2009年01月30日

登録したかったけれど。

犬   :リディア先生! リディア先生っ!
リディア:あら負犬山くん。あなたはこの金のあまのじゃくかしら、それともこの銀のチキン野郎かしら?
犬   :どっちもですっ!
リディア:なんて欲張りなのかしら!
犬   :タイトル獲得しちゃったんだからしょうがないでしょう…。
リディア:あまのじゃく超人で、チキン野郎偉人なのね。
犬   :チキン野郎じゃなくて、チキンレースですっ!
リディア:正解の見当もつかない時は、ライバルのうち2人目がボタンを押したら即反応、それがいちばんポイント効率がいい。…とか考えてる時点でチキン野郎だわ。
犬   :うう…、そう言われると返す言葉がありませんけど…、そんな人聞きの悪いかも知れないタイトルばかり引き合いに出さなくてもいいじゃないですか…。
リディア:そう? 他には…連想が銀なのね。なんていやらしい。
犬   :妄想じゃありませんからっ! …多答積み重ねクイズでも銀、偉人のタイトル取ってますよ? コツコツと地道に、こう…。
リディア:賽の河原みたいよね。
犬   :どうしてそうなるんですかっ!? ある意味偉人的な連想力ですね!
リディア:だいいちあなた、積み重ねクイズで勝つ時って、まったくわからないから適当に1つだけ選んでみたら、ライバルがみんな自滅していったケースばかりじゃない。
犬   :…ばかり、は心外ですが、やたら多いのは認めざるを得ません…。アイドルマスターでも、対人戦になるとその傾向があったんですよね…。
リディア:死神超人のタイトルをあげるわ。
犬   :キン肉マンに出てきそうですね!
リディア:あと、積み重ねクイズなのに、あまのじゃくクイズと勘違いして、1つだけ選んで満足する癖は直しなさい?
犬   :うわああん! 痛いところ突かれた!
リディア:それから…、サバイバル偉人なのね。生活力ないのに。
犬   :先生が苛めるう!
リディア:あとは…、格が下の方になって、テクニカル職人ね。テクニックないのに。
犬   :待って下さい、何の話ですか!?
リディア:女性にそういう事を言わせようとするから、テクニックがないって言われるのよ。
犬   :いや、あの、著しく話が噛み合ってないと思います。
リディア:…それにしてもあなた、早押し系の形式は無冠なのね。
犬   :自分でもその辺は覚えてないんですが、確かビジュアルクイズでは職人になっていた気がしますけど…、肝心の早押しクイズではタイトルマッチすら未経験ですよ。
リディア:早押し、連想、テクニカルの3つは、1試合のうちに、予選と決勝とで2回やる可能性があるのだし、勝率を稼げるはずなのにねえ。
犬   :いや、2回あるから余計に下がるんですよ。
リディア:……。
犬   :……。
リディア:ま、まあ、代わりにカード奪取クイズを頑張ればいいのよ。
犬   :…とっくに大きく負け越してます。
リディア:……。
犬   :というか、決勝で選ばれる4形式のうち、辛うじて勝ち越してるのが連想だけです。
リディア:だったら、予選で頑張ればいいのだわ!
犬   :慰めになってません! …まあ、奪取クイズに限っては、得意でもないのに、好きだから選んでしまうんで、自ら進んで勝率を下げているとも言えますけどね。
リディア:では、奪取マニアのタイトルをあげるわ。
犬   :…なんか、遊び感覚でひったくりとかやってそうですね…。
リディア:それにしても、決勝の形式で大きく負け越してるのだったら、当然、優勝より2位の方が多いって事よね?
犬   :はい。優勝が60回くらいで、2位が80回くらいだったと思います。
リディア:…勝負弱いわね。…くらい、というのはどういう事?
犬   :手元に記録が残ってないんで、ゲーセン行かないと正確なところがわからないんです。
リディア:携帯サイト登録したらどうかしら?
犬   :ああ、考えはしたんですよ。データ閲覧はともかく、問題を作って投稿できる事に惹かれまして。
リディア:ああ、トレーニングの最初に出される問題ね。
犬   :○×または2択、あるいは3択に限られるみたいですけど、でもそういったシンプルな形式にこそ、妙味のある問題があるんですよね。
リディア:マニアックになり過ぎない面はあるわね。
犬   :アカデミーでも、思わず唸らされる問題が多いのは○×などでしたね。「JR奈良線は奈良県内を走っていない」とか。
リディア:へえ。…それで×だったらクイズになってないけれど。
犬   :検定試験だと、そんな妙問もイライラの元でしかなくなってしまうのが残念ですね。…まあ、そうして誰かを唸らせるような問題が作れたらいいな、と思ったんですよ。採用されればレアタイトルもらえますし。
リディア:なかなか乗り気じゃない。
犬   :で、携帯からアクセスしてみたら、機種が古すぎて非対応。
リディア:……。
犬   :ですので、いずれここで発表しようかなと思いました。
リディア:ふーん。また競馬だの鉄道だので、凝り固まった問題ばかり作っちゃうんでしょう?
犬   :なるべく他のところから持ってこようと試みた結果、まったくはかどってないんでいずれはそうなるのではないかと。
リディア:おやめなさい。
犬   :とりあえず、こんな問題どうでしょう。

  北海道、夕張川の支流として実在するのはどれ?
   1:ウカバレナイ川
   2:ヤリキレナイ川
   3:ムクワレナイ川

リディア:んー、まあ、地味に有名な事だし、クイズとしてちょうどいいかも知れないわね。
犬   :開拓時代には荒れ川だったそうですね。それで、もともとアイヌの人達が使っていた名前を、入植した和人がもじったのが始まりらしいです。
リディア:へえ。完全にアイヌ語由来のものではなかったの。
犬   :この事は、つい最近になって知ったんですが、川そのものは15年くらい前に知りました。…ボクが見てきた100メートルほどの部分では、水嵩もほとんどなくて、荒れ川の面影はどこにも見えませんでしたけどね。
リディア:……行ったのね。さすがC級観光職人だわ。
犬   :では、正解は次回に。…こうすると記事の数も稼げて一石二鳥ですね。
リディア:…。


解説編へ          
朦朧堂・衒学の間 目次へ  

posted by 負犬山禎之丞 at 21:00| Comment(0) | 朦朧堂、衒学の間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]