2009年10月27日

脱線できないピュアハート。

半年前、桜が満開の遊歩道を逍遙しておりました時に、ふと一句浮かびました。

  願わくば花の下にてプロデュース

……思い切り古人のパクリですね(殴)
しかも下の句がありませんね(斬)
それはともかく、PSP版アイマスがあると、その気になれば明媚絶景を楽しみながらのアイドル育成もできると気がつきました。
というか武道館だろうとドームだろうと立たせ放題ですね(笑)
…その時には、こんな事を考えついたり、まして実行したりする人は他にいないかも知れないと思っていましたよ。ええ。

ところが甘い、甘すぎた。
DSを縦に使って女子高生とムフフな人達は、当たり前のように外でのデートを楽しんでいるそうですね。
中には富士山の頂上でいちゃいちゃしたり、海外へ脚を運んで標高4000メートル超の山腹でキャッキャウフフしたり、ついには東京から北海道まで2人きりのサイクリングを楽しんだりする方まで現れたようです。エクストリーム・ラブプラスとか言って。
そのうち、駅伝しながらアイマスDSとか、実走しながら頭文字Dとか、スペースシャトル内で無限航路とか、夜の女子校で遺作とかやり始める人も出てくるのでしょう(おい)

さてさて、据置機ではエクストリームな条件プレイは望めません。
やり込み要素満載と謳うソフトならまだしも、いわゆるギャルゲーでは、追求すべき深みもそれほど用意されていません。
まあXBOX360には、やり込みの目安とも言えそうな「実績」が用意されていますけれども、それも一長一短。
全員とバッドエンドを迎える事まで、想定の内にいれられてしまっては、他にどのような変プレイが残っているのだ、と怨嗟の声も上がろうというもの(おい)
ですが、どれだけ泣こうと喚こうと、我々プレイヤーは、メーカーによって用意された柵の内から外へは出て行けないでしょう。

DGY001.jpg

そのような身分ですので、新曲というエサ(まて)は、多少なりと遊びの幅が広がるのでありがたいもの。
…まったく余談ですが、名前にイヌとつけていると、ネタ的可能性が広がるので便利ですね(おい)

『ドリームクラブ』のメイン要素は、ホストガールとの会話ですが、他にも、楽しい一時(笑)を盛り上げるため「紳士のお遊び」がいくつか。
中でも、データ量においては、会話と匹敵するかそれ以上かと思われるのが、カラオケステージに立つホストガールへの応援。まあ、音ゲーですね。
新曲も、このために配信されるものです。

Stage.jpg

『L4U!』との違いは、使うボタンが3つしかない事と、マークが1列に並んで流れてくるのではない事と。
『L4U!』のようにスコア、こちらで言う「シンクロ率」は記録に残りませません。まあゲームの主目的ではないので当然でしょうか。

カラオケステージを、オンライン対戦として行うのが、XBOX Live支店。
支店で過ごすひとときは、本店でのそれと違い、まったく料金を取られないうえ、応援の結果次第では逆に賞金が貰えます。
通常は、平日にバイトをして、週末のお楽しみ、クラブ通いの費用を稼がないといけませんが、本店へ向かう前に支店を活用すれば、資金面ではかなりの余裕…どころか、
支店には、何回脚を運んでもゲーム中の時間は進まないため、現実の時間と手間とを惜しまなければ、お金に困る事はありません。
ただし、先に書いた通り、賞金額は応援の結果次第。ビリになったら何もありません。
支店を訪ねる時刻によっては、フルコンボが当たり前の強者が揃います。そうなると、1つのミスが命取りになる事もしばしば(泣)

4TH.jpg

逆に、同率1位で並んだ場合には、全員に1位の賞金が与えられます。
ですから仲良くトップを取るに超した事はありませんし、そもそも相手を妨害したりする手段もありません。
厳密には「対戦」ではなく、自分との戦い…または譜面との戦いですね(笑)

本店で週末のひとときを過ごすための費用は、おおむね2万円弱。
支店での4人対戦で1位を取れば、賞金は2万円。十分賄えます。
ただ、CPU戦はありませんから、自分と近いタイミングで誰かが来店してくれないと、稼ぎにはなりません。
そういう不安定要素はありますが、まあミニゲームしながら稼げるのは、ゲーム中の平日に画面を眺めているだけの事に比べれば、華があると言えましょう。
平日をバイトで費やさず、他の事に充てなければ起こらない小イベントもありますから、早い話が、働いたら負け(違)

しかし、XBOX Live支店通いがやめられなくなる理由は、お金ではありません。
応援合戦に臨むたびに、指名したホストガールからの好感度が上がるのです。
…まあ、その事は次回に(おい)
posted by 負犬山禎之丞 at 17:52| Comment(4) | 朦朧堂、脱線の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
縦にしてるとばれるので電車内では横にしてやってます
やりずらくてしかたないんですがね(爆)

Posted by よーく at 2009年10月28日 04:29
なるほど。
窮状や逆境と言う意味もあるようですし、それも1つのエクストリーム・ラブプラスですね(違)
Posted by 負犬山禎之丞 at 2009年10月28日 16:53
元の下の句に、既に如月とか入ってるのがやりにくいですよね。
てことで・・・
 願わくば 花の下にて プロデュース
 二つの果実に 思わずタッチ
という感じでどうでしょう?
・・・ああ、これシモの句だった。
Posted by 鯛千代 at 2009年10月28日 23:09
近頃の若いモンは、シモネタと猥談との区別もつかんのか(おい)

とはいえ、お陰で閃きました。

 願わくは花の下にてプロデュースその如月のモチモチしてないところ

…むう、肉感は足りないのに字は余ってしまった(斬)
Posted by 負犬山禎之丞 at 2009年10月28日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]