2016年03月29日

3/22〜3/28のアイドル達。

先週の結果。
3/22
浦和 11R 3枠3番 ミキノブルーグラス 11頭立て1番人気1着
園田 4R 7枠10番 アミーラ      11頭立て7番人気5着
3/24
園田 11R 5枠5番 マコトヴォカシオン 10頭立て7番人気4着
3/26
阪神 10R 1枠2番 ミキノハルモニー  16頭立て8番人気3着
阪神 3R 3枠6番 ピカピカシャチョウ 16頭立て13番人気14着
3/27
高知 3R 5枠5番 ミキノジュウゴヤ  12頭立て8番人気5着
      8枠11番 ガンバレシャチョウ     9番人気9着
中山 6R 2枠3番 ミキノドラマー   16頭立て14番人気8着
中山 8R 1枠1番 アミーキティア   15頭立て1番人気1着
阪神 9R 3枠3番 ショウナンアズサ  8頭立て7番人気8着
中京 7R 7枠13番 マコトグナイゼナウ 18頭立て8番人気14着
3/28
川崎 10R 7枠9番 アミザクラ     12頭立て12番人気12着

ミキノブルーグラスはこれで7勝目。昨年11月13日に勝ってから約4ヶ月、7戦ぶりの事でした。
その勝ち鞍がC1の一組であげたもので、その後は同組やB3クラスの馬とも戦う地位に定着したために苦戦もしたようですが、それでも掲示板を外したのは1回だけでした。今回はB3の一組でも人気に応えて勝ち、力がしっかりしてきた様子が見えます。
5歳ですがまだ伸びしろがあるのかも知れません。

アミーキティアは、実に新馬戦以来、1年5ヶ月ぶりに勝ち星をあげました。
勝てなかった10戦を振り返りますと、着順が2桁になったのは1戦だけのようで、そのレースでも勝ち馬との差は0.7秒。勝ち負けするには足りないなりに、常に安定して力を出せる馬だったようです。
昨年10月末、そのレースでも着差だけ見ますとそれまで通りと言える結果だったのですが、もしかすると順位を大きく崩した事がきっかけになったのでしょうか、半月後からダートに転身。その時から今回までの4戦全てが3着以内、1勝2着2回と大きく化けました。
勝てなかった3戦はいずれも半馬身差、勝った今回は2着を0.9秒突き放して快勝。上の条件でも早いうちに勝ち負けできるかも知れません。
posted by 負犬山禎之丞 at 20:01| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

3/15〜3/21のアイドル達。

先週の結果。
3/15
大井 5R 5枠5番 ハルカジェット   12頭立て9番人気6着
3/16
名古屋7R 3枠3番 マコトダッソー   8頭立て2番人気3着
園田 9R 8枠11番 ミキノデイジー   11頭立て4番人気3着
園田 12R 1枠1番 マコトクオバディス 12頭立て11番人気12着
3/18
大井 3R 1枠1番 ビジュハルカ    14頭立て4番人気7着
3/19
中京 4R 6枠10番 マコトサダイジン  14頭立て2番人気4着
中京 3R 4枠8番 マコトギンスバーグ 18頭立て8番人気5着
3/20
高知 8R 7枠8番 ミキノジュウゴヤ  10頭立て9番人気6着

マコトダッソーが東海名古屋へ移籍。JRAでの成績は17戦1勝に留まりました。
平地で1桁着順に収まった事が11戦のうち2回しかなく、なんとも評価のしようがありませんでしたが、強いて言えば、これまでのレースぶりで、勝ち馬との差を見る限りでは、ダートでより芝での方が優っています。
移籍してどうなるものか不安も抱きますが、早く水に慣れて結果が出せるようになって欲しいところです。
posted by 負犬山禎之丞 at 18:46| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

3/8〜3/14のアイドル達。

先週の結果。
3/9
笠松 6R 5枠5番 ミキノブシドウ   9頭立て2番人気4着
笠松 7R 1枠1番 カメレオンアミ   8頭立て1番人気7着
3/13
中山 8R 5枠10番 アミーキティア   15頭立て1番人気2着
阪神 12R 6枠11番 ミキノグランプリ  16頭立て14番人気9着
posted by 負犬山禎之丞 at 16:06| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

3/1〜3/7のアイドル達。

先週の結果。
3/2
園田 7R 5枠6番 ミキノデイジー   12頭立て5番人気2着
園田 9R 5枠5番 アラタシャチョウ  12頭立て5番人気3着
園田 12R 7枠10番 マコトクオバディス 12頭立て12番人気11着
3/5
小倉 11R 5枠10番 ミキノトロンボーン 16頭立て7番人気3着
3/6
高知 6R 3枠3番 ガンバレシャチョウ 11頭立て3番人気6着
高知 7R 5枠5番 ミキノジュウゴヤ  12頭立て11番人気10着
中山 10R 3枠4番 トラキチシャチョウ 14頭立て3番人気5着
小倉 8R 5枠10番 マコトグナイゼナウ 18頭立て12番人気2着
小倉 10R 3枠6番 ミキノドラマー   18頭立て15番人気7着
3/7
船橋 6R 7枠7番 アミザクラ     10頭立て8番人気10着

マコトグナイゼナウは、デビューしてから1年半ほどになりますが、昨年後半に1戦しかできなかった事もあり、まだ11戦目。連対もですが掲示板に載ったのも2014年の12月6日以来、久しぶりの事でした。
3コーナーを過ぎる辺りまでは後ろから4、5番手、隊列の中では先頭から八分どころに位置を定めて、そこからなかなか鋭い末脚で追い上げて2着。芝1200メートルの自己ベストを0.9秒更新し、後半600メートルではメンバー中2番目に速くまとめたのですが、いちばん速くきた勝ち馬より0.4秒も遅くては、まあこの順位が精一杯だったと言えましょうか。
勝ち馬との着差は4分の3馬身。今回はこれが2番目に大きな着差でした(笑)
18頭立てのレースでしたから、前後2頭の着差は1着2着から17着18着まで17組あったわけですが、そのうちで1馬身以上の差があったのは1組だけ。そもそも数字で表される差がついたのが3組だけ。勝ち馬から最下位の馬まで0.9秒の差しかない大混戦でした。
出走馬の能力にムラが生じ易い500万下戦で、ハンデ戦でもなく、こうした形になるのはそれほど多くはないのではと思います。隠れた好レースでした。
posted by 負犬山禎之丞 at 15:31| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

2/23〜2/29のアイドル達。

先週の結果。
2/24
大井 5R 4枠6番 ハルカジェット   14頭立て12番人気11着
高知 7R 8枠10番 ガンバレシャチョウ 10頭立て5番人気4着
高知 8R 2枠2番 ミキノジュウゴヤ  9頭立て8番人気4着
2/25
笠松 7R 8枠8番 カメレオンアミ   9頭立て5番人気7着
笠松 8R 2枠2番 ミキノブシドウ   8頭立て2番人気4着
2/26
大井 1R 6枠10番 ビジュハルカ    14頭立て4番人気3着
2/27
阪神 7R 2枠3番 ミキノグランプリ  16頭立て5番人気1着
2/28
阪神 12R 6枠11番 マコトカンパネッロ 16頭立て14番人気6着

ミキノグランプリが久々に勝って2勝目。一昨年の8月16日以来の事でした。
昨年の前半には2着を4回続け、その勢いで結果も出すのかと思いましたが、後半には掲示板にも載り損ねたまま終わってしまいました。その後の事でしたので、正直なところ意外だったと言いますか驚いたと言いますか。
書名や著者名を覚えていないのですが、同じ条件のレースを続けると結果を出せないタイプがいる、条件が変わった時が馬券の狙い目、と唱える説があります。
ミキノグランプリは2013年11月のデビュー戦から翌年の7月まで、福島の1150メートルも似たものとすれば11戦続けてダート1200メートルだけを使われた後、1000メートルのレースでなかなかの勝ち方をして初勝利。しかし20日後の同じコースでは、もちろん昇格した影響もあったでしょうが7馬身近い差で負けています。
その次には11月に福島1150を使って、それから昨年10月までまた1200が続きました。件の2着4連続もこの間にありました。
その次にははじめて1400メートルに出走。そして前走は1年半ぶりに小倉の1000。これらでは結果が出ませんでしたが、長い方、短い方と条件を変えた後で1200に「変えた」今回で勝利。
まあこの馬一頭だけの成績を当てはめようとすれば恣意的な見方にもなりますが、件の説に頷きたくなる例の一つではあると言えましょうか。
posted by 負犬山禎之丞 at 17:16| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする