンバレシャチョウ 9頭立て7番人気6着
阪神 7R 4枠5番 マコトシャムロック 14頭立て3番人気6着
中京 10R 2枠4番 ワキノヒビキ    18頭立て6番人気4着

はじめて見る名前が…、え、3歳の11月って、まさかずっと見落として…、と慌てましたが、ヤヨイフェアリーはようやくデビューを迎えたところでした。ほっと一息。
父はワイルドラッシュ。母はラスカーラでその父はオペラハウス。
母は2004年生まれで、06年の関東最後の新馬戦を18頭立て16番人気、単勝1万7900円の波乱を引き起こして勝利。しかし翌年5月に復帰してからは2桁着順を3回続け、7月の始めで競走生活を終えています。
09年には初仔が生まれましたがJRA4戦未勝利、2番仔は門別で21戦1勝と、いまひとつ振るいません。その後ヤヨイフェアリーまでの2頭はデビューできませんでした。
…ヤヨイさんよりもっと、5歳や6歳でデビューする可能性もあるにはありますが…。
ヤヨイさんのデビュー戦は人気にもならず、スタートもよろしくありませんで、1頭だけ5馬身ほど出遅れたのを除けば最後方で、と言った位置取り。3コーナー入口辺りではもう少し前へ出てきていましたが、そこから騎手が腕を動かしっ放しのズブズブな印象。
4コーナーを回りきってしばらく走ってから外へスイッチして、そこからもまたズブズブと押されていたのですが、残り200を切ってから別馬のように急加速。
勝った馬も後半が速かったため、ラスト600メートルのラップタイムでも2番手に甘んじましたが、3番手タイの馬が記録したそれより1秒速かったようで。
ラスト200でなら間違いなくぶっちぎり1番手だったでしょう(笑)
posted by 負犬山禎之丞 at 21:09| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]