2010年04月22日

今日の問題 「女王」

犬   :リディア先生! リディア先生っ!
リディア:あら負犬山くん。しばらく話題にしていなかったけれど、100問組み手はどのくらいまで進んでいるの?
犬   :今は89問目まできて、なお連続中のところだったかと。
リディア:やったわ! あと一歩ね?
犬   :ありがとうございます。…もっともっと慎重にやっていたら、今頃はトレーニングマイスターに認定された報告ができてたんでしょうけど。
リディア:あら、相変わらずイケイケで失敗してもいたの。
犬   :はい。10歩進んでふりだしに戻る、という感じが続いたりして。
リディア:うーん。確かに、連続数が少ないうちは、このくらいならいつでもできる、と思ってしまうかもね。
犬   :早朝サービスなどを受けた時は、特にそうですね。たくさん対戦するつもりで参加したのに、早い段階でわからない問題が出てしまうと、つい一か八かで答えちゃいますね。
リディア:宿題にするつもりなら、最後のクレジットまで、ずっとトレーニングをパスし続ける事になるものね。いったん失敗する事になっても、たくさんの問題を見た方が有益かも知れないわね。
犬   :ええ。…そういう形でのノルマ失敗だったら、諦めもつくと言うより、覚悟の上だと割り切って、心機一転できるんですけど…。
リディア:ん?
犬   :1回だけ、50問を超えたんですよ。でも…、うう…。
リディア:ほらほら、また泣いたりするんじゃありません。…何があったのよ?
犬   :写真を使った2択問題が出されたんです。片方は、走者同士で繋がれていくバトンの写真で、もう片方は、高いところに渡されたバーを、グニャッとなる棒を使って跳び越えようとしている選手のものでした。
リディア:うん。
犬   :問題の内容は、谷川俊太郎の詩は『朝の』?
リディア:……待って、その問題を間違えてしまう状況が思い浮かばないわ…。
犬   :僕もそうでしたよ。朝の棒高跳びってどんなものだ、って違和感が、かえってツボにはまっちゃいまして、つい、噴き出しちゃって…。
リディア:………あー。
犬   :ううう……。
リディア:はしたなくも出してしまった、ほんの小さな唾の滴が、狙い澄ましたかのように、棒高跳びの写真についちゃった、というわけね…。
犬   :タッチパネルって、時にはあんなものにも反応するんですね……。
リディア:それは、悲しい事故と言えるわね。泣きたくなる気持ちもわかるわ。ただ…、
犬   :どうしたんですか?
リディア:陰のウソつき超人であるあなたが言った事だから、信じ切れなくもあるのだけれど。
犬   :こんな痛いウソなんかつきませんよ! 先生は意地悪の女王ですね!
リディア:うーん。否定はできないわ。
犬   :だったら今日は、女王の問題を出します!
リディア:何が「だったら」なのよ…?

  「ご当地ソングの女王」と呼ばれる水森かおりだが、カバー曲を除く持ち歌には、
  出身地である都道府県の歌はない。○か×か。



リディア:あら、珍しく芸能の問題ね。
犬   :こうやって、単発で出題しても、あまり面白くはないかも知れませんが、実際にゲームなどをしている時に、ポンと出てくると、意外と唸りたくなるかと思ったのですが、みなさん、どうでしょうか。
リディア:水森さんは、東京都北区のお生まれ。中学生の時、千葉テレビの歌番組で優勝なさっているけれど、まあ出身地と言うなら東京都でしょうね。
犬   :Wikipedia に依ると「北区アンバサダー」に任命されているそうです。
リディア:意外な経歴をお持ちなので、レコード会社のサイトや Wiki などをチェックしてもいいかも知れないわ。
犬   :そういえば冠二郎さんは、歌手になろうと上京したものの、どうすればなれるのかわからなくて、地元出身の国会議員を訪ねたら秘書にされそうになったそうです。
リディア:あー、あの人の時代には、困った時には議員先生、という考えが普通だったのかもね。
犬   :さて。高槻やよいグローバルとでも言えそうなきっかけで歌手を志した水森さんは、1995年9月にシングル『おしろい花』でデビューなさいました。
リディア:カップリング曲は『風花海峡』 これは特定の地域を歌ったものではないけれど、二つ名がついた今にして見れば、早くも今を予感させる曲名…と言ったら言い過ぎかしら。
犬   :翌年にリリースされた2枚目のシングル『よりそい花』で、日本有線大賞「有線放送賞」を受賞されました。その後、97年と99年とに2曲を発表した以外は、年1曲のペースで出し続けていらっしゃいます。
リディア:演歌歌手としては普通のペースなのでしょうね。2002年以降は、決まって毎年4月に新曲がリリースされているわ。今年も出たばかりなのね。
犬   :最初のご当地ソングとされているのは、99年の10月に発表された『竜飛岬』です。それから…あとは、箇条書きにしましょうか。
リディア:そうね。…2曲並んでいる場合は、カップリング曲もご当地ソングだったと言う事よ?

99年10月21日『竜飛岬』(青森県)
00年9月27日『尾道水道』(広島県)
02年4月24日『東尋坊』(福井県)
03年4月2日『鳥取砂丘』『天塩川』(鳥取県、北海道)
  (カセットは12月21日リリース)
04年4月14日『釧路湿原』『秋吉台』(北海道、山口県)
05年4月6日『五能線』『野尻湖ひとり』(青森県・秋田県、長野県)
06年4月5日『熊野古道』『桂浜』(和歌山県など、高知県)
07年4月4日『ひとり薩摩路』(鹿児島県)
08年4月2日『輪島朝市』『北陸ひとり旅』(石川県、同県など)
09年4月1日『安芸の宮島』『雨の修善寺』(広島県、静岡県)
10年4月7日『松島紀行 白盤』(宮城県)
      『松島紀行 赤盤』『虹の松原』(−、佐賀県)

リディア:今年はカップリング違いで2枚リリースされたの。15周年記念だからでしょうね。それから…『竜飛岬』以降、新曲がご当地ソングでなかったのは、2001年だけ。
犬   :この他、シングル未発表のご当地ソングがいくつか。北の方から順に…、

『函館山』
『小泊風港』(青森)『男鹿半島』『三陸海岸』『岩手富士』
『信州信濃のお母さん』『信濃路』『飛騨の高山』『伊良湖岬』(愛知)
『若狭の海』『近江八幡』『天橋立』『嵯峨野巡礼』『丹後半島』
『明石海峡』『神在月』『青海島』(山口)
『鹿児島パラダイス』『心の旅路』(鹿児島)

リディア:道府県名を書かなかったものもあるけれど、大丈夫よね?
犬   :むしろ、これらが本当に、水森さんのオリジナル曲なのかどうかという点が、大丈夫じゃない気もしますが…。
リディア:あのねえ…。
犬   :いちおう「曲名 歌詞 −水森かおり」でグーグル検索して、まともな結果が得られなかったものだけをあげましたので、まあ大丈夫だとは思います。なお、『男鹿半島』は、他に3人の方が、それぞれ別の曲をリリースなさっています。
リディア:では、いちおう、ここまでをオリジナルご当地ソングだとして…、
犬   :見るからに、東京都を歌った歌はありませんね。よって正解は、○でした。
リディア:まあ、この手の、意表を突く○×問題は、○でなければ本当に面白くないからね。…とはいえ、出身地が東京都だから、意外と悩ましいのかしら。北区と限ったならともかく、東京を歌った演歌は枚挙に暇がないもの。まさか「女王」が歌っていないはずがない、と思われたりするかもね。
犬   :出身地を知っていて、曲を知らない方はいないかとも思いますけど…。でも、カップリング曲やアルバムだけの曲まで全部、となると、熱心に応援している方でもなければわかりませんか。…僕も、日曜の『NHKのど自慢』を見てクイズが閃いたから、調べてみただけですし。
リディア:失礼ねえ…。
犬   :でも、調べるまでは、ご当地ソングなんて、水森さんに限らず、演歌歌手ならみんな歌ってるものだ、なんてヒネた見方をしてましたが、こうしてリストアップして改めて見ますと、確かに他の歌手と比べたら群を抜いていそうだと思い直しました。赤白を別勘定にすると、シングル19枚のうち12枚、計18曲ですか。
リディア:アルバム曲まで含めると、オリジナル曲の半分ほどが該当するのね。でも、女王と呼ばれる理由は、もう1つありそうな気がするの。
犬   :問題文で「カバー曲を除く」と限定しましたよね?
リディア:水森さんは、去年までに、アルバムも18枚リリースなさっているの。シングルが17枚だった時点で、ね。
犬   :ご当地ソングではないシングル未発表曲が何曲かありますが、それだけのアルバム枚数を埋めるには、十分な曲数とは言えません。
リディア:水森さんのアルバムには、負犬山くんが匂わせたように、カバー曲がたくさん収められているの。…人のふんどしとか言っては駄目よ? 二つ名にふさわしく、カバー曲の9割には、ご当地ソングばかりが選ばれているのだからね。
犬   :僕の記憶に残るくらいのヒット曲だけでも、元歌手名略で『天城越え』『石狩挽歌』『青葉城恋唄』『雨の御堂筋』『襟裳岬』『琵琶湖就航の歌』『長崎の鐘』『南国土佐を後にして』『瀬戸の花嫁』『ブルーライト・ヨコハマ』『釜山港へ帰れ』『珍島物語』などなど。
リディア:それらの中には、東京を歌った歌も含まれているわね。箱崎晋一朗さんの『東京運河』 西島三重子さんの『池上線』 笠置シズ子さんの『東京ブギウギ』 高峰秀子さんの『銀座カンカン娘』など。
犬   :あと、綾瀬一美さんの『音無川』も、東京の歌だと思われます。
リディア:このように水森さんは、有名どころから、近頃では滅多に聴かれなくなった曲まで、幅広くカバーなさっているわ。その数、実に40曲以上。
犬   :『神田川』『無縁坂』『なにわの女』『あずさ2号』など、ご当地ソングと言えるかどうか怪しいものは別として、この数です。…かつて全ての道が帝都ローマに通じ、全ての漢字が康煕帝の元に集められたように、全てのご当地ソングが、女王水森かおりのアルバムに収まる日もくるでしょう。
リディア:まあ、女王云々は、私や負犬山くんが勝手に考えているだけかも知れないけれど、ご当地ソングを広く集める事を目的としたアルバム作りがなされているようだとは窺えるわね。
犬   :では今日は、現時点での日本全県唱覇状況をまとめて終わりとしましょう。
リディア:歌手名が併記されているのは、カバー曲だという事。オリジナル曲がある道府県では、カバー曲があっても省く事にしたわ。
犬   :漏れがあるかも知れませんが、その節はご容赦下さい。

北海道:『釧路湿原』『函館山』『天塩川』
青森県:『小泊風港』『五能線』『竜飛岬』
岩手県:『三陸海岸』『岩手富士』
宮城県:『松島紀行』
秋田県:『男鹿半島』『五能線』
山形県:
福島県:
茨城県:
栃木県:
群馬県:『湖畔の宿』高峰三枝子
埼玉県:
千葉県:
東京都:『飛鳥坂』西島三重子
神奈川県:『江ノ島悲歌(エレジー)』菅原都々子 他
新潟県:
富山県:
石川県:『輪島朝市』
福井県:『東尋坊』『若狭の海』
山梨県:
長野県:『野尻湖ひとり』『信濃路』
岐阜県:『飛騨の高山』
静岡県:『雨の修善寺』
愛知県:『伊良湖岬』
三重県:
滋賀県:『近江八幡』
京都府:『嵯峨野巡礼』『天橋立』『丹後半島』
大阪府:『雨の御堂筋』欧陽菲菲 他
兵庫県:『明石海峡』
奈良県:
和歌山県:『熊野古道』
鳥取県:『鳥取砂丘』
島根県:『神在月』
岡山県:
広島県:『尾道水道』
山口県:『秋吉台』『青海島』
徳島県:
香川県:
愛媛県:
高知県:『桂浜』
福岡県:
佐賀県:『虹の松原』
長崎県:『思案橋ブルース』中井昭・高橋勝とコロラティーノ 他
熊本県:『火の国の女』坂本冬美
大分県:
宮崎県:
鹿児島県:『ひとり薩摩路』『心の旅路』
沖縄県:『星の砂』小柳ルミ子

リディア:残るは17県ね。
犬   :今年秋のアルバムを、全部カバー曲にすればいけそうですね。
リディア:また無茶な事を…。
犬   :吉永小百合さんの『奈良の春日野』が入るといいですね。あと、さいたまんぞうさんの『なぜか埼玉』とか。
リディア:女王のイメージにそぐわない歌ばかりね!
犬   :女王だからこそ、ノブレスオブルージュを果たすべきです!
リディア:意味が違うわ!
犬   :…あ、バラクーダの『日本全国酒飲み音頭』を歌えば、一気に6県も埋められますね!
リディア:4小節で済まされる6県が可哀相だわ…。



posted by 負犬山禎之丞 at 20:22| Comment(0) | 朦朧堂、衒学の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]