2010年06月01日

今日の問題 「あちこち」

犬   :リディア先生! リディア先生っ!
リディア:あら負犬山くん。…クイズゲームはしばらくお休みかしら?
犬   :そうですねえ。アイドルマスター、最後の3ヶ月を迎えるとわかった以上…、でも、これまで不真面目だったのに、いざとなってからしれっとした顔で別れを惜しむのも、おこがましいような気もするんですよね…。
リディア:そんなものかしら?
犬   :最後に事務所へいったのが去年の8月でしたねえ。
リディア:…それは確かに。
犬   :都内でプロデュースしたとなると、一昨年の10月以来になりますか。
リディア:これまで不真面目にもほどがあるわ!
犬   :最後にユニットを立ち上げたのが、2007年の10月だったような。
リディア:むしろ、よく覚えているものだわ…。
犬   :やり残したという思いをせずに済むくらいの事はすると思いますけどね。
リディア:それがいいと思うわ。…でも、悩ましいタイミングで発表されたわねえ。
犬   :どうしてですか?
リディア:ちょうど、あなたに向いていそうな「あまのじゃくチャレンジ」が始まろうという時じゃないの。というか月曜日から始まっているけれど。
犬   :ああ。なんか初日ですでに1100ポイントを超えちゃいました。
リディア:ぶっ!
犬   :まあ、これまでのチャレンジでは、頑張っても700ポイント前後に留まっていた僕でもこれですから、みんな高いポイントを得ているんだろうと思いますけどね。
リディア:早押し形式ではないから、1回の対戦で4人みんなが高ポイントを得る事だってあり得るからね。
犬   :では、今日はみんなで高得点を取れるクイズです。
リディア:……そうかしら?

  世界中に複数ある地名。
   キングストン  アレクサンドリア
   レバノン    シェラネバダ山脈
   メソポタミア  バンクーバー
   ロンドン    コロラド川
   ドーバー    トリポリ



犬   :地名というものは、固有名詞と分類されますが、その意味にまで遡りますと、特別でもなんでもない言葉である場合が多いものです。
リディア:例えばキングストン。トンというのは大昔の英語で、まず「壁」を指し、やがて「壁で囲われたところ」という意味合いになって、「砦」となり、人の営みに従って砦が拡大していくにつれ「町」を指すようになったと言われているわ。"town"の語源ね。
犬   :ですから "Kingston" は「王の町」 荒れ地を切り拓き町を建てた人達が、王様への忠誠を示すつもりでつけそうな名前ですね。Wiki によると、他のキングストンと区別するための言葉が足されたものも含め、世界中に少なくともこれだけのキングストンがあるようです。…王様に追われたピューリタン達が拓いたアメリカに、どうしてこんなに多いのか…。
リディア:綴が違うから、ここでは違うものとして扱うけれど、中米にあるセントビンセント・グレナディーン諸島の首都、キングスタウンも語源的には同じよね。
犬   :同名地名の代表格とでも言えそうなのが、アレクサンドリアではないでしょうか。大王に征服され、開拓された土地に、次々と彼の名が冠されていったという話は、世界史の授業などで耳にされた方もいらっしゃるでしょう。
リディア:大王自身が名付けたかどうかはわからないけれどね。もし、土地を任された代官が名付けたのだったとしたら、その動機はキングストンと同じと言えるかもね。
犬   :ただ、「キング」と違って、こちらは特定の個人名です。こうした例では、後に彼に因んで名付けられた王様や皇帝がいて、その人の名として都市名に選ばれる事があります。そうしたものも含めますと、こちらも世界中にこれだけあるそうです。余談ですが、宇宙の彼方イスカンダルもアレクサンダー大王の名から採ったそうですね。
リディア:ところで、…察している人もいるでしょうけれど、今日の選択肢は全部正解なの。
犬   :恥ずかしながら今回は、日本で普通に手に入れられる世界地図しか参照していません。それで確かめられる地名など、全世界にあるものの中ではほんの一握りでしかありませんよね。ですから、ある地名が他にもある事は確かめられても、他にはない事を確かめるのは無理です。ウィキペディアも万能ではありませんしね。
リディア:ではここからは、地名の原義と、どこにあるかを説明していくわ。
犬   :まずはレバノン。ベイルートを首都とする地中海東岸の国はみなさんもご存じでしょう。紀元前から地中海交易の要衝として栄えていた地域で、国内には、都市そのものが世界遺産と認定された場所が2つあります。
リディア:東西には、広いところでも沿岸から100キロ程度しかない、狭い国土なのだけれど、その中心を高原、山脈が縦貫しているの。だから、九州くらいの緯度にあって、しかも温暖な地中海岸に位置していながら、雪が見られるのだそうよ。
犬   :その雪を見た古代のアラム人達は、「白いもの」がある山々、と呼んだそうです。この言葉がやがて形を変え、"Lebanon" となったそうです。
リディア:他のレバノンはいずれも都市。アメリカのインディアナ州、オレゴン州、カンザス州、ニューハンプシャー州、ペンシルバニア州にあるの。キングストンなどとは比べものにならないけれど、けっこうな数があるでしょう?
犬   :カンザス州の都市以外はいずれも北緯40度より北。またオレゴン、ニューハンプシャー、ペンシルバニアのオレゴンは山地の中にあります。いにしえの山々に因んで名付けられたものなのでしょう。
リディア:では次、シェラネバダ山脈。スペイン語の "Sierra" が「山」を指す事は知っているかも知れないわね。
犬   :アメリカのゲーム会社か何かの社名になってますね。
リディア:そして "Nevada" は「雪」 だからもともとの意味はレバノンと近いわね。
犬   :有名なのは、アメリカ、カリフォルニア州の東境、南北500キロにおよぶ長大な山脈でしょうか。南端に近いホイットニー山は頂高4418メートル。
リディア:でも、元がスペイン語だからして、スペイン南部、ジブラルタル海峡から東へ150キロほどのところにある山脈の方が、先に名付けられたのだと思うわ。
犬   :そしてもう1つ。メキシコにもあります。
リディア:次の選択肢は、メソポタミアね。先史文明の1つが発生した土地よね。
犬   :チグリス・ユーフラテス両川に挟まれ、古代のギリシャ語で「2つの川の間」と呼ばれた一帯。大雑把に言いますと、バグダッドから北西へ100キロ、南東へ250キロくらいの範囲ですね。
リディア:川に挟まれた土地は珍しくもないから、俗に「○○のメソポタミア」と呼ばれたり呼ばせようとされたりしている場所は、数えきれないほどあるかも知れないわね。
犬   :僕が時々利用する地下鉄の駅もメソポタミアにあります。
リディア:そういったものはさておいて、アルゼンチンには、都市や州の名前ではないけれど、たとえるなら「関東地方」「東北地方」のように「メソポタミア」と呼ばれる地域があるの。
犬   :パラグアイ南部、ブラジル、ウルグアイ北部に囲まれた辺り、ミシオネス州、コリエンテス州、エントレリオス州ですね。西にパラグアイ川、東にパラナ川が流れています。南北ざっと900キロくらいにわたっていますから、面積では元祖メソポタミアよりも広いようですね。
リディア:続いては、バンクーバー。
犬   :"Vancouver" は、オランダ人の苗字 "van Coevorden"に由来しているのだそうです。具体的な個人や、なぜその名が採られたのかという事は調べきれませんでした。
リディア:たぶん、みんなが知っているのはカナダのバンクーバーでしょうね。
犬   :オリンピックあったばかりですしね。西海岸のブリティッシュコロンビア州、そのもっとも南にある都市の1つです。
リディア:バンクーバーは沿岸都市だけれど、太平洋には面していないの。海峡を挟んで向かいにバンクーバー島というのがあるからね。ウィキペディアでは、同じ名前だけれど無関係だと書いてあるけれど、どうかしら。
犬   :その島にその都市がないのだから、別々に名付けられたと考えても妥当かも知れませんね。ただ、島ではなくとも、すぐ近くに建った街だから、島の名を採ったのかも知れません。千葉にあるけど東京ディズニーランド、のように。
リディア:余談だけど、ブリティッシュコロンビア州の州都ヴィクトリアは、島にあるのよね。人口ではバンクーバーの半分くらいらしいけれど。
犬   :バンクーバー島は、広いところでも幅50キロほどの細長い島ですが、長さを測ると400キロ以上と、九州島の南北よりも長いんですね。
リディア:さて、島の話がちょっと長引いたけれど、これは余談。同名の都市がもう1つあるの。それもブリティッシュコロンビア州のすぐ南、アメリカのワシントン州にね。
犬   :同州の最南端に位置しますので、都市同士は間近と言うほどではありません。それでも、ほぼ同じ経度にあり、直線距離で300キロちょっとしか離れていません。
リディア:次の選択肢はロンドン。言わずと知れた大英連合王国の首都ね。
犬   :伝説ではヘラクレスが建てた事になっていますが、実際はローマ帝国の橋頭堡として建てられた城砦が基になっているようです。先住民族の言葉、ケルト語で「沼地の砦」を意味する言葉がラテン語化した "Londinium" が "London" の語源だそうです。
リディア:同じ名前の都市が、カナダのオンタリオ州にもあるの。州都トロントと同じくオンタリオ半島にあって、トロントと、アメリカのデトロイトとのちょうど真ん中辺りに位置しているわ。
犬   :五大湖のうち3つに囲まれていますが、沼地かどうかは手持ちの地図ではわかりません。ただ、札幌くらいの緯度にあって、これだけ水場に近いと、霧深そうではありますね。…余談ですが、三方で陸地に繋がっていても「半島」って呼ぶんですね。
リディア:次は、コロラド川。
犬   :"Colorado" とは、「赤みを帯びた」という意味のスペイン語が語源になっているそうです。
リディア:コロラド州、ユタ州、アリゾナ州を経て、途中でグランドキャニオンを横切って、最後はカリフォルニア湾へ注ぐ大河が有名よね。でも、アメリカ国内にはもう1つのコロラド川があるの。
犬   :こちらはずっと短くて、テキサス州南部を流れメキシコ湾へ注いでいます。
リディア:そしてさらにもう1つ、アルゼンチンにもコロラド川があるのよ。
犬   :いわゆるパンパ地帯を北西から南東へ横切って、ブランカ湾に注いでいます。
リディア:次の選択肢は、ドーバーね。有名なのはもちろん、ドーバー海峡に面したイギリスの都市、ユーロトンネルの西出口があるところよね。
犬   :ロンドンから東南東へ100キロくらいでしょうか。
リディア:ロンドンの語源はケルト語に遡っていたけれど、"Dover" の語源は、「水」を意味するブルトン語なの。
犬   :ブルトン語はケルト語の親戚に当たる言葉で、フランスの一部で現代まで受け継がれてきました。古代においては海峡の反対側で使われていたようですけれどね。
リディア:さて、他のドーバーはどこにあるかというと、まずアメリカ、ワシントンDCから東北東へ150キロくらいのところ。
犬   :デラウェア湾に面した、デラウェア州の州都です。
リディア:もう1つはカナダのノバスコシア州にあるの。
犬   :アメリカを受け皿と見立てると、右の方でカナダがこぼれ出た感じに見える辺りですね。
リディア:その喩えはどうかと思うわ…。
犬   :最後に残った選択肢は、トリポリですね。英綴りは "Tripoli" 有名なのはリビアの首都でしょう。
リディア:アラビア語読みすると「タラブルス」だけど、この形にもギリシャ語「トリポリス」の面影が見て取れるわね。
犬   :リビアのトリポリは、紀元前7世紀に建てられたカルタゴの都市、オエアが元になっています。後に近隣のレプティスマグナ、サブラダと合わせ、「3つの都市」トリポリスと呼ぶようになったそうです。
リディア:でも、現在アラビア語圏ではここを「西のタラブルス」とも呼ぶの。「東のタラブルス」…とは呼ばないみたいだけれど、それはどこにあるかというと、レバノン。
犬   :この地域がアラブ文化に収まった頃には、すでに両トリポリが建てられてから1000年以上も過ぎていたのですが、今なお「東の」と呼ばれないのは、レバノンのタラブルス、トリポリの方が先にあった事を踏まえているのかも知れません。
リディア:シリアとの国境に近い、レバノン北部の都市で、現在でも同国第2の都市として栄えているわ。近くのカディーシャ渓谷、首都ベイルートとの中間に位置するビブロス遺跡は世界遺産。
犬   :ギリシャ人がトリポリスと呼んだのは、シドン、ティレ、アラドスの3都市。早いものは紀元前3000年頃には建てられていたようです。
リディア:これら3都市、またリビアのトリポリとなる3都市などを建てたのは、古代の小アジアからアフリカ北部に勢力を誇った海洋民族、フェニキア人。ギリシャ人とは友好的だったようだけれど、やがて北地中海の覇権がローマに移ると敵対する事になり、最後にはローマによって滅ぼされてしまうわね。
犬   :余談になりますが、フェニキア人は文字を持った最初の民族の1つとされています。フェニキア人からギリシャ人に伝わり、イタリアの先住民族エトルリア人を経て、ローマ人に伝わったそうです。
リディア:閑話休題。トリポリはもう1つあるの。これはずっと時代が下って、1770年にギリシャに建てられたものよ。
犬   :アテネから西南西へ150キロくらいでしょうか。ペロポネソス半島の中央部に位置しています。これはその時代の3都市に由来するのではなく、古代のパラントロン、テゲア、マンティネアから近い土地だったからつけられたそうです。
リディア:それでは今日はこれまで。
犬   :お疲れ様でしたー。



posted by 負犬山禎之丞 at 20:54| Comment(0) | 朦朧堂、衒学の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]