2015年08月18日

8/11〜8/17のアイドル達。

先週の結果。
8/13
笠松 3R 6枠6番 ミキノブシドウ   8頭立て2番人気3着
笠松 9R 5枠5番 カメレオンアミ   9頭立て1番人気2着
8/14
笠松 5R 6枠6番 マコトランプロン  9頭立て7番人気6着
園田 10R 2枠2番 ステキナシャチョウ 12頭立て8番人気9着
8/15
盛岡 8R 8枠10番 ミキノソレイユ   10頭立て5番人気4着
大井 8R 7枠9番 ハルカジェット   11頭立て10番人気10着
8/16
盛岡 5R 7枠7番 ヒビキクエスト   7頭立て6番人気6着
新潟 9R 1枠1番 ミキノハルモニー  15頭立て12番人気9着
小倉 1R 3枠5番 アミーラ      15頭立て10番人気10着
小倉 10R 3枠5番 ミキノノボリリュウ 16頭立て8番人気16着
札幌 5R 7枠9番 マコトシャムロック 11頭立て3番人気5着
8/17
川崎 1R 5枠5番 ミオパインハルカ  12頭立て11番人気6着

シャムロックとは、3枚の葉をつける草をまとめて呼ぶ名前だそうです。クローバーもシャムロックの1つという事になるようです。てっきり人の名前なんだろうと思ってました(爆)
5世紀のアイルランドで、これらを用いて「三位一体」を説明した人がいて、それ以降には宗教的な意味、価値を持つようになったそうです。
今ではアイルランドの国花とされています。2週前にデビューしたマコトクラダリングしかり、今年のテーマはアイルランドなのでしょうか。
マコトシャムロックの父はワークフォース。母はマコトマンリョウでその父はサンデーサイレンス。マコトサンパギータ、マコトサダイジンに続くJRA勝ちが期待されます。
父ワークフォースはキングマンボの孫。2010年にイギリスのダービーと、凱旋門賞とを勝ちました。ナカヤマフェスタがあと一歩まで迫った時の凱旋門賞です。
12年から本邦で種牡馬となりました。今年の2歳がファーストクロップ。すでに2頭が新馬勝ちをおさめています。
マコトシャムロックはデビュー戦からそれなりの人気を背負いましたが、残念がら出遅れ気味に最後方から追う形になりました。1800メートルの半分あたりで追い出しをかけられたのは、全体のペースからして正しかったと思いますが、結局その分だけ直線で勢いを欠いて終わったように見えました。

一昨年の今頃に、こんな事を書きました。
昨年の北奥羽ナニャドヤラレースでは、11頭のうち7頭を、また1着から3着までを4歳のお姉さん方が占め、まあ若い娘さんのレースらしい結果になっていました。
今年からは、名前を「北奥羽ナニャドヤラ賞」と一部改め、3歳馬だけのレースになりました。
娘さん方の一頭だったミキノソレイユは4着に終わりましたが、今年も牝馬6頭牡馬4頭、牝馬1着牡馬2着と、女の子の日であった事に変わりはなく。


posted by 負犬山禎之丞 at 16:14| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]