2016年04月26日

4/19〜4/25のアイドル達。

先週の結果。
4/19
大井 3R 8枠11番 ハルカジェット   11頭立て5番人気5着
4/22
名古屋9R 6枠6番 マコトダッソー   8頭立て3番人気4着
4/23
東京 8R 7枠10番 マコトギンスバーグ 12頭立て3番人気2着
京都 2R 1枠1番 ピカピカシャチョウ 16頭立て13番人気15着
京都 7R 3枠4番 ラクアミ      15頭立て5番人気6着
福島 11R 4枠8番 マコトブリジャール 16頭立て15番人気1着
4/24
帯広 2R 2枠2番 オレトマコト    出走取消
京都 2R 4枠7番 マコトシャムロック 16頭立て1番人気14着
京都 10R 7枠9番 ミキノハルモニー  11頭立て5番人気2着
4/25
浦和 11R 4枠4番 ミキノブルーグラス 11頭立て1番人気1着

2014年生まれ、最初のアイドル馬は久しぶりのばんえい競馬から、と思ったら取消してしまいましたよ(爆)
まあ今週も記事のタネが多くなりましたからちょうどよかったのかも知れません。

末弟に「こう走れ」と見せつけたように、マコトブリジャールさんが大駆け。
オツウ、マコトブリジャールが2頭で逃げた形になり、直線に向いてもまだそのまま。逃げ馬が楽できるほどのスローペースではなかったと思うのですが、結局、先にオツウが力尽き、それでも1番人気のシャルールにクビ差捕まったただけで粘りきり、マコトさんはその1馬身以上前でゴールに飛び込みました。
自身も、また母マコトコーランも初めてのJRA重賞を手にしました。
マコトさんの勝ち星は2014年6月8日、垂水ステークス以来で、とうとうオープンでは勝てずに終わるのかと思ったりもしましたが、ここでくるとは想像していませんでした(斬)
通算27戦6勝、3着3回。重賞への挑戦は13年秋華賞から数えてちょうど10回目でした。

前走で大きくずっこけたミキノブルーグラスは、しっかり立て直してきて今年2勝目。
前々走でもそうでしたが今回もハナを奪ってそのまま独走、ともに1秒以上の大差をつけて完勝しています。
それにしてはB級に定着するまでにずいぶん時間がかかって、強いのかどうか判然としない感も受けますが(爆)
楽に先手を取れないと上手くいかないタイプのようです。
JRA9戦、南関東20戦8勝、2着3回3着2回。

デビュー戦で取り上げ忘れていた(斬)ピカピカシャチョウ。
父はオンファイア。母はアマノブラウニイーでその父はサクラバクシンオー。
母は2007年生まれで、10年7月に3歳未勝利戦で遅いデビューに漕ぎつけはしましたが、JRAでの3戦すべてブービーで競走生活を終えました。
12年に初仔の牝馬オンブラウニーを産み、シャチョウは2番目の仔。
姉は14年の5月に門別でデビューし、9月までに7戦して勝てませんでしたが、同年10月に岩手に移ると初勝利、そして連勝。その後19戦の間に、2着1回3着2回の成績を残した一方、ビリやそれに近い着順も少なくない不振の時期を経ましたが、昨年10月には20戦ぶりの勝ち星もあげています。今年の4月に登録抹消。通算32戦3勝。
さてシャチョウさん、初めの2戦では、力不足の前に、まだ競走馬として形になっていない感が残って見えます。未勝利戦がある間にどれだけ伸びられるか…、まあ当たり前の事を言っているだけではありますが…。
姉が久しぶりに勝った時と言いますのが、地方では岩手盛岡ならではの、芝でのレース。もしかすると、芝向きと言うよりダートが苦手な血筋であるような気もします。

さて最後に。
今年は先週の火曜に行われました、名古屋の重賞、東海クイーンカップにも、今年からマコトスパルビエロ賞の副名が着きました。
…今までずっと、年に1頭あたり1競走だと思っていましたのに(笑)
東海地区では独自グレードを制定していますので、レースの地位と言いますか位置づけと言いますか、それを量るのはひとまず簡単。SPⅠ格付けを受けていますので、JRAで言えば牝馬3歳クラシック競走に相当するのでしょう。
SPとは、恥ずかしながらうろ覚えなのですが「スペシャルプレステージ」の事だったと思います。
今ではそのような重要レースですが、1998年を最後に一度廃止されてもいます。2003年から、廃止以前の回次を引き継いで再開されました。
創設から改めて詳しく見ますと、1992年に旧4歳2月の重賞として始まり、98年まで、1月末から2月上旬に行われていました。97年には東海・北陸交流競走となっています。
廃止され、再開された03年から、今度は夏、7月初め(03、04)、8月前半(05〜11)に行われ、12年からはグランダム・ジャパン3歳シリーズの1戦とされて今の時期に移りました。
その12年には「スペシャルウイーク賞」だったようです。マコトさんもあの馬と同格に見られたって事でしょうか(たぶん違)
また2013年からは豊明市長賞の副名も着いています。
…豊明は中京競馬場にこそ縁深いのではとも思ったり(笑)
posted by 負犬山禎之丞 at 19:33| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]