2010年05月10日

今日の問題 「創業年代」

犬   :リディア先生! リディア先生っ!
リディア:あら負犬山くん。ようやくドラゴン組ね?
犬   :はい。幸か不幸かストレートで到達できました。
リディア:あらあら、自慢しちゃって。
犬   :いや、そうはおっしゃいますけど、曲がりなりにもこれまで、ドラゴンかフェニックスかにいた身ですから、ミノタウロスになるまではストレートでないと、むしろ恥ずかしいでしょう。
リディア:まあ、ねえ。
犬   :おまけに強者が上に上がるまで待ったんですからなおさらです。
リディア:ちなみに組を上げるためには、直近3戦での平均順位を4位以内にする、言い換えれば、3戦合わせて12以内に留める必要があるのよ?
犬   :で、ミノタウロスを3戦で抜けられたのは、幸運の賜物でして、フェニックスでは、むしろ不運のせいでしたね。
リディア:ん?
犬   :3戦のうち2戦で、回線落ちが発生しまして…。
リディア:あらら。
犬   :どうせ勝てるとわかってましたんで、並べ替え問題で「カのッサノ屈辱」とかやってみたり。
リディア:どうしてわざわざ…。ああ、トーナメント中の誤答は、いずれCPUが同じように間違う可能性があるからなのね?
犬   :はい。ネタを仕込んでおきました。…その昔「ステイルィンラブ」とやったのはただの凡ミスでしたが。
リディア:よりによって競馬問題で…。
犬   :まあ僕のは恥ずかしいミスでしたけど、他の生徒さんが頑張った結果の珍解答には、時々感動を覚える事もありますよね。
リディア:シリーズ第1作で語り草になった「グンマシャキーン」とか?
犬   :ええ。「遊べないや親の雀」もなかなかのものだと思いました。
リディア:この間、あれは西田ひかるさんの曲名だったかしら、『ときめいて』を問う問題で「いきとめて」というのを見たわよ?
犬   :甘いですねえ。同じ問題で「きめといて」というのをみました。
リディア:うわあ、横柄なアイドルだわ。
犬   :さて…、そろそろ今日のクイズを出しましょう。

  昭和時代に創業した会社。
   平成筑豊鉄道株式会社 ソフトバンク株式会社
   ギャガ株式会社    ブックオフコーポレーション株式会社
   理想科学工業株式会社 株式会社安愚楽牧場
   スカイマーク株式会社 株式会社ガイナックス
   株式会社アトラス   JR各社



犬   :井上ひさしさんの『私家版 日本語文法』によりますと、昭和という元号は、第2候補だったようです。
リディア:大正天皇の死去が報じられた直後、今の毎日、当時の東京日日新聞が新元号をスクープし、発行日付も「光文元年」としたそうなの。
犬   :今でこそ、天皇の神性と元号とを結びつける考え方は、そうそうなくなったと思いますが、当時はそれが絶対。新聞屋にすっぱ抜かれる程度のものを元号だなどと認めるわけにはいかなかったのでしょう。新元号は昭和、としれっと発表されたようです。
リディア:この時の事が、丸62年後にも考慮されたのかどうかはわからないけれど、昭和天皇が亡くなった1989年1月7日には、夕刊が出回るより早くに新元号を発表したわね。
犬   :さて…、僕が九州を旅した時の日記でも言及していますが、まさにこの日、北九州の筑豊地区を走る諸路線をJR九州から移管される、新会社の名前が決まる事になっていました。
リディア:一般から募った案の中で有力だったものに、偶然その日に発表された新元号を合わせて、平成筑豊鉄道株式会社、としたのだったわね。
犬   :このように、昭和の時代から社名公募や、移管に関わる諸手続などは進められていましたが、正式に同社が創業したのは、従前からの予定通り同年4月26日。ですから平成に入っての事で、これはハズレでした。
リディア:一方、同社に権利を譲る側だったJR九州など、JR各社はすでに営業していた事になるわね。具体的には1987年4月1日から。昭和で言うと62年ね。
犬   :では、あとは…創業された順に見ていきましょう。
リディア:この中で最も早くからあったのは、理想科学工業株式会社なの。正確にいつの事かを知らなくても、これは正解だとわかった人も多いでしょうね。
犬   :一昨年に惜しまれつつ生産終了された、プリントゴッコのメーカーだと知っていたら大丈夫ですね。…今では一般向けの商品は扱わなくなってしまったかも知れませんが、他社なら定価やメーカー希望小売価格とするところを、同社では理想価格としているあたりに、小気味いいウィットがありました。
リディア:株式会社理想科学研究所として創業したのは1955年の1月25日。昭和30年。同社を知っていた人も、こんな早くからあったとは意外と思ったかしらね。
犬   :1963年に今の社名に改められています。なお、前身である理想社は戦後すぐ、1946年9月に創業しました。Wiki にもありますが、創業者が思わぬ理由で教職に就けなかった事がきっかけだったようですね。
リディア:次に古い会社は、ソフトバンク株式会社。1981年9月3日創業。昭和56年ね。
犬   :僕と同世代なら正解できたと思いますが、若い人達の中には、楽天やライブドアと同じ、新興IT企業の1つだと思っている人もいるのかも知れません。
リディア:創業者と、アルバイト2人で立ち上げたのに、その日のうちに2人が辞めてしまったというエピソードは、そこそこ有名かしら。
犬   :同じ年の12月に、有限会社安愚楽共済牧場、今の株式会社安愚楽牧場が創業しました。こちらはみなさん、もっと最近の会社だと思っていたのではないでしょうか。
リディア:テレビCMが目立ってきたのはつい最近の事だものね。
犬   :この次にきますのは、株式会社ガイナックス。1984年、昭和59年の12月24日に創業しています。
リディア:『王立宇宙軍 オネアミスの翼』に思い至った人は正解できて、エヴァしか思い出せなかった人はまずアウトかしら。
犬   :次は、ギャガ株式会社。…旧名はギャガ・コミュニケーションズと聞けば、おわかりになる方もいるでしょう。
リディア:国内外、幅広いジャンルの映画を配給して知られた会社よね。例えば『ハンニバル』『キル・ビル』『僕の彼女はサイボーグ』『オーシャンズ』など。
犬   :創業は1986年、昭和61年の1月28日でした。なお、最初に配給した作品は、題名だけは知る人ぞ知る『死霊の盆踊り』 「D級」という言葉が使われ始めた頃の事で、もしかすると、この映画を評して使われたのが最初かも知れません。
リディア:そして『真・女神転生』などで知られる株式会社アトラスも、同年の4月7日に創業しているわ。
犬   :同シリーズや『豪血寺一族』 セガと共同開発した『プリント倶楽部』など、同社を代表するタイトルは、平成に入ってから世に出たものですが、実はナムコの『デジタル・デビル物語 女神転生』シリーズの開発も同社が手がけていました。
リディア:昨年11月までは、ムー大陸やゲームパニックの経営もしていたのよね。
犬   :…と、ここまで一気に8社を見てきました。うち7つが正解。
リディア:今回、多かったわね?
犬   :本当はもっと、ギリギリで正解の会社か、平成元年か2年かに創業された会社を入れて、迷い悩んで頂きたかったんですが…。
リディア:誰もが知っていそうな会社ともなると、それなりに昔からあるか、ネット企業みたいな、明らかに新興の会社か、どちらかが多いでしょうからね。
犬   :微妙なラインだろうかと思われましたのが、ブックオフコーポレーション株式会社。1991年、平成3年の8月1日に創業しました。急成長した会社という印象が強くあると思われますから、ここが昭和創業だったら、いいヒッカケになったかと…。
リディア:最後のスカイマーク株式会社は、1996年11月12日にスカイマークエアラインズ株式会社として創業しているわ。これは平成8年。2006年の10月に、今の社名に改めているわね。
犬   :では改めて正解を。ソフトバンク株式会社、ギャガ株式会社、理想科学工業株式会社、株式会社安愚楽牧場、株式会社ガイナックス、株式会社アトラス、JR各社。以上7社…じゃない、7選択肢、13社が正解でした。
リディア:ところで、今回のクイズって、他にも作っていて困った事があったのではないかしら?
犬   :ああ、そうでしたねえ。理想科学が好例なんですが、ただの社名変更なのか、違う会社になったのか、そういった経緯が複雑に過ぎるので、選択肢には入れかねた会社が結構ありました。例えば、割と広域に展開しているアミューズメント企業の、株式会社ラウンドワンですね。
リディア:確かにね。昭和55年、1980年に創業した杉野興産株式会社の関係者が、株式会社ラウンドワンを平成5年、1993年に設立したのだけれど、翌年には杉野興産に吸収合併されて、杉野興産が株式会社ラウンドワンと社名を変えたの。
犬   :ですから、今のラウンドワンは創業1980年となっていますが、平成創業の旧ラウンドワンがあるんです。
リディア:あなたが時々使う、どちらか紛らわしいけれど、結局どちらも正解、という例には当てはまらないわね。
犬   :それから、株式会社ユニクロ。
リディア:これは…、複雑もいいところよね。
犬   :この社名が誕生したのは2005年の11月なんですが、この時この名に改めたサンロード株式会社は1974年創業。ですがこの会社は、それまでは全く衣料品に携わっていなかったんです。
リディア:ユニクロ1号店、広島市中区の袋町店がオープンしたのは、1984年6月。これは1963年に設立された紳士服メーカー、小郡商事株式会社が、それまでとは違う客層を獲得しようとして始めた事ね。
犬   :1号店の成功もあったのでしょう、この年に小郡商事は代替わりしています。ちなみに、先代の経営者が個人商店を興したのは、1949年の事でした。
リディア:小郡商事はユニクロ出店を続ける間、1991年に株式会社ファーストリテイリングと社名を改めたの。そしてやがて、衣料品の製造販売以外の事業も始めたのね。
犬   :医療関係がよく知られていますかね。また、事業ではありませんが、スポーツ振興や、障害者の社会進出支援などにも携わっています。
リディア:こうして多角化を推し進めていって、例の2005年11月を迎えたわけ。個人商店以来半世紀にわたって衣料品を扱っていたファーストリテイリング自体は、この時を以て衣料品事業をすっかり辞めて、子会社化していたゴルフ施設などの会社サンロードを、衣料品事業に特化させたの。
犬   :よって、株式会社ユニクロは、1974年創業という事になっています。ですからこれは、どちらにしても昭和創業だ、とは言えるんですが、ねえ?
リディア:書類の上ではそうなっているとはいえ、5年前まで別業種だった会社が基になっています、なんて、こうして説明を聞いても釈然としないのではないかしら。
犬   :少なくとも僕はそうでした。でもエピソードとしては興味深いと感じましたので、こうしてご紹介しました。
リディア:Wiki をどこまで信じるかだけど、何年か前の時点では、国内にあるユニクロは全て赤字だったそうなの。
犬   :衣料品事業では、広く支持を得た事業形態を堅持する。そのために儲けが出なくても、グループ全体で補ってみせる。05年の機構改変は、そんな宣言をしたような事なのかも知れませんね。
リディア:それでは、今日はここまでです。



posted by 負犬山禎之丞 at 16:36| Comment(0) | 朦朧堂、衒学の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]