2016年01月26日

1/19〜1/25のアイドル達。

先週の結果。
1/20
高知 2R 1枠1番 ミキノジュウゴヤ  8頭立て2番人気4着
高知 7R 8枠8番 ガンバレシャチョウ 8頭立て4番人気6着
1/21
園田 3R 7枠7番 ミキノデイジー   10頭立て1番人気1着
1/23
京都 2R 8枠13番 マコトクラダリング 13頭立て4番人気8着

ミキノデイジーはこれが4勝目。
この前が9ヶ月ぶりの勝利で、9ヶ月前の勝ち星もまた9ヶ月ぶりでしたから、なにかこう、勝ち縁に遠いところがあるのか…とも思ったりしましたが、今度は3週間で勝ちました。
なお、今年のクーリンガー産駒初勝利でもあったようです(笑)
また、…JRAや南関東での2着や3着が何度かある馬を差し置いての話でアレですが、昨年中に2勝したクーリンガー産駒はミキノデイジーだけでした。
ネットケイバドットコムの情報を整理したところ、クーリンガーの仔は2011年に初年度産駒が出走して以来、JRA、地方を通じてこれまで25頭しかデビューしていないようです。
5年間に佐賀記念に4回出走し1勝2着3回など、息長く走って印象深い馬でしたから、もっと種牡馬として人気が出るとよいのですが。
posted by 負犬山禎之丞 at 17:34| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

1/12〜1/18のアイドル達。

先週の結果。
1/13
大井 4R 3枠6番 ハルカジェット   16頭立て9番人気10着
園田 9R 5枠6番 マコトクオバディス 12頭立て8番人気7着
1/15
大井 3R 5枠5番 ビジュハルカ    11頭立て10番人気11着
笠松 11R 8枠10番 ミキノブシドウ   10頭立て7番人気7着
1/16
京都 1R 6枠11番 ミキノカンタータ  15頭立て8番人気14着
京都 2R 8枠15番 オモロイシャチョウ 16頭立て1番人気6着
中京 4R 6枠10番 マコトサダイジン  14頭立て3番人気3着
中京 11R 7枠13番 マコトブリジャール 18頭立て17番人気18着
1/17
佐賀 1R 6枠6番 アズサリーブル   7頭立て4番人気5着
中山 1R 6枠11番 ミキノカブキ    16頭立て16番人気16着
中山 7R 5枠10番 マコトカンパネッロ 16頭立て5番人気6着
京都 9R 6枠11番 トラキチシャチョウ 16頭立て2番人気1着
1/18
船橋 4R 1枠1番 ミオパインハルカ  11頭立て11番人気9着

トラキチシャチョウが半年ぶりに勝ちました。
昨秋以降、4コーナーまでには中団に進出して勝ちきれなかった2着が3回。今回は直線に向くまで我慢しての完全な追い込みに徹しました。
ダート1900メートルのレースで、100メートル目から500メートル目までのラップが23秒1。そこからガクッとペースが落ちて、500から900ですとか700から1100ですとか、どの400メートルをとって見ても25秒以上。
初めが速かっただけで決してハイペースとは言えないレースでしたが、我慢が報われた結果が出ました。ラスト600メートルの走破タイムにおいて、2着馬は出走馬の中で2番手タイとなるいいものを残しましたが、シャチョウはそれよりコンマ9秒も速くまとめました。相手側からすれば、どうにもなるはずがなかったとでも言いたくなるでしょうか。
半年前の勝ち星は園田に遠征してのものでしたから、JRAでの勝ち星は実に一昨年の4月以来の久々。その時すなわち3歳の晩春から、昨年、4歳の10月前半まで、掲示板にすら載れずにいましたが、同月後半から今回までは5戦4連対、4着1回。すっかり化けました。
昨年7月の園田遠征まで、シャチョウの体重は490キロまでに留まっていましたが、夏から秋口に490を超えて出るようにもなり、11月から暮れまでの3走では500キロ以上。そして今回は一気に増やして518キロで出ました。昨秋より前の不振には絞り過ぎが影響した事があったかも知れません。
…半年で30キロほど増やしたわけですが、今回に限っては、昨年に640キロをマークしたショーグンが、やはり636キロで出てきましたので、パドックなどで間近に見ても、シャチョウはちっとも目立たなかった事でしょう(笑)
posted by 負犬山禎之丞 at 17:38| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

1/5〜1/11のアイドル達。

先週の結果。
1/5
中山 12R 3枠6番 ショウナンアズサ  16頭立て12番人気14着
京都 4R 6枠11番 マコトグロズヌイ  16頭立て5番人気10着
1/6
園田 9R 4枠4番 マコトヴォカシオン 10頭立て5番人気3着
1/7
浦和 10R 4枠4番 ミキノブルーグラス 12頭立て2番人気2着
園田 8R 2枠2番 ミキノデイジー   12頭立て6番人気7着
1/8
笠松 6R 4枠4番 カメレオンアミ   9頭立て4番人気2着
1/10
佐賀 1R 6枠6番 アズサリーブル   8頭立て8番人気8着
中山 4R 2枠2番 マコトダッソー   14頭立て9番人気10着
中山 8R 5枠9番 アミーキティア   16頭立て3番人気3着
京都 7R 2枠2番 マコトグランドゥ  13頭立て13番人気3着
京都 8R 4枠8番 ラクアミ      16頭立て5番人気3着
1/11
高知 12R 1枠1番 ガンバレシャチョウ 12頭立て11番人気4着
      7枠10番 ミキノジュウゴヤ      4番人気8着
京都 4R 7枠12番 ハルカフジ     14頭立て8番人気中止

ハルカフジは11ヶ月ぶりに障害に出ましたが最初の障害で落馬。
JRA発表では人馬ともに異常なしとの事ですが、騎手はスッと起き上がったのに対し、馬は画面が切り替わるまでには、…まあそれは僅かな間の事ですが、動きを見せませんでした。
たいていは馬の方が先に立ち上がるように思いますけれどね。だからこそ「落馬したその地点」からに限り認められる、再騎乗がそうそう実現しないわけで。
落馬再騎乗には制限時間もあったと思ったのですが、ちょっと調べた限りでは言及しているところを見つけられませんでした。障害飛越競走では、空馬が次の障害を超えてしまったら失格、という規定があるようです。
高田潤騎手は、1つのレースで2回落馬したものの完走した事があるそうですね。
それはさておいて、ハルカフジは明けて8歳。障害でも上がり目がなさそうだと見られたら、いよいよ、かも知れません。

マコトグランドゥは、当該レースでただ1頭だけ単勝万馬券候補にされてしまいましたが、シンガリ2番手で気持ちよく走って、4コーナーで嘘のように周りが開けて悠々と末脚を利かせられました。
単勝ブービー人気だったスマイルフォースが2着にきて、2頭のワイド配当は295倍。78通り中の77番人気でした。
posted by 負犬山禎之丞 at 18:07| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

12/29〜1/4のアイドル達。

先週の結果。
12/30
大井 1R 4枠6番 ビジュハルカ    14頭立て5番人気3着
12/31
園田 2R 6枠6番 ミキノデイジー   10頭立て1番人気1着
1/1
高知 3R 8枠10番 ミキノジュウゴヤ  11頭立て5番人気6着
高知 5R 1枠1番 ガンバレシャチョウ 12頭立て5番人気9着
1/2
園田 9R 3枠3番 アラタシャチョウ  12頭立て5番人気6着
1/3
川崎 10R 7枠8番 アミザクラ     10頭立て9番人気9着
佐賀 1R 8枠8番 アズサリーブル   8頭立て8番人気8着
1/4
名古屋9R 8枠9番 ミキノブシドウ   9頭立て3番人気8着

一昨年、昨年に続いて社長が元日から頑張りました。結果はさておき。
その前、2013年は1月14日まで空けていますが、代わりに12年の大晦日に走っていました。
社長自ら年末年始返上。早く経営が落ち着くといいですね。

古馬と一緒に走るようになった7月から、ミキノデイジーはC2に組み入れられていました。
そこでも二組でいたうちは、勝てないまでも掲示板に多く載ってきたのですが、10月後半に一組へと上がってからは、下から数えるとすぐ見つかるレースが3つ続きました。
…格付けが見直されるタイミングがいまいち掴めないのですが、12月初旬にC2一組で走った後で、今回はC3一組まで降格。前走では9番人気でしたが今回は1番人気に見直され、しっかり応えて3馬身差で快勝しました。
明けてまだ4歳ですから、また力をつけて今年は、まずはC2二組を、今度は勝って抜けてもらいたいものです。
posted by 負犬山禎之丞 at 14:46| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする