2016年03月08日

3/1〜3/7のアイドル達。

先週の結果。
3/2
園田 7R 5枠6番 ミキノデイジー   12頭立て5番人気2着
園田 9R 5枠5番 アラタシャチョウ  12頭立て5番人気3着
園田 12R 7枠10番 マコトクオバディス 12頭立て12番人気11着
3/5
小倉 11R 5枠10番 ミキノトロンボーン 16頭立て7番人気3着
3/6
高知 6R 3枠3番 ガンバレシャチョウ 11頭立て3番人気6着
高知 7R 5枠5番 ミキノジュウゴヤ  12頭立て11番人気10着
中山 10R 3枠4番 トラキチシャチョウ 14頭立て3番人気5着
小倉 8R 5枠10番 マコトグナイゼナウ 18頭立て12番人気2着
小倉 10R 3枠6番 ミキノドラマー   18頭立て15番人気7着
3/7
船橋 6R 7枠7番 アミザクラ     10頭立て8番人気10着

マコトグナイゼナウは、デビューしてから1年半ほどになりますが、昨年後半に1戦しかできなかった事もあり、まだ11戦目。連対もですが掲示板に載ったのも2014年の12月6日以来、久しぶりの事でした。
3コーナーを過ぎる辺りまでは後ろから4、5番手、隊列の中では先頭から八分どころに位置を定めて、そこからなかなか鋭い末脚で追い上げて2着。芝1200メートルの自己ベストを0.9秒更新し、後半600メートルではメンバー中2番目に速くまとめたのですが、いちばん速くきた勝ち馬より0.4秒も遅くては、まあこの順位が精一杯だったと言えましょうか。
勝ち馬との着差は4分の3馬身。今回はこれが2番目に大きな着差でした(笑)
18頭立てのレースでしたから、前後2頭の着差は1着2着から17着18着まで17組あったわけですが、そのうちで1馬身以上の差があったのは1組だけ。そもそも数字で表される差がついたのが3組だけ。勝ち馬から最下位の馬まで0.9秒の差しかない大混戦でした。
出走馬の能力にムラが生じ易い500万下戦で、ハンデ戦でもなく、こうした形になるのはそれほど多くはないのではと思います。隠れた好レースでした。
posted by 負犬山禎之丞 at 15:31| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]