2016年01月19日

1/12〜1/18のアイドル達。

先週の結果。
1/13
大井 4R 3枠6番 ハルカジェット   16頭立て9番人気10着
園田 9R 5枠6番 マコトクオバディス 12頭立て8番人気7着
1/15
大井 3R 5枠5番 ビジュハルカ    11頭立て10番人気11着
笠松 11R 8枠10番 ミキノブシドウ   10頭立て7番人気7着
1/16
京都 1R 6枠11番 ミキノカンタータ  15頭立て8番人気14着
京都 2R 8枠15番 オモロイシャチョウ 16頭立て1番人気6着
中京 4R 6枠10番 マコトサダイジン  14頭立て3番人気3着
中京 11R 7枠13番 マコトブリジャール 18頭立て17番人気18着
1/17
佐賀 1R 6枠6番 アズサリーブル   7頭立て4番人気5着
中山 1R 6枠11番 ミキノカブキ    16頭立て16番人気16着
中山 7R 5枠10番 マコトカンパネッロ 16頭立て5番人気6着
京都 9R 6枠11番 トラキチシャチョウ 16頭立て2番人気1着
1/18
船橋 4R 1枠1番 ミオパインハルカ  11頭立て11番人気9着

トラキチシャチョウが半年ぶりに勝ちました。
昨秋以降、4コーナーまでには中団に進出して勝ちきれなかった2着が3回。今回は直線に向くまで我慢しての完全な追い込みに徹しました。
ダート1900メートルのレースで、100メートル目から500メートル目までのラップが23秒1。そこからガクッとペースが落ちて、500から900ですとか700から1100ですとか、どの400メートルをとって見ても25秒以上。
初めが速かっただけで決してハイペースとは言えないレースでしたが、我慢が報われた結果が出ました。ラスト600メートルの走破タイムにおいて、2着馬は出走馬の中で2番手タイとなるいいものを残しましたが、シャチョウはそれよりコンマ9秒も速くまとめました。相手側からすれば、どうにもなるはずがなかったとでも言いたくなるでしょうか。
半年前の勝ち星は園田に遠征してのものでしたから、JRAでの勝ち星は実に一昨年の4月以来の久々。その時すなわち3歳の晩春から、昨年、4歳の10月前半まで、掲示板にすら載れずにいましたが、同月後半から今回までは5戦4連対、4着1回。すっかり化けました。
昨年7月の園田遠征まで、シャチョウの体重は490キロまでに留まっていましたが、夏から秋口に490を超えて出るようにもなり、11月から暮れまでの3走では500キロ以上。そして今回は一気に増やして518キロで出ました。昨秋より前の不振には絞り過ぎが影響した事があったかも知れません。
…半年で30キロほど増やしたわけですが、今回に限っては、昨年に640キロをマークしたショーグンが、やはり636キロで出てきましたので、パドックなどで間近に見ても、シャチョウはちっとも目立たなかった事でしょう(笑)
posted by 負犬山禎之丞 at 17:38| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]