2009年08月11日

今日の解説 「時差」

犬   :リディア先生! リディア先生っ!
リディア:あら負犬山くん。…なんだか、久しぶりにニヤニヤしてるわね。
犬   :だって、リディア先生の過去を知っちゃいましたから!
リディア:…ああ、実力テストに新テーマが追加されたから、かしら?
犬   :はい。ライフスタイルでは「パソコン」でした。N−BASICを使った事もあるこの僕に、うってつけと言わざるを得ません!
リディア:そんな古いの、出題されないわよ…。ええと、無印だから、PC-8001?
犬   :ええ。従兄に触らせてもらっただけですけどね。
リディア:ホ、ホモ!?
犬   :パソコンに触らせてもらったんです!
リディア:負犬山くんの過去を知ってしまったわ…。
犬   :そんな過去ありませんから! …しかし、リディア先生にも、4歳の頃があったんですねえ…。
リディア:当たり前でしょう。
犬   :さすがの先生も、この頃は無邪気で…と思ったら、ある意味、今も無邪気だったとは…。
リディア:……何が言いたいのかしら?
犬   :い、いえいえいえいえ何でも…。先生は、この頃の夢に向かって、まっすぐに生きてこられたんだなあ、と。
リディア:うん。そういう事ならよろしい。
犬   :2000年以上も。
リディア:そんなに歳じゃないわよ!
犬   :え? だって、東方三博士に救い主の誕生を教えたんですよね?
リディア:いっそ認めたくなるくらい、派手な嘘ね!?
犬   :モーゼに十戒を授けたのも先生でしたよね?
リディア:神様じゃないんだから! しかもそれって、2000年前どころじゃない時代のはずよ!?
犬   :エヴァに知恵の実の食べ方も教えましたよね?
リディア:悪魔でもないから! それに、人類の始まりまで遡ってるし!
犬   :ライフスタイルが乱れていたソドムとゴモラとにお仕置きしたのも。
リディア:大天使でもないわよ! だいいち、もう時系列がぐちゃぐちゃになってるじゃない!
犬   :じゃ、そろそろ、各地の正しい時間のお話を始めましょう。
リディア:無理矢理すぎるわ!!

  日本の真南に位置するオーストラリアには、日本と時差のない地域もある。
  ○か×か?
  なお、サマータイムなどは考えないものとする。

リディア:まずは、時差の仕組みについて、大雑把に説明しましょう。…ロンドンのグリニッジ天文台を、経度0度とし、そこでの時刻をグリニッジ標準時としている事は、みんなも知ってるわよね?
犬   :これは、大雑把に言いますと、グリニッジで太陽が子午線上に到達する時刻の年間平均を正午とするものです。詳しくはWikiか何かでお調べ下さい。
リディア:1972年の元日からは、「協定世界時」というものに替わっているのよ。
犬   :グリニッジ標準時の、ある日時を起点として、原子時計を用いて測定した、客観的普遍的な測時法と言えばいいでしょうか。
リディア:いずれにせよ、経度0度を基準とする事に変わりはないの。経度15度ごとに、協定世界時に対して1時間の違いが生じ、毎15度の経線から東西7.5度ずつの範囲が、同じ時刻帯とされるの。
犬   :ロンドンより東の地域では、協定世界時より早く、西の地域では遅くなります。
リディア:早い時刻帯はUTC+、遅い時刻帯はUTC−と記されるの。ロンドンとの差がもっとも大きくなるのは、経度0度の裏側である、経度180度付近。180÷15で、UTC+12となるわね、理論上は。
犬   :時刻帯の数は、地球を1周する間に24あり、そのうち、プラスとなるものが12、プラマイゼロのものが1ありますから、マイナスとなる方は11帯。UTC+12と、UTC−11とは、隣り合っていながら、ほぼ丸1日の時差が生じる事になりますから、両者の間を日付変更線と呼んでいます。より正しくは、国際日付変更線ですね。
リディア:用語をもう1つだけ。時刻帯などに従って、国や地域が定めた時刻を、標準時と呼んでいるわ。
犬   :協定世界時導入以降は、グリニッジのものも、役割の上では各地の標準時と同等のものとなっています。まあ今なお、特別視されるのは当然ですけどね。
リディア:…これらが、基本的な考え方よね。だけど実際には、便利さが優先されているから、経線を境にきっちり時刻を違えている場所は、ほとんどないの。
犬   :例えばドーバー海峡。東西の長さも、経度15度分はありませんし、南北に至っては、泳いで渡る人もいた程度の幅ですよね。ところがこの両岸では1時間の時差があります。
リディア:それから、例えば…、東経90度を中心とした時刻帯では、ロンドンより6時間早い事になるはずよね。この範囲に位置する国としては、ミャンマーやネパール、インドの東部、中国西部などがあるけれど、実際にUTC+6を標準時としているのは、バングラデシュ、ブータン、そして、国土のほとんどがこの時刻帯より西にあるカザフスタン、および、カザフスタンに隣接する、ロシアの一部。これだけなの。
犬   :ミャンマーは世界時より6時間30分、インドは5時間30分、早い事にしています。ネパールは5時間45分と、かなり細かな違いまで考慮しています。
リディア:このように、想定された時刻帯と、実際の標準時とに違いが生じているのは、その国や地域で、いちばん主要な都市で計られたからよね。
犬   :日本では律儀に、15の倍数である東経135度上の都市、明石を基準都市に定めました。ですが、他の多くの国と同様にして、首都東京を基準にしていたら、20分ほど早くなっていたはずです。…でも、時刻帯自体に幅があるから、そうはならないか。
リディア:まあ、日本のように、東西に20度分ほどの幅しかない国ならともかく、国によっては、標準時を慎重に定めないと、特に日の出や日没の頃に困る事にもなりかねないわよね。
犬   :西の方では7時になっても日が昇らない、では困りますよね。…実際のところ定かではありませんが、そんな事情に依る例もあるかも知れません。
リディア:このように、協定世界時との関係をどうするかは、国や地域の裁量に任されているの。自由さをもっとも発揮したと言える国は、太平洋のほぼ真ん中に位置するキリバスね。
犬   :近隣のミクロネシアやマーシャル諸島と同じく、小さな島々からなる国です。国土面積は730平方キロメートルで、日本と比べると約518分の1しかありませんが、領海とする範囲は、西は東経168度付近、東は西経150度線にまでおよびます。Wikiによると、排他的経済水域の広さは世界で3番目だそうですね。
リディア:東西の経度を見れば、気づくと思うけれど、かつて、この広大な領海は、日付変更線の西と東とに分かれていたの。
犬   :諸外国の植民地、あるいは自治領だった間は、それでもよかったのでしょう。しかし1979年に1つの独立国になってからは、何かと困ったのではないかと思われます。
リディア:だから1995年に、キリバスは日付変更線を大きく東へ動かしたの。
犬   :実は、日付変更線さえも、ある組織がこうと定めたものではなく、周辺の国々が自由に引き直してよいものだそうです。
リディア:東西に広い国だから、キリバスは標準時を3つ定めてはいるけれど、領内の西側と東側とで、丸1日違ってしまう事はないようにしたのね。…ところで、さっき書いたように、キリバス領の最東部は西経150度。
犬   :UTC+12となる経度180度線より、30度離れましたから、さらに2時間早い計算です。こうして、想定上はあり得ない、UTC+14という標準時を採用した国が誕生しました。トンガ王国もUTC+13を採用していまして、どちらが先に変更したのかはわかりかねるんですが。
リディア:余談だけど、キリバス最東部は、ハワイ諸島や仏領ポリネシア西部と、だいたい同じ経度なの。この両地域ではUTC−11が標準時。だから、キリバス東部で日付が変わった時、ハワイなどではまだ2日前の23時なのよね。
犬   :余談ついでに…。日付変更線改定によって、ある意味「東の果て」となったカロリン島は、それから5年後の観光特需を見越してでしょう、ミレニアム島と名前を変えました。
リディア:経度がほとんど一緒の「クリスマス島」というのもあるけれど、これは観光目的で変えられたわけじゃなくて、かつてクック船長の船団によってクリスマスの日に発見された事から名付けられたそうよ。
犬   :…さて、そろそろクイズの内容に触れていかないとなりませんね。
リディア:先に正解を言っちゃうと、×。オーストラリアには、日本と標準時を同じくする地域はないの。
犬   :離島は考えないものとして、オーストラリアには3つの標準時があります。まず東部、すなわちクイーンズランド、ニューサウスウェールズ州、ヴィクトリア州、タスマニア島、および首都特別区が、UTC+10。
リディア:西部すなわち西オーストラリア州が、UTC+8。
犬   :そして、概ね東経130度から140度の間が中央部。ノーザンテリトリーと、南オーストラリア州と、です。
リディア:この経度を日本に当てはめてみると、だいたい佐賀市から千葉市くらい。…そうそう、肝心の、日本の標準時はUTC+9よ。
犬   :オーストラリアが標準時制度を採用した当初、中部標準時は、今の日本と同じUTC+9だったそうです。しかし後に、30分進め、UTC+9.30とする事を決定しました。
リディア:おそらく、中央部で最大の都市、南の沿岸部にあるアデレードで計ったものに直したのでしょうね。
犬   :オーストラリアで135度線上というと、南部北部はともかく、中央部ではシンプソン砂漠を貫いていて、ほとんど無人だと思われますね。
リディア:100キロと少し西を、縦貫道路が通っているけれど、そこを考慮しても、南部の大都市と比べれば、人口ではお話にならない程度だと思うの。だから、30分でも調整された標準時の方が、有用に感じる人が多かっただろうとは言えるわね。
犬   :まあ、この変更には、今に至ってもなお、オーストラリア国内でも批判的意見があるそうです。一方で、東部に位置するものの、他の東部諸都市より、アデレードとの結びつきが強い都市が、単独で中部標準時に合わせた例もありますね。
リディア:解説…というより、推察が多くなっちゃったけど、このくらいでいいかしら?
犬   :なお、日本と時差のない国や地域はどれだけあるかと言いますと、まずはインドネシアの、スラウェシ島とニューギニア島との間。東ティモール。北へきてパラオ。グッと北上して韓国、北朝鮮。そしてロシアの、レナ川流域など。以上です。北朝鮮との時差を問う問題がアンサーアンサーにありますね。
リディア:さて、今日のクイズは何かしら?
犬   :例によっての積み重ね。ジャンルは…趣味・雑学、かなあ…。

  東京書籍の出版物。
   江戸川乱歩小説キーワード事典  理科年表
   なぜ月曜の朝はつらいのか?   ロマンシア 必勝ガイドブック
   工場萌え            焼肉手帳
   怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか ねこ耳少女の量子論
   戦国ラブ ガイドブック      天文手帳

リディア:英語の教科書で『NEW HORIZON』を使っていた方は、どれくらいいるかしら。
犬   :『新しい○○』の出版元、東京書籍の名は、誰もがどれかの科目で一度は目にしているでしょう。…そうでもないのかな?
リディア:でも、上にあげられた書籍のいくつかを初め、一般に流通しているタイトルもたくさん出しているの。
犬   :選択肢に入れたもののいくつかは、僕が実際に店頭で手にとって、出版社を見て目が飛び出そうになったものもあります。…それでこの問題を作った次第ですが。
リディア:…まあ、東書のホームページでもチェックされちゃったら、正解はバレバレなんだけどね。
犬   :日テレからフリーになった、福沢ジャストミート朗が書いた話術本なんかもあって、腰が抜けそうになりました。
リディア:朝の第一声は「ファイヤー!」とか書いてあるかも知れないわね。
犬   :まさか。…まさかだよね? そうだよね?
リディア:では、謎を残しつつ、今日はここまでです。


解説編へ          
朦朧堂・衒学の間 目次へ  

posted by 負犬山禎之丞 at 22:08| Comment(2) | 朦朧堂、衒学の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はーい ニゅぅ−ホライズンですた〜 つか横浜市民のおいらに教科書問題振るとか〜
Posted by よーく at 2009年08月13日 23:15
同じブランドでも、年月を経てキャラの入れ替えがあったみたいで…。
スカンクに負けるフライデーとか、ナンシーの騙されっぷりとかが好きだった(通じるかどうか考えてない)

例の教科書は、おそらくセンター試験に対して為す術がないんだろうなあ…。
Posted by 負犬山禎之丞 at 2009年08月14日 04:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]