2016年11月22日

11/15〜11/21のアイドル達。

先週の結果。
11/15
大井 7R 4枠5番 ビジュハルカ    13頭立て5番人気2着
11/16
大井 9R 8枠11番 ハルカジェット   10頭立て7番人気3着
11/17
園田 2R 8枠10番 アラタシャチョウ  10頭立て2番人気1着
11/19
帯広 2R 1枠1番 オレトマコト    9頭立て5番人気3着
東京 12R 3枠5番 ワキノヒビキ    15頭立て4番人気1着
11/20
高知 12R 6枠7番 ガンバレシャチョウ 12頭立て9番人気6着
東京 8R 2枠2番 ミキノグランプリ  15頭立て13番人気4着
京都 2R 3枠6番 ミキノタマテバコ  16頭立て3番人気13着
京都 7R 4枠7番 マコトルーメン   17頭立て15番人気16着
福島 11R 8枠14番 トラキチシャチョウ 15頭立て7番人気1着
11/21
帯広 2R 4枠4番 フタミブルー    9頭立て3番人気3着

トラキチの社長さんはまだしも、ご無沙汰の馬が勝った週でした(笑)
アラタシャチョウは昨年2月以来の31戦振り。その時の勝利でA2に昇格していて、直後には、JRAの500万下を相手の交流競走でも2回続けて掲示板に載ったのですが、後が続かず。
今年3月には2年振りにC1に下がり、7月後半にはC2に、そしてC3にまで下がっての初戦でようやく勝ちました。13年暮れにJRAから最初の転入をした時でも、C2の下の方に編入されていましたから、それより下がってしまったわけで(爆)
久々の勝ち星は喜ばしいものですが、…これで遠からずまた上がる事になりそうで、C2での成績を鑑みますとまた長いトンネルが待っているような…。
通算56戦、兵庫48戦5勝、2着4回3着6回。
6歳の終わりにきてせっかくの星を得たのですから、まだ長く走ってもらいたいものです。

ワキノヒビキは、昨年(3歳)8月から今年5月の間に1戦しかできなかったせいもあるでしょうが、こちらは一昨年8月のダリア賞、デビュー3戦目以来の勝ち星。
3戦2勝で挑んだ新潟2歳ステークスで4番人気、もみじステークス2着を挟んでの京王杯では2番人気にもなったものでしたが…。
それだけの間、勝ち負けどころか掲示板にも縁が薄かった馬が、いざとなれば好位追走・直線抜け出し・粘りきり、と優等生競馬であっさり勝つ…。国内の若手・中堅騎手とルメールさん達との差ってそんなにあるのか、と改めて目を瞠らされますねえ…。
これで18戦3勝、2着1回。
同じ新馬戦で勝ったマコトダッソーが、今年名古屋で1つ勝った直後に引退してしまいました。彼の分も長く…、と言うと感傷的に過ぎますかね(笑)

名前の割に阪神では1つしか勝っていないトラキチシャチョウ。今回は東日本初勝利を飾りました。
何と言いましょうか、鮮烈なレースでしたね(笑)
スタート後の直線を過ぎて1コーナーではポツンとシンガリ。外枠でしたのに悠々と最内を通っていきました。
3コーナーまで最後方集団に控えつつギアを上げて、外へ持ち出しながら4コーナーを回って直線一気、11頭をごぼう抜き。
最後の600メートルを37秒フラットで駆け抜けていますが、…同じ区間の走破タイムで2番手を記録した馬より0.8秒速かったようで。
追い込み一手なので成績は安定しないでしょうが、この脚が使える今は成長のピークにあるのかも知れません。
通算26戦5勝、2着5回3着1回。
posted by 負犬山禎之丞 at 16:56| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]