2007年05月26日

"Main, first of all" 6th week.

"Lucky☆Star" 7th tale closed with a song by NAKAJIMA,Miyuki.

Then, let's go to the 6th set of "Main, first of all"
You are requested to prospect below 2 races.

Tokyo 10R Tokyo Yushun(Derby)(JpnI,2400m)
Chukyo 11R Arimatsu Tokubetsu(under 10 million,1800m)
Chukyo 10R Nagoyajou Stakes(under 16 million,Dirt-1700m)

The entry tables are availavle on JRA homepage at the date of 5/27.

Your entries will be closed at 15:39 15:14 27th,May of Japan.

This text is written in English in case of Miya entries from a PC which is unable to use Japanese characters.(oi)

I call on those horses in each rases.

Chukyo
1st:10 Nanayo Himawari
2nd:4 Wakino Excel

Tokyo
1st:7 Finistere
2nd:1 Tascata Sorte

中京10R 名古屋城S
1着7番 ブルーフランカー  (水月映二P)1番人気
2着11番 ビッグアラミス
3着10番 ナナヨーヒマワリ  (犬)5番人気

9着5番 ゲットアウト    (鯛千代P)4番人気
11着2番 ダノンビクトリー  (巳爺P)9番人気

一昨年まではこんな面倒な事はしてなかったと思いますが…。いや、英語で書いた事ではなく(おい)
調べましたところ、昨年のこの日の中京も、今日と同じ番組順でした。目黒記念をダービーと同日に持ってきて、東京のレース数が増え、他場と同じ数になった事が関係あるようですね。

巳爺クンにはトンチンカンだと思うので説明すると…、
昔から、普段は興味がないが、ダービーと有馬だけは買うという人は世間に多く、競馬会も、そういう人達の参加によって投票所が混雑した場合に備え、この2競走だけは前レースからの時間を長く取るという対応策を講じました。現に今日も東京の9R〜10R、および中京10R〜東京10Rまでの時間を、普段より長く取っています。
ただし一昨年までは、投票時間を多く取りながら、業務終了時刻はそのままでしたので、ダービー、有馬両日の当該競馬場に限り、レース数を減らす事になりました。
ですから一昨年まで、東京は全11R、中京は全12Rで行っていたのです。
有馬の日は、昨年もまだ、中山と他2場とでレース数が違いましたね。
…有馬の日は2レース潰すんですぜ?
で、その場合に、大レースのない、通常通りの競馬場では、メインレースも普段通り11Rで行われていたのです。

ところが今日は中京も変則開催で、10Rがメイン。
公式HPでもアナウンスされていないのに、何故11Rではないと言えるのかといいますと、10Rの方が11Rより出走頭数が多く、かつ出走馬のクラスが高いからです。…まあ、私も新聞見て気づいたのですが(殴)
もっとも盛り上がりそうなカードをメインに持ってくるのは当たり前の事ですから、より強そうな馬のレース、より頭数が揃ったレースをメインに当てるわけです。
仮に2つの条件が揃わなかった場合、つまり高いクラスのレースが、8頭以下など頭数が揃わなかったならば、クラスが低いが多頭数のレースと入れ替えてしまう事もありますね。
…新潟競馬場新装オープン記念レースが、頭数不足でメインを外された事が脳裏に蘇ります(爆)
今回はその例に当てはまりませんので、初めから10Rをメインと考えていた事になりますね。お陰でこのゲームも煽りを受けた感じです(笑)

ダービーをぶっ飛ばした巳爺クンは論外として(おい)、中京でもしっかり10Rを投票してきたのが、しばらく競馬から遠ざかっていた鯛千代さんだけだったのは、少し皮肉な感じもします(笑)
よーくさんの誤投票に気づかなかったのは、主催として失策だったなあ。
事前に気づいていれば、新茶さんにでもメールして転送してもらったんですけど(殴)

とりあえず、水月映二P+2P、鯛千代P−6P、巳爺P−8Pとなりました。

東京10R 東京優駿
1着3番 ウオッカ      (鯛千代P)3番人気
2着16番 アサクサキングス
3着14番 アドマイヤオーラ

4着12番 サンツェッペリン  (巳爺P)9番人気
7着15番 フサイチホウオー  (よーくP、水月映二P)1番人気
15着7番 フィニステール   (犬)11番人気

…皇族が来ると牝馬が勝つんですかね?(おい)
ラジオNIKKEIではゴール前の時点で語られました通り、3歳牡馬の頂点に、64年ぶりに牝馬が立ちました。
コメントから察しますに女好きの鯛千代P(おい)、まずはおめでとうございます。
巳爺クンは暮れの阪神でこの仔見てたのにねえ…。あ、そりゃ私も同じだ(殴)

ダービーを勝った牝馬は、これまでに2頭。まずは1937年、第6回のヒサトモ。優勝騎手は中島時一、優勝調教師も中島時一。
…戦前には、騎手と調教師との兼業も珍しくなかったそうです。しかしダービーを兼業で勝ったのは、この他に2人だけですね。
記録を紐解きますと、どうやらこの年までは、勝った例こそヒサトモ1頭だけですが、3着までの18頭のうちに牝馬が8頭おり、2着に限っては牝馬の方が多かったようです。
栄えある日本初のダービー牝馬となったヒサトモですが、晩年には不名誉とも言える記録を残しました。
昨年12月9日に、高知のオースミレパードに更新されるまで、実に57年もの間、サラブレッド系での最高年齢出走(15歳6ヶ月)を保持していたのです。まあ、競馬にまつわる記録がろくに取られなかった時代に、ダービー牝馬だったのが災いしてしまっただけで、他にもっと例があったかも知れませんが。
何故これが不名誉かといいますと、無事是名馬という美談にはなれない背景があるからです。ヒサトモは一度繁殖に上がっていたのですが、極端に仔出しが悪く、ダービーの9年後、12歳の時、戦争を経て再開されて間もなかった浦和競馬でまた競馬をさせられる事になったそうです。
そして2年ほど走った後、競馬場で病死したとの事でした。

2頭目のダービー牝馬が、64年前、1943年、第12回のクリフジ。
後に阪神優駿牝馬(オークス)、京都農林省賞典四歳呼馬(菊花賞)を制した、知る人ぞ知る変形三冠馬、そして、今なお「日本史上最強牝馬」に推す人もいる名牝です。
騎手は若手の前田長吉、調教師は尾形藤吉、かの大尾形でした。
牡馬の頂点競走を2つも制した牝馬は、これまで彼女ただ1頭。しかし、その比類ない強さに見合った舞台は、その後ありませんでした。
同年12月17日に、東条内閣により興行競馬中止が決定、クリフジが10月3日にオークスを制した舞台、鳴尾の阪神競馬場も閉鎖され軍用地となりました。
競馬は、軍用馬繁殖に充てる馬を選別する能検競走となり、クラシックおよび御賞典など、一部の大レースを除いては名前もつけられなくなりました。
44年のクリフジは、春に名前のないレースを3回勝って、11戦無敗の成績を引っ提げて繁殖入りしたそうです。
47年に競馬が本格再開されましたので、クリフジの初仔が競馬に出るにはちょうどよかったのですが、結局、名を残すような競走馬は出ませんでした。
尾形師だけが、その後ダービー5勝、通算8勝の金字塔を打ち立てた事だけが、クリフジの名残かも知れません。前田騎手は、翌年のダービーで2着した後、兵役に取られ、シベリア抑留中に死亡。つい数年前に、遺品が見つかってご親族に返されたそうですね。
クリフジを(実はヒサトモも)輩出した下総御料牧場は、皇室縮小の一環…詳しくは知らないのですが…として閉鎖されました。
…まあ、その後吉田家が払い下げを受け、成田空港の用地として売却した時の費用が、社台ファームの礎になったわけですが。

ダービーの他に、牡馬クラシックを勝った牝馬は以下の通りです。
皐月賞:47年トキツカゼ、48年ヒデヒカリ。
菊花賞:43年クリフジ、47年ブラウニー。
他に阪神3歳S(1990年まで牡牝混合)では、52年ワカクサ、55年トサモアー、56年ミスオンワード(翌年牝馬二冠)、63年プリマドンナ、64年エイトクラウン、72年キシュウローレル、79年ラフォンテース。
朝日杯3歳S(90年まで、および2004年から牡牝混合)では、51年タカハタ、52年サンゲツ、56年キタノヒカリ、65年メジロボサツ、71年トクザクラ、74年マツフジエース、80年テンモン。

さて…。
ウオッカの名は父のタニノギムレットから、酒の品種同士の連想でつけられたそうです。
タニノギムレットは2002年のダービー馬。武豊ダービー3勝目、JRA最多勝記録をもたらした馬でした。
多少競馬を囓りますと「ダービー馬はダービー馬から」という言葉を聞きますが、ことJRAにおいてその例は、33年カブトヤマ→47年マツミドリ、42年ミナミホマレ→54年ゴールデンウエーブ・58年ダイゴホマレ、84年シンボリルドルフ→91年トウカイテイオー、以上4例しかありませんでした。
無論、ダービー馬からダービー牝馬が輩出されましたのは、JRAでは初めての事。おそらく海外に目を転じましても、そうそう例はないと思われます。
ウオッカの母はタニノシスター。先代の谷水信夫氏が興し、雄三氏が次いだカントリー牧場の自前血統です。
…タニノとついていないので、他の人に売られたのかと思いましたが、雄三氏の所有だったんですね。先代に続いてダービー2勝オーナーとなられました。
…安倍センセイは「一国の宰相になるより云々」をコメントに織り交ぜていたようですが、これをチャーチルが言ったなんてデッチアゲだそうですよ?

鯛千代P+14P、巳爺P+11P、よーくP、水月映二P+8Pとなりました。おめでとうございます。


今週のトータルは…
1位:水月映二P +10P
2位:鯛千代P  +8P
   よーくP  +8P
4位:巳爺P   +3P

そして、これまでの累計Pは…
1位:よーくP  +43P
2位:鯛千代P  +32P
3位:水月映二P +27P
4位:巳爺P   −21P

実を言えば、負犬山も一度は有松特別で指名しており、まあ消した後でも言わずもがなだと思いますので(笑)、よーくPの+3Pを有効とするかどうかみなさんのご意見を伺おうとも思いましたが…、
そうしますと、勝った巳爺P、2着の水月映二Pでもそちらを取るべきとなりますし、それでは、逆に鯛千代Pお一人が不利になりますので、今回は無効票として処理いたしました。
犬の指名馬がもう少し近い順位で決着していればまだしも、だったのですが…。

……あと、英語で書いたせいか、今回が第7週になっていたのをこっそり直しました(殴)

ではではみなさま、来週のメインは東京、中京とも11Rです、たぶん(爆)
posted by 負犬山禎之丞 at 23:59| Comment(7) | 遊技場 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大丈夫、もう帰ってキタから
というわけで、日本語で投稿(笑

東京4日
11R 富嶽賞
1.アグネスハッピー(ハッピーだからぉぃ)
2.ワールドドン(時差ぼけがー)

中京4日
11R 有松特別
1.ミュージックホーク(シルバーとホークのコスをしたからマテ)
2.ミキノマーベラス(まぁ、一応w)
Posted by 巳爺 at 2007年05月27日 00:18
リンクまでイングリッシュサイトなのがデリケートだなとフィール。カッ!

中京
1:ゲットアウト:3戦前のタイムから
2:キクノハヤテ:なんとなく
東京
1:ウオッカ:頑張れ女の子
2:ヴィクトリー:BT血統の意地

「Miya entries」ってなんでしょう?
Posted by 鯛千代 at 2007年05月27日 00:43
「ミヤ」クン
ごめん。今週だけメインは10Rなんだ。
間に合ったら投票し直して〜!

鯛千代さん
そういう事です(笑)
蛇足ながらその文だけ訳しますと、巳爺クンがハネムーン先の日本語フォントがないPCから律儀に参加してきた場合に備えて英語で書きます(少し違うだろ)
Posted by 負犬山禎之丞 at 2007年05月27日 01:38
中京
1、グッドネイバー
2、ジップ

東京
1、つかホウオーでしかたなしつまらん予想ですまん
2、ゴールデンダリア
Posted by よーく at 2007年05月27日 01:40
うおw
10Rだったのか(笑

東京
10R 第74回 東京優駿(GI)
1.サンツェッペリン(JOJO好きにはたまらねーぜ。パウッ)
2.ヒラボクロイヤル

中京
10R 名古屋城ステークス
1.ダノンビクトリー
2.ジーンハンター

まにあったー(*´ω`*)
Posted by 巳爺 at 2007年05月27日 11:38
日本語でおk。

東京優駿

房一鳳凰

どうみても東京だとヴィクトリーは交わされる・・・。
どんだけ離して逃げられるかが鍵か。

有松特別

名将次元

普通に予想していってこれだと思ったら1番人気だったというオチがあまりにも多い私鳥。
Posted by 水月映二 at 2007年05月27日 12:04
御大から訂正が入ったので訂正・・・

名古屋城競走

蒼い側衛

ってことでぶるーふらんかー。

1000万勝ち上がりからの1600万は惨敗が多いようだね・・・今回昇級戦多いみたいだしそれがどうでるか、ですか。
Posted by 水 at 2007年05月27日 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]