2010年03月22日

今日の問題 「電気のブラ」

犬   :リディア先生! リディア先生っ!
リディア:あら負犬山くん。…どうしたの、またうかない顔をして。
犬   :この間、アンサーカードを筐体に置き忘れてしまったんですよ。
リディア:まったく、うっかり者ねえ。
犬   :幸い、新宿を出る前に気づきましたから、急いで設置店さんに戻って、預けられてたのを受け取れました。
リディア:よかったわねえ。あなた、カード取り戻せなかったら、何もかもお終いだものね。
犬   :はい。携帯サイトに登録してませんからね。
リディア:機種が古すぎて。
犬   :物持ちがよくてすみませんね!
リディア:あら、それじゃ、無事に見つかったのに元気がないのはどうしてなの?
犬   :設置店さんで、カードに登録した名前を訊かれまして……。
リディア:……確かに、改まって口にするのは辛そうな名前ね…。
犬   :では、口にするのが恥ずかしいクイズはこちらです。

  トリンプ・インターナショナル・ジャパンが開発した下着。

   発電するブラジャー     超軽量ブラジャー
   穿くと消えるショーツ    世紀末を乗り切るブラジャー
   WBC応援ブラジャー    ゴルフの練習ができるブラジャー
   マイバッグになるブラジャー 酒盃になるブラジャー
   婚活支援ブラジャー     暗闇で光るトランクス

リディア:あー、これって、アンサーアンサーだったら実際に出題されてもおかしくないかも。
犬   :まずは You Tube からこれをご覧下さい。1分強の動画です。
リディア:男性のみなさんは…、というか、女性でも知らなかったかも知れないわね。でも、ダイヤモンドやプラチナをふんだんにあしらったブラジャーの事、覚えていないかしら?
犬   :僕が初めて知ったのは、選択肢にも入れた「No!レジ袋ブラ」でした。ちょうど、知った翌日に、前の職場にトリンプの営業さんがおいでになっって、思い出し笑いが止まらなくなった事を覚えています。
リディア:それは2006年の「ユニークブラ」だったわね。近年では、毎年5月頃と11月頃と、年2回発表されているのよ。もちろん、一品ものの非売品。
犬   :いつ頃からユニークブラと呼ばれるようになったのかはわかりませんが、トリンプが話題作りの非売品を初めて発表したのは、1990年の事でした。最初の作品…と呼んでいいんでしょうか…、それは、1000人分の生地を使って作られたという「ザ・ビッゲスト・ブラ」でした。トップ28メートル、アンダー24メートルの巨大ブラでして……、えーと……、
リディア:どうしたの?
犬   :132Zカップ…かな?
リディア:計算しないでよ…。
犬   :確かギネスブックに載ったと聞きました。…で、それとほぼ同じ頃に発表されたのが、重さわずか8.15グラムの「ウルトラ・ライト・ブラ」でした。
リディア:サイズはわからないけれど、ちゃんと身につけられる大きさなのよ? 重さを量るのに天秤量りが使われていたのが、インパクト強かったわね。
犬   :ちなみに、ご存じの方もいらっしゃるでしょう、「ヌーブラ」の仕様にもウルトラライトというものがあるそうですが、トリンプではヌーブラに先んじて、そのようなものを作っていました。
リディア:ヌーブラは、全体が吸着素材でできていて、まあ吸盤の仕組みで固定しているけれど、ユニークブラではカップの裾に通すワイヤーに形状記憶合金を使って、人肌の温度に触れると程よく引き締まる仕組みだったの。
犬   :たぶん世界初の、ストラップもサイドもない形。全く新しい構造をしたこのブラジャーは「構造改革ブラ」と名付けられました。
リディア:割と早い時期から、時事問題に注目していたみたいね。90年代初頭の米不足を受けての「豊作祈願ブラ」とか。どのようなものかよくわからないけれど、種籾や稲藁を使ったものらしいわ。
犬   :もったいないお化けが出そうですが…。
リディア:でも、ほら、身につける部分も豊穣のシンボルだし。放浪して飢えていたスサノオノミコトに、身体から米を出して与えようとした女神の話もあるじゃない。
犬   :…あれって、お尻から出したんじゃありませんでしたっけ? それで怒ったスサノオに殴り殺されたような…。
リディア:あー…。そしたら、死体の穴という穴から何種類もの穀物が生えてきたのだったかしら。…お米はどこからだったかしらね…。
犬   :穴と言っている時点で、ブラジャーとは関係なさそうですね…。
リディア:もっとも、ブラとは言いつつも、さっきの映像のように、アンダーとセットなのだけれどね。
犬   :他にこのような時事問題、時事ネタものは、…途中で調べるのが辛くなったんで、全部ではありませんが、例えば1991年の「モーツアルト没後200周年記念ブラ」
リディア:身につけると『キラキラ星』のメロディーが流れて、全体がキラキラ光る作りだったそうね。
犬   :♪キラキラ光る〜 お胸の星よ〜
リディア:でも、瞬きしないでみんなが見てしまうかも。
犬   :見なかった事にしたくなるんじゃないかと思いますが…。なお、光る下着は他にもいくつかあります。その事はおいおい。
リディア:98年には、サッカーワールドカップの決勝リーグに初出場を決めた日本代表を応援する「ワールドカップ・ブラ」が発表されているわ。「Aカップ・Bカップ・ワールドカップ」がテーマだそうよ。
犬   :テーマは応援じゃなかったんですか……。サッカーでは、2002年の「ハットトリック・ブラ」というのもありました。左右のカップとパンツとにサッカーボールがデザインされていましたね。…キーパーでもここには触れない、という意味かどうかは知りませんが。
リディア:ちょうど、春のユニークブラが5月頃に発表されるでしょう? サッカーW杯にはいいタイミングなのよね。もしかしたら今年もこれかも。
犬   :逆に時期が合わないのが、WBCですよね。おそらくこのためでしょう、こちらの応援ブラはまだ作られていません。というわけでこれはハズレ。
リディア:野球ネタのものは、大リーグの日本人選手を応援するものや、阪神の優勝を願うもの、また祝うもの、楽天を応援するもの、と、結構あるのよ。
犬   :スポーツ系時事ネタには、貴乃花光司関の結婚を祝う「横綱ブラ」 これは景子夫人に贈呈されたそうです。さぞやお困りになった事でしょう。
リディア:それから、実際に本馬の体毛も使われた「頑張れ!ハルウララブラ」
犬   :将棋の羽生善治さんによる七冠独占を讃えた「将棋ブラ」などもありました。
リディア:将棋がスポーツ? と思うかも知れないけれど、思考力や戦略観を試す競技をスポーツと捉える文化も多いのよ。ジャパンタイムスのスポーツ欄では、チェスのタイトル戦結果も報告されるわね。
犬   :北京オリンピックで麻雀をやろうという動きもありました。
リディア:さて、将棋ブラとはどんなものかというと、両胸の合わさるところに王将の駒があしらわれていて、それに触ると、女性の声で七冠を讃えているようにも聞こえるメッセージが流れる、とか。
犬   :…採りあげられた人にとっては迷惑なんじゃないかと心配に…。
リディア:でも、羽生さんは頓着しないかと思う。
犬   :……それもそうですね。
リディア:他にも時事問題ブラは、まだまだいっぱいあるけれど、詳しい事がわからないものもあって、全ては紹介できないの。なのでそろそろクイズの解説に入るわね。
犬   :…ハズレが他に1つしかありませんので、そちらからにしましょう。「暗闇で光るトランクス」です。
リディア:ただし、光る女性用ボトムは作られたのよ。形は、まあ、三分丈スパッツに近いかしら。
犬   :ベース生地に何を使ったのかはわかりませんけどね。全体が明るい青地で、腿と腰回りとに黄色い帯がデザインされ、その中にまた青でハートが並んでいます。
リディア:そして、腰回りの帯には、蓄光素材で書かれた「LOVE」の字が隠されているの。つまり勝負パンツなのね。
犬   :いつ光を蓄えておけばいいんでしょう…。まあとにかく、今回のハズレはこれと、WBC応援ブラジャーとでした。
リディア:正解のうち、婚活ブラ、ウルトラ・ライト・ブラについては、最初の方に書いた事で言及済みとさせてね。
犬   :No!レジ袋ブラについて詳しくは、こちらをご覧下さい。…このリンク先URL、最後の方ってこれでいいんですかね。
リディア:意味が違っているような……。
犬   :そして、最初の動画では少ししか触れられていなかった「太陽光発電ブラ」についても、詳しい記事がありますのでこちらをご覧下さい。
リディア:あとは選択肢順にいくと、穿くと消えるショーツ、か。1994年に発表されたもので、…これは、全体が消えてしまうわけではないのよね。
犬   :元々のデザインは、大事なところは大人の手の平大…手首から指の付け根までくらいの大きさに、ほぼ円形に白くなっていまして、この部分と、左右に3本ずつ伸びる支え紐とは、穿いた後でも残ります。
リディア:真ん中だけを残して、紐を覆うようにして、赤い生地をハイレグ型に作ってあるの。この赤いところが、穿くと透明になるのよね。…ごめん、本当は、赤い生地ではないの。
犬   :東レが商標登録している、スウェイという素材を、ショーツ部の透明な生地の表にびっしりコーティングしてあるそうです。正しくは、「マイクロカプセル変色性色素コーティング温感変色素材」というものだそうで、温度変化に反応して変色する色素を、マイクロカプセルに入れてあるという仕組みのようですね。
リディア:次は、世紀末を乗り切るブラジャーね。…そろそろみなさんの記憶からも薄れていると思うけれど、例の「1999の年、7の月」が近づいた、同年5月に発表されたものね。
犬   :その名も「ハルマゲドン・ブラ」でした。これを身につけていれば、普段通りの街を突然の地震が襲っても大丈夫。隕石が多い日も安心!
リディア:それは下着ではないと思うわ…。まず、頭上を落下物が襲ってきたりしても、ストラップについたセンサーが感知して、警報を鳴らしてくれるの。
犬   :ですが、直撃は避けられたとしても、がれきの下に閉じ込められてしまうおそれは残ります。そんな時には胸についたシグナルライトでSOSを出しましょう。救助がくるまでは、ショーツのポケットに入れておいた水で命を繋げます。別のポケットに薬も入れておけますので、体調をおかしくしても慌てる事はありません。
リディア:……。これだと、助けがきた時に下着姿になってるって事よね…。
犬   :でももともと、がれきの下は高温になりがちですから、突起物や破片のないところを探して、なるべく軽装にしていた方がいいとも言われますよね。
リディア:それでも…、そもそも落下物センサーって、上着の下に入れていても動作するものなのかしら。
犬   :いや、そういう疑問は、太陽光発電ブラの段階で出しましょうよ。…きっとあれですよ、見せる下着とか、普段着感覚で身につける下着とかの仲間なんですよ。さて残るは2つですね。
リディア:ええと、ゴルフの練習ができるブラジャー、か。これは昨年秋に発表された、現時点での最新作よね。
犬   :正確にはパターの練習なんですけどね。詳しくはこちらを。
リディア:背中がホックの代わりにバックル状になっていて、それにキャストを挿せばパターになる作りだったら完璧だったわね。
犬   :そこまでしたら、本物のボールも備えないと…。
リディア:最後の1つは、酒盃になるブラジャー。見当はついていると思うけれど、外したパッドにお酒を注げるようになっているの。96年秋に発表されたものね。
犬   :直前まで身につけておけば、注いだお酒をほどよく温められるところが最大のウリです。製品名は「人肌ブラ・ツーカップ大関」
リディア:ウソじゃないのよ!?
犬   :名付けのセンスには舌を巻かされますよね。2005年の「就勝ブラ☆ブラにもすがる思い」とか。後半のインパクトが強すぎて見過ごされそうですが「就活」じゃないんですよね。
リディア:そうそう。でも後半はヘタレ。そして未だに就職難が続いている事も考えると笑えないわね…。
犬   :それでは今日はここまでにします。お疲れ様でした。



posted by 負犬山禎之丞 at 17:53| Comment(0) | 朦朧堂、衒学の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]