2009年02月13日

今日の解説 「ポール牧」

犬   :リディア先生! リディア先生っ!
リディア:あら負犬山くん。…どうしたの? 神妙な顔をして。
犬   :タイトー系列店が値上げに踏み切ったじゃないですか。
リディア:そうね。1クレジット120円のようね。でもあなたの主なテリトリーは対象になっていないでしょう?
犬   :今回、数あるタイトー系列の中で、サンプル店としてたまたま数店が選ばれただけの事でしょう。遅かれ速かれ、同系列は全店で導入するのだと思いますよ。僕がよく使う新宿東口も含めて。
リディア:なるほどねえ。…不満なのかしら?
犬   :いえ、値上げそのものには特に。むしろ端銭が必要になる事によって、連コインの抑制にもなるかも知れないと思ってます。…ただ、僕が頼りにしているモーニングサービスって、いわば店公認の連コインじゃないですか。
リディア:まあ、そうよね。
犬   :店員さんを呼んで、コインを入れるところを確認してもらって、それから倍付け操作をしてもらう…。この手順だと、100円玉5枚と10円玉10枚を用意して、入れて、って、結構な手間になると思うん
リディア:100円玉6枚で済むじゃないの。
犬   :…………。
リディア:……もしかして、本当に気づいてなかったとか?
犬   :はい……。
リディア:そもそもあなた、同じサービスをしている別の店で、100円玉20枚入れた事があるでしょう。今さら手間だとかどうだとか言ってもねえ。
犬   :その時1回だけしかしてませんから勘弁して下さい…。あと、それは結果の出なかった競馬検定という古傷にも触れますので黙ってて下さい…。
リディア:はいはい。それじゃ、話題を変える意味もこめて、前回の解説を始めましょう。
犬   :はい。いちおうヒントを再掲しますと…、「ダダーン! ボヨヨンボヨヨン」「一時は曹洞宗の住職も務めた」「ラッキー7」「指パッチン」 …まあ、第4ヒントでわからなければ、勘で答えるしかない問題ですね。
リディア:3番のポール牧さんが正解よね。
犬   :他のヒントを、後の方から説明していきますね。ラッキー7というのは、関武志さんと組んで、1965年から19年間続けた漫才ユニットの名前です。関さんがツッコミでポールさんがボケだったと覚えています。
リディア:次のヒントは…。ポールさんのお父さんがお坊さんだったのよね。
犬   :50歳を過ぎて自らお寺を興し、芸能、講演活動と並行して住職をなさっていました。ただ、お寺はあまり上手く行かなかったようで、後にまた還俗しています。
リディア:…最後に残ったボヨヨンボヨヨンは…、これ、私も訊きたいのよね。
犬   :栄養ドリンクのCMだという事はいいですよね? その演出をポールさんが手がけたんです。
リディア:…本当に?
犬   :はい。民放の番組でポールさん自身も言及してました。確か、レジー・ベネット選手を見ての第一印象がボヨヨンボヨヨンだったとか。
リディア:……。
犬   :解説はこんなところでしょうか。
リディア:ところで、誤答の中に植木等さんを入れたのは、ポールさんと同じで、お父さんが住職だったからでしょう?
犬   :はい。植木さんは浄土真宗でしたね。『スーダラ節』の歌詞を渡された時に、仮にも僧侶の息子が、こんなふざけた歌を歌っていいものかどうか真剣に悩んだというエピソードは、NHKの番組でも紹介されたはずです。
リディア:悩んだ揚げ句に、お父さんに相談したら、「わかっちゃいるけどやめられねえ」は親鸞聖人が残した言葉に近い、と諭されたので決断できたそうね。
犬   :酒飲みや博奕が、よい事ではないとわかっていてもやめられない。そのように、自力では善い人になれない「悪人」こそ、阿弥陀仏の加護にすがりなさい、というのが他力本願という考え。阿弥陀仏はそのような人達をこそ、救済の対象にしているのだから、本来対象から外れている善人でも往生を遂げられるなら、悪人も遂げられるのは言うまでもない。というのが悪人正機説ですよね。
リディア:悪人、の定義は、本当はもっと複雑だけどね。…それじゃ、そろそろ今日の問題のお時間かしら?
犬   :…うー。
リディア:どうしたの?
犬   :いい加減、解説しなきゃ駄目だろうと思って書いたはいいんですが、次に出すクイズに困ったりしちゃったり何かしてたりして…。
リディア:今のは誰の真似でしょう、とかは?
犬   :クイズになってません! …うーん、アンサーアンサーの既存問題と被りそうですが、こんな積み重ねクイズでよろしくどうぞ。

  19世紀の出来事。
   オスマン=トルコ帝国滅亡 日英同盟締結
   科挙廃止         ナポレオンのクーデター
   アムンゼンの南極点到達  カメハメハ王のハワイ統一
   シベリア鉄道全通     ムガル帝国滅亡
   『吾輩は猫である』連載  『最後の授業』発表

リディア:いいのかしら? こんなクイズ出して。
犬   :解説がめんどくさそうです…。


解説編へ          
朦朧堂・衒学の間 目次へ  

posted by 負犬山禎之丞 at 22:07| Comment(2) | 朦朧堂、衒学の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えーと、広川太一郎?
ゲキレンジャーに(声で)出てきた直後だったので、訃報には驚きました。
あと全然関係無いですけど、『吾輩は猫である』って今だとBL本っぽいですよね。
Posted by 鯛千代 at 2009年02月15日 03:32
猫ひろしって芸名はソレ系統の由来なんでしょうかね。どんな方なのか見た事もありませんが(おい)

広川氏は、時々「つんつん〜」と挟みますが口調はデレデレなのでツンデレだと思います(それもおい)
Posted by 負犬山禎之丞 at 2009年02月15日 04:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]