2009年04月21日

今日の問題 「頭字語」

犬   :リディア先生! リディア先生っ!
リディア:あら負犬山くん。最近の調子はどう?
犬   :ブロンズプロの身でSリーグにいると、いろいろと痛くて敵いません!
リディア:それはそうでしょうね。うっかりすると、クイズ力が増えないで減る一方だものね。
犬   :SSリーグでも、決勝に残れないと減ってしまいますけど、Sリーグではそれが、ごっそり持って行かれるって感じにまで減らされますね。
リディア:それはそうとあなた、プロアンサー昇格の報告もなしに、いきなりブロンズなのね。
犬   :すみません。途中までは書いたんですけど、仕上げられないまま放っておくうちに、時宜を逸してしまいました。
リディア:まあ、プロテストはそれほど難しくはなかったでしょうけど、ブロンズだと結構のしかかってきたんじゃない?
犬   :ええ、5回中3回決勝進出が、4回進出になっただけではありますけど、ブロンズの場合、1回落とすと後がなくなるわけで、…もうテスト開始時から心臓バクバクでしたよ。
リディア:そして、プレッシャーに耐えかねて初戦から自滅、と。
犬   :失礼な! いちおう3連勝で、ストレートにリーチかけましたよ!
リディア:3連勝?
犬   :…ごめんなさい嘘でした。3連続2位でした。
リディア:本当に勝負弱いわね…。
犬   :そして迎えた4戦目で、相手3人がシルバープロで揃った時には泣きそうになりました…。
リディア:あーらら。
犬   :しかも全国トップテンと、ジャンルランカーとがいました…。
リディア:でも、そこで奇跡の優勝を遂げて、見事昇格を果たしたのね。格好いいわあ。
犬   :ごめんなさい当然のように負けました。
リディア:うん。わかってた。
犬   :ですよねー! …くっ。
リディア:そして意気消沈の余り次も落としてあえなく不合格に。
犬   :なりませんでした! …いや、なりかけましたけど。逆転ラウンドの早押しクイズ、3問目を終えて、2位と5点差のビリでしたから。
リディア:あらあら、本当に奇跡の大逆転を予感させる状況じゃないの。
犬   :ええ、それはもう。…昇格決めたウイニングアンサーは、当分忘れないと思いますね。
リディア:どんな問題だったのかしら?
犬   :親子でダービー馬。父はタニノ…
リディア:はいはい、あなたはそこでわかって当然ね。…あら?
犬   :どうしました?
リディア:よく考えたら、単独正解しても4点よね? 5点差、って…。
犬   :3位と1点差だった2位が勝負をかけにきて、…たぶん、痛恨のミスタッチだったんでしょうね。「ウホ」って…。
リディア:きっとアンサー名は阿部さんね?
犬   :酷いなあ…。まあ、そんな事もあって、なんとかブロンズプロになれましたんで、これからはアカデミーに力を傾ける事になるかと思ったんですがね…。
リディア:いやいや、傾けてよ。
犬   :僕が寄る店の回線が弱いのか、それとも時間帯が悪いのかわかりませんけど、トーナメントでの対人率がずいぶんと低いんですよね。
リディア:あらあら。
犬   :ドラゴン組で準決勝まで進んだのに、魔法石10個だった事もありましたよ。これだとちょっと、やる気が高まりませんよね。
リディア:そんな様子だったら、1人用モードの、実力テストの方が、効率がよくないかしら?
犬   :テストですと、確実に予習を3回できますし、A判定取れる科目なら、魔法石20個も確保できますからね。実際、上級1級まできたところでのプレイ履歴は、トーナメント30回、テスト20回ですね。…とまあ、愚痴を言い出すときりがなくなりそうですし、今日はここで僕のクイズを出して、お開きにします。
リディア:あら、今度は何を積み重ねるのかしら?
犬   :いえ、今日は四択です。ジャンルは、アカデミーなら文系学問、アンサーアンサーでは語学・文学って事になりますかね。

  Acquired Immune Deficiency Syndrome→AIDS のように、複数の単語からなる
  言葉の中から、頭文字だけを抜き出して並べたものが、単語のように発音されて
  できた新語を何という?

   1:アクロニム    2:パングラム
   3:マラプロピズム  4:バクロニム

リディア:これはまた、渋いところから持ってきたわね。
犬   :英語圏ではアナグラムと同じくらいに知られた言葉らしいんですが、僕達ではほとんど知られていないんじゃないかと。
リディア:文字と音との繋がり方が、日本語と他の言葉とで、かなり違うせいでしょうね。
犬   :今回こうしてクイズにしたのは、読者のみなさんにも知って欲しいからではなく、僕が大学で習ってからこの方、どうしても覚えられないんで、まあメモ代わりという事で。
リディア:………。


解説編へ          
朦朧堂・衒学の間 目次へ  

posted by 負犬山禎之丞 at 21:39| Comment(0) | 朦朧堂、衒学の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]