2010年09月29日

今日の問題 「助数詞」

犬   :リディア先生! リディア先生っ!
リディア:あら負犬山くん。ずいぶん久しぶりねえ。
犬   :先生がどうしても夏休みを取りたいとおっしゃったので。
リディア:去年も私のせいにしたわよね!? それも全く同じ理由で!
犬   :来年もよろしくお願いします!
リディア:されないわよ! …それで、本当のところはどうしてかしら?
犬   :とうとう、ウソつき超人になれないまま「アンサーアンサー2」が終わってしまったショックが、ずっと尾を引いていたんです…。
リディア:長すぎるわよ…。
犬   :本当は、ただ怠けていただけですけれど。
リディア:お仕置きいきまーす!
犬   :うわあああ!
リディア:それにしても…、本当に超人になれずに終わってしまったのね…。
犬   :はい。…今から遡ったら、1年近くもネタにしてきたというのに、つき合って下さった読者さん達にも申し訳ないと、悔やまれますね…。
リディア:なんだか、やけに殊勝に見えるわねえ。その態度こそが、真のウソつき超人たる所以なのね!
犬   :傷口に塩すぎる!
リディア:そうだわ! 1年近くもまごまごして、ついに夢叶わなかったあなたに、もたつき超人のタイトルをあげましょう!
犬   :泣いていいところですよね!?
リディア:それでは、これ以上もたついていないで、次のクイズを出しなさい?
犬   :ううう…、こんな問題を、泣きながら…。

  事物と、それを数える時の助数詞とが「正しくない」もの。
   砲座・台  神・体
   連歌・首  太刀・口
   パンツ・丁 風見鶏・本
   金魚・尾  金槌・丁(挺)
   離婚・回  真珠・匁



リディア:正しくない、ねえ…。
犬   :意地悪かも知れないとは思いましたけどね。ですが、正しい、あるいは間違いではない数え方がいくつもある場合もあるのに、選択肢に入れたものだけが正しい、と見なされてもいけませんから。
リディア:うーん、それももっともね。
犬   :いちおう、ここで正解としたものは、なぜ正しくないのかきちんと説明できます。
リディア:では、さっそく答え合わせと解説を始めましょう。
犬   :「砲座・台」「パンツ・丁」「連歌・首」「離婚・回」「金魚・尾」 そして「真珠・匁」が正解…つまり助数詞が正しくありません。
リディア:この中でも真珠の「匁」は、助数詞でさえないのよね。
犬   :そもそも助数詞って何? という説明からしないといけませんね。
リディア:はじめて聞いた、という人でも、見当はついているでしょうけれどね。
犬   :日本語では、ものを数える時に「リンゴ2、ミカン5」などと、数だけを数えて終わり、という事はほぼありませんよね。
リディア:例外は明細や目録などを読み上げる時くらいかしら。今の例みたいに果物ならば、数の後に「個」や「つ」「玉」といった言葉を足す事に、みんな疑問を感じたりしないでしょう?
犬   :こうして足される言葉が、助数詞なんです。
リディア:真珠の例で出した「匁」は、これは単位であって助数詞とは違うの。
犬   :真珠の数を数える時は「粒」で数えますね。一方、取引などのために重さを量る時には「匁」を使います。
リディア:大雑把な定義だけれど、このように、目で見たり指で指したりして一つ一つ数える時に使われるのが助数詞。長さや重さ、エネルギー量などを測ったり量ったり計ったりする時に使われるのが、単位、という理解でいいでしょうね。
犬   :まあ、区別つけなくても大きな問題にはならないでしょうけどね。
リディア:テレビでもよく「単位」と一括りにされがちよね。…そうそう、もう一つ、これも大雑把だけれど、日本語の中でしか使われないのが助数詞、万国どこへいっても通用するのが単位、と区別する事もできるわね。
犬   :「尺」など、それぞれの文化で古くから使われてきたものは、その限りではありませんけどね。なお真珠は、どこの国でも「モンメ」で量られています。
リディア:では、いよいよ助数詞のお話ね。…まず、砲座はどうして「台」で数えてはいけないのかというと、そもそも大型の火器は「門」と数える事になっているからなの。
犬   :拳銃やライフルなどは「丁」または「挺」と数えますけどね。これらと違い、砲身および発射装置だけを、取り外したり切り離したりして使うようには造られていないものは、地対空砲だろうと艦載砲だろうと、空対空機銃だろうとガンダムバルカンだろうと、門で数える慣わしになっています。
リディア:余談になるけれど、門を数える助数詞は、必ずしも「門」ではないのよね。
犬   :住宅などの門ですと、引き戸であれ開き戸であれ、門扉はだいたい2つ設けられていますから「対」で数えるそうです。城郭や砦などの、見張り台などがついて2階建てになっている「楼門」を数える時が「門」 東洋にはあまり見られないと思いますが、凱旋門のように、それ自体が建造物とも言えるような門は「基」と数えるようです。
リディア:「基」が出たついでに言うと、大型のものを数える時の助数詞は、土台や柱などで固定されているもの、または通常人力で運ぶ事はないものは「基」 大人数でかかれば動かせるものや、自動車など動かす前提があるものは「台」と数えるのが普通ね。
犬   :固定されているものの例としては、先ほどの巨大な門や、鳥居など。人力で運ぶ事はない云々は、人工衛星ですとかエレベーターなど。大人数云々は、冷蔵庫などの大型家具などがありますね。
リディア:…厳密に言い始めると厄介なのが「ベンチ」ね。
犬   :普通は椅子の仲間として「脚」と数えてもよさそうですが、大型の設備だと考えますと、屋外に土台を据えて設置されたものや、建物に作り付けで動かせないものには「基」が使われ、そうではないものには「台」が使われます。
リディア:…何もかも「つ」や「個」で済ませるのはどうかと思う、という意見には、頷けるつもりでいるけれどね…。
犬   :ここまで数え分ける必要も感じられない、とも思えますよね。
リディア:では次…はパンツね…。悪質なヒッカケはよしなさいよ。
犬   :「パンツ一丁」というのは、服装…というか姿を表した言い回し、慣用句でして、数える時に使われるわけではありませんよね。パンツを含め、下着は「枚」を使って数えます。
リディア:ところで、「パンツ一丁」は、昔の「ふんどし一丁」が今風に言い換えられた表現よね。つまり、ふんどしは「丁」と数えられていた…と考えるとこれも違うのよね。
犬   :腰巻き紐に注目して「本」と数えるか、股座に回す布を重視して「枚」と数えるか、まあどちらかだったようです。…では、どこから「丁」が出てきたんでしょう。
リディア:昔だって、下着姿で町を歩く人がいっぱいいた、なんて事はなかったはず。そんな中で、ふんどし姿で人前に出てもおかしくなかった、むしろ当たり前だったというのは、どんな状況かしら?
犬   :今でも見られるのは、お祭りなどの時ですかね。それから、運送会社のマークでお馴染み、飛脚の人。確か、駕籠かきの人もふんどし姿で働いていたと聞いた事があります。
リディア:うん。お祭りの男衆は、威勢がよくないと駄目よね? 飛脚も駕籠屋も、走り続ける仕事だから気合いがいるわけよ。その威勢や気合いを表すのに「丁」が好まれていたの。
犬   :「丁」は、音の聞こえもいい上に、「盛んである」という意味も持っていますので、景気のいい言葉なんですね。
リディア:だから、お祭りや気合い仕事に臨もうとする人達の、威勢に満ちた居ずまいを表して「ふんどし一丁」と呼んだわけなの。
犬   :そう考えると…、パンツ姿はただの変態さんにしか見えない場合もありますからねえ…。
リディア:なお、助数詞の「丁」は、さっき言及された拳銃などの他に、大工仕事などの道具を数える時にも使われるの。
犬   :ですから選択肢のうちの「金槌」は丁でいいんです。他には、かんなやノコギリなどもそうですね。文房具の定規は「本」がふさわしいのですが、大工さんや職人さんが使う「曲尺」は丁で数える事もあります。
リディア:でもこれは、昔は「挺」の字を使っていたのを、戦後の漢字政策で簡単な字に使い替えるように定められてからの事なの。小型火器は今でも「挺」と書かれる事が多いかも知れないけれどね。
犬   :ですから、助数詞の丁は、「盛ん」という意味などとは全く関係がありません。
リディア:他に、…これはちょっと定かではないのだけれど、直角を含む形のものを、丁で数えたとも言われるの。豆腐の数え方がここからきていると考えると、しっくりくるとは思うわね。
犬   :この説から、ふんどしも丁で数えていたと言われる事もあります。…そうすると、トランクスなら丁で数えてもいいんでしょうかね。
リディア:それはやりすぎだと思うわ。…ええと、ちょっと長くなりそうだから、申し訳ないけれどいったんここで切る事にするわね。
犬   :丁度時間となりました〜。
リディア:そうじゃないから…。最後に、もう一度パンツに話を戻すと、旅行などの際に着替えとして用意する数としては、パンツ何組シャツ何組、と「組」で数える事もあるわね。
犬   :今回の解説も一組で終わるといいですね。
リディア:終わらせなさい!


続きへ           
朦朧堂・衒学の間 目次へ  

posted by 負犬山禎之丞 at 22:00| Comment(2) | 朦朧堂、衒学の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パンツじゃないから枚じゃないもん!
Posted by 鯛千代 at 2010年10月01日 01:18
あれは「1着2着」でしょうか。
あるいは「1ないもん2ないもん」で。
Posted by 負犬山禎之丞 at 2010年10月01日 07:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]