2015年08月25日

8/18〜8/24のアイドル達。

先週の結果。
8/19
名古屋10R 2枠2番 デルマチハヤ    10頭立て5番人気2着
8/20
名古屋4R 6枠6番 マコトアルバトロス 9頭立て2番人気1着
名古屋6R 1枠1番 ミキノブシドウ   9頭立て3番人気2着
8/21
園田 4R 5枠5番 ミキノデイジー   10頭立て6番人気7着
8/22
新潟 3R 5枠9番 マコトギンスバーグ 18頭立て1番人気1着
札幌 2R 8枠12番 マコトクラダリング 12頭立て4番人気4着
札幌 10R 5枠9番 アミーキティア   16頭立て5番人気7着
8/23
高知 8R 6枠8番 ガンバレシャチョウ 12頭立て9番人気8着
高知 12R 7枠8番 ミキノジュウゴヤ  10頭立て2番人気9着
新潟 4R 8枠13番 マコトダッソー   13頭立て10番人気10着

前走で連対したマコトギンスバーグがついに未勝利を脱出。
最初の200メートルまでに、挟まれたり前を塞がれたりしてスムーズに運べなかったところがありました。しかし、後ろ寄りの中団で控えて直線だけで突き抜けてきた結果からは、初めの不利をむしろ奇貨とした感もあります。
通算12戦1勝、2着3回。この連対は、すべて今年に入ってからの左回りで記録しています。当該期間の結果を回り別で見ますと、左回り5戦4連対、右回り4戦1掲示板(5着)と、くっきり得手不得手が出ています。
右回りでも他に6着が2回ありますから、まったくの下手と言うよりは、勝負できるかどうかとなると足りない、のではないかと見えます。成長して克服できる事ならば、もっといい結果が出せそうなのですが。

マコトアルバトロスはこれで通算6戦2勝。
名古屋へ移ってからの3戦は、1着、ビリ、1着と甚だ極端(爆)1秒以上突き放すか4秒も負けるか、と着差も極端。
昨年、JRAでの3戦も、6着、6着、ビリと、勝てないなりに好内容だったかアレかと極端でした。デビュー戦は勝ち馬からコンマ3秒しか遅れませんでしたし、2戦目は1秒7遅れましたが、その相手が後の二冠馬とくれば酷い負けとは言えないでしょう(笑)
どうやらまだ気性が幼いのかも知れません。

マコトダッソーは障害競走デビュー。
飛越姿勢全体は特に問題なく見えましたが、スタンド前に置かれた障害を大写しにして見られたものに限りますと、飛びながら少し右を向く様子が見受けられました。まあそれがデメリットになる事なのかどうかも私には判じかねるのですが。
あと、障害の間隔が空いて平地が続くとグイグイいってしまうところも。スタートして、3コーナー前で最初の障害を飛んでから、直線まで平地だったのですが、1障害では最後方グループにいたのに、直線に向くところでは先頭にいて、2障害までに2番手に下がって、1コーナーまでに中団まで下がったと思うと向正面は3番手くらいにいて…、結局向正面の中程でついていけなくなりました。
改めてこの馬のデビュー戦、見ているだけで心臓に悪い逃げが思い出されます。道中では爪を隠しておくとか、「初めは処女の如く」とか、そんな事を覚えないとならない段階に、まだあるのかも知れません。
なお、1障害を飛んでからの暴走ぶりをみていて、マコト脱走とか考えていた事はお詫びします(斬)
posted by 負犬山禎之丞 at 18:15| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]