2009年09月14日

今日の解説 「チーム名の意味」

犬   :リディア先生! リディア先生っ!
リディア:あら負犬山くん。このところ成績不振なんですってね?
犬   :はい……。最新100試合での決勝進出率が、いったんは5割を切るまでになってしまいました…。
リディア:近づかないでっ! 負け犬がうつっちゃうわ!
犬   :それが先生の言う事ですかっ!?
リディア:うそうそ、ほんの冗談三割よ。
犬   :半分以上なんですね!?
リディア:それにしてもあなた、少し前には5連勝と、10連続決勝進出とを果たしたと言っていたじゃないの。それなのに?
犬   :どうにも、好調不調の波が交互にくる状況を抜けられないんですよね。…その10連続を成し遂げた間にも、7回目くらいまでずっと52%から動かなかったって事が…。
リディア:…つまり、その100試合前に大連敗していたという事ね? 駄目な人。
犬   :先生なんですから、少しは優しい言葉くらいかけてくれてもいいじゃないですか!
リディア:そんな事をしたら、私じゃなくなってしまうわ?
犬   :それもそうですね!
リディア:では、唐突だけどクイズの解説よ?

  大リーグに現在あるチームの、名前の意味。
   アオカケス     神父
   道をきり拓く者   万国博覧会
   醸造者       ゴールドラッシュに釣られてきた者
   小熊        ショウジョウコウカンチョウ
   王         避ける者

犬   :素直に答えを書く代わりに、まずは、カタカナ英語に直してみますね。…まあ、1つはスペイン語ですが。
リディア:複数形のSは省いてもいいわよね?

   ブルージェイ    パドレ
   トレイルブレイザー エキスポ
   ブルワー      フォーティナイナー
   カブ        カージナル
   キング       ドジャー

リディア:こうすれば、アメリカンスポーツに詳しい人には、正解不正解が明らかになったのではないかしら?
犬   :僕より詳しい方もいっぱいいそうですよね。
リディア:いつも思うのだけれど、よくそれでクイズに使うわね…。
犬   :名前の意味や由来なら、なんとかできますから。…では、先にハズレ選択肢を抜き出していきましょう。
リディア:今度は、チーム名として見て行かないと駄目よね。
犬   :まず、ポートランド・トレイルブレイザーズ。これはバスケットボールのチームです。
リディア:サンフランシスコ・フォーティナイナーズは、フットボール。ロサンゼルス・キングスはアイスホッケーね。
犬   :あとの7つは、耳にした事がある名前かも知れません。いずれも野球チームの名前ですが…、この中に、もう1つハズレがあります。
リディア:かつてのモントリオール・エキスポスは、2005年からワシントンDCに本拠地を移して、ナショナルズと改名しているのよね。「現在あるチーム」と限定しているから、当然ハズレなの。
犬   :今は、合衆国以外にあるチームは1つだけなんですね。アンサーアンサーでこれを問うクイズがあった気がします。
リディア:なお、どうして「フォーティナイナー」が、ゴールドラッシュに釣られてきた者、になるかというと、ゴールドラッシュに伴う、アメリカ史上でも最大規模の西部入植が、1849年に行われた事に依るの。
犬   :開拓の進んでいたアメリカ中部、東部からはもちろん、メキシコを初めとする中米、南米、さらには、遠く流れ着いた噂だけを頼りに、ヨーロッパや中国からさえも、一攫千金を夢見て大勢が移り住んだそうです。
リディア:やがて、西部へ移ってきた人達、および彼等の子孫達の事を「フォーティナイナー」と呼ぶようになって、現代ではサンフランシスコを初めとする、西部地区に住む人達を指す、あだ名のようなものになっているの。
犬   :サラブレッドの名前にも採られた言葉です。「山師」という名の父、ミスタープロスペクターが輩出した子供達には、鉱物、鉱業に由来する名前を持つ馬がたくさんいますね。
リディア:ところで、ゴールドラッシュに「釣られてきた者」という言葉だと、あまりいい印象にはならないのではないかしら?
犬   :…ちょっと言葉が過ぎたかな、とは思ってます。ただ、使われ始めた時に、少し悪意がこめられていたのは間違いないと思うんですよ。
リディア:あり得る事ではあるわね。ゴールドラッシュ移民のほとんどは、哀れな末路を辿る事になったわけだし。…あと、昔のアメリカ人に備わっていた気質を考えてもね。
犬   :ある土地に住む人達を指すあだ名としては、「ヤンキー」とか「ドジャー」など、たくさんありますが、これらの多くが、元々は軽い侮蔑語だったと言われています。
リディア:初めは、余所の人々が使い出した言葉だと思うのだけれど…、プロスポーツチームの名前、言うなれば土地のシンボルのように使われている事に窺えるように、そのような悪い言葉を、あえて自称に使う人達も多かったようなの。
犬   :話が逸れてしまいますが…、そういう気質は、アメリカ英語に多く残っています。特にイギリス英語とは違う言葉で、同じものを指す名詞に見られますね。
リディア:例えば、英語ではリフト、米語ではエレベーター。
犬   :物も人手も足りなくて、イギリスのみたいに人様を乗せる立派なものなんかありゃしない。ただの「持ち上げる機械」だぜ、という感じです。
リディア:胸を張って卑下する気質、とでも言えばいいのかしらね。…さて「ドジャー」と言ったついでに、ロサンゼルス・ドジャースの話もしてしまおうかしら?
犬   :サンフランシスコと同じ、西海岸の都市ですね。この辺りの人達が、こう呼ばれるようになったのも、…僕が学生の頃に教授から聞いた話では、開拓時代の事だったそうです。
リディア:未整備の細い道を歩いている時、東から、物資を積んだ車が猛スピードで走ってくるたびに、路肩に転げ落ちるように飛び退かなくてはならない。そんな様子からきたあだ名だそうよ。
犬   :でも、今のチーム名は、路面電車を避ける人達、からきているそうです。ズバリ、トロリードジャースという名前だった時期もあったようですね。
リディア:これもまた、蔑みというか、おかしみというか、そのようなものがこめられたあだ名なのよね。
犬   :同じロサンゼルスでも、ホッケーチームは、アメリカにはいない王様。大きなギャップがありますねえ。
リディア:また、シカゴ・カブスも、命名されたきっかけは、あまり印象のよくない事柄にあったの。
犬   :1900年には、アメリカのプロ野球団は、ナショナルリーグの8球団だけでしたが、1901年にアメリカンリーグが発足し、球団数も一気に倍になりました。
リディア:それまで独立リーグのように興行していたのが、ナ・リーグに挑戦状を叩きつけたような経緯だったから、いきなり新たに8球団が誕生したわけではなかったの。でも、肩を並べるためには、それまでより優れた選手が必要でもあったのね。
犬   :ナ・リーグ各チームも黙ってはいませんから、この1901年以降の数年間に、激しい引き抜き合戦が繰り広げられました。1898年以降、オーファンズと名乗っていたシカゴの球団は、この流れに乗り遅れてしまったようなのです。
リディア:どうして「孤児」なんて名前がついたのかも気になるところだけれど…、それはともかく、オーファンズからはベテラン選手が軒並み引き抜かれてしまって、若く経験の浅い選手ばかりが残ったチームになったそうなの。
犬   :そんな有様を、カブスと喩えた人がいたようです。
リディア:カブスカウト、という組織は聞いた事があるかしら? ボーイスカウトの中でも、小学5年生以下の児童達が属するものよね。
犬   :カブ、には、もともと「幼い者」というニュアンスがあるようです。小熊の他にも、いくつかの大型肉食獣の子供を指すそうですね。タイガーカブとか。
リディア:転じて「見習い」などの意味でも使われるようになったの。…だから、若手ばかりの球団を、カブスと揶揄する声も出てきたのね。
犬   :カブスと呼びだしたのは、地元シカゴの新聞記者だったそうです。ところが、これも地元紙上で、新しい球団名を公募したら、カブスの名前が大人気。
リディア:ここからは推察混じりだけど…、オーファンズの前にはコルツ、仔馬と名乗っていたのよね。だから、小熊の意味もあるこの言葉も、それまでの名前と同じく、若々しさを感じさせるところが好まれたのかも知れないわ。
犬   :こうして、皮肉混じりにつけられたあだ名が、意味を変えて正式に採用されたのだそうです。
リディア:さて、残りのチーム名も紹介していきましょう。
犬   :トロント・ブルージェイズは、トロントがあるオンタリオ州の州鳥から採られました。
リディア:セントルイス・カージナルズも、ミズーリ州の州鳥に由来しているの。
犬   :ミルウォーキー・ブルワーズは、本拠地がアメリカ国内でも有数のビール産地である事に因んでいるそうです。
リディア:サンディエゴ・パドレスは、18世紀にこの土地のキリスト教化を進めたスペイン出身の神父、フニペロ・セラに因んでつけられた名前ね。
犬   :…以上ですね。では、今日のクイズです。

  大阪駅に停車する特急列車
   サンライズ出雲・瀬戸(上り) はるか
   びわこエクスプレス      はまかぜ
   サンライズ出雲・瀬戸(下り) 北陸
   タンゴディスカバリー     タンゴエクスプローラー
   オーシャンアロー       文殊

リディア:関西以外のみなさん、責めるなら負犬山くんよ?
犬   :…もとより先生に文句つける人なんていませんよ。後が怖いし。
リディア:ん?
犬   :…ごめんなさい。今も怖いし。
リディア:それでは、負犬山くんにおしおきするので、今日はこれまでです。
犬   :僕も大急ぎで逃げますので今日はこれまで!


解説編へ          
朦朧堂・衒学の間 目次へ  

posted by 負犬山禎之丞 at 20:34| Comment(0) | 朦朧堂、衒学の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]