2016年04月05日

3/29〜4/4のアイドル達。

先週の結果。
3/30
名古屋10R 6枠6番 マコトダッソー   8頭立て1番人気6着
園田 6R 5枠5番 ミキノデイジー   8頭立て4番人気4着
3/31
園田 7R 4枠4番 マコトクオバディス 10頭立て7番人気10着
4/2
高知 9R 2枠2番 ミキノジュウゴヤ  11頭立て9番人気7着
4/3
高知 4R 8枠10番 ガンバレシャチョウ 11頭立て7番人気7着
阪神 7R 7枠10番 マコトグランドゥ  12頭立て9番人気8着
阪神 12R 5枠8番 ミキノグランプリ  14頭立て14番人気10着

競走馬のアイドル馬達には目立った活躍がありませんでしたが、驚きのニュースが飛び込んできました。
いや、応援していた立場で「驚きの」と言うべき事ではありませんが、そのような事があるとは全く考えてもいなかったもので。
2014年11月の福島記念で16頭立て15着に敗れた後、昨年6月19日付けで登録を抹消されていたミキノバンジョー。ジャパン・スタッドブック・インターナショナルのツイッターによると、彼が繁殖馬登録を申請されたようです。
申請があってから適性試験などが行われるのか、申請されたからにはそれらの事が済んでいるのか存じませんで、このまま今期または来期から種牡馬として嫁さんを待つ身になるのかどうかもわかりませんが、さておき今後の事が気になってきました。
競走馬としてJRA49戦7勝、2着、3着3回。12年の福島テレビオープン、13年の小倉日経オープンで勝ちました。成績面では、正直なところ種牡馬になれたとして機会に恵まれるかどうか心配にもなります。ダートや短距離で実績があれば地方競馬向けの需要が見込めたのかも知れませんが…。
父がグラスワンダーで、2009年のジャパンカップ勝ち馬スクリーンヒーローと同じ。彼が昨年の有馬を勝ったゴールドアクターを輩出した事で、この血統が人気を上げる事はあるでしょう。などとそのあたりの事を考えるにはまだ早いでしょうか。
posted by 負犬山禎之丞 at 16:30| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]