2015年11月24日

11/17〜11/23のアイドル達。

先週の結果。
11/17
園田 10R 1枠1番 マコトヴォカシオン 11頭立て10番人気6着
11/18
園田 10R 5枠5番 アラタシャチョウ  11頭立て8番人気11着
11/19
川崎 7R 8枠12番 アミザクラ     12頭立て8番人気11着
11/20
名古屋4R 6枠6番 ミキノブシドウ   8頭立て2番人気2着
11/21
東京 6R 1枠1番 マコトカンパネッロ 16頭立て4番人気8着
11/22
京都 10R 4枠8番 ハルカフジ     16頭立て16番人気12着
11/23
高知 5R 2枠2番 ミキノジュウゴヤ  12頭立て4番人気6着
高知 6R 5枠6番 ガンバレシャチョウ 12頭立て9番人気9着
東京 10R 7枠13番 ショウナンアズサ  18頭立て18番人気5着

ショウナンアズサは、3月上旬のレースで掲示板に載ってから後には、16頭立ての14着が3回。その間に1回は10着以内に収まっていたと思いきや9頭立ての9着。かくも振るわないレースを続けていた後でしたから、ようやく5着でもいい結果だったと言うべきでしょう。
スタート後の位置取り争いが落ち着いた段階で先頭にいて、直線、坂の下辺りで捕まってしまうかとも見えたのですが、そこから粘りが見られました。
1頭に捕らえられてからの粘りがまた大したもので、結局4頭に抜かれたのですが、そのそれぞれに対して、追いつかれては叶う限り喰らいつき、抜かれるとまた次に喰らいつき、と、いま改めて思い返しますと壮絶さすら感じるレース振りでした。
昨年は10ヶ月半も出走できなかったのをはじめ、これまで3シーズン必ず5ヶ月以上の長期休養を強いられたほど脚が弱いようで、今回いきなり化けたのではなく、本来はもっと走れる力があるのだと思います。通算21戦2勝、2着3回3着4回。掲示板は13回。
posted by 負犬山禎之丞 at 22:23| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

11/10〜11/16のアイドル達。

先週の結果。
11/10
船橋 4R 4枠4番 ミキノオペラ    9頭立て5番人気8着
園田 10R 4枠4番 マコトクオバディス 12頭立て12番人気12着
11/11
笠松 6R 7枠7番 ミキノブシドウ   9頭立て2番人気2着
園田 7R 7枠8番 ミキノデイジー   10頭立て9番人気10着
11/12
園田 10R 6枠7番 ステキナシャチョウ 12頭立て7番人気4着
11/13
船橋 11R 6枠7番 ミキノブルーグラス 11頭立て4番人気1着
11/14
佐賀 2R 4枠4番 アズサリーブル   10頭立て9番人気8着
東京 6R 6枠6番 マコトグラディウス 11頭立て8番人気9着
11/15
高知 6R 7枠8番 ミキノジュウゴヤ  11頭立て4番人気3着
高知 8R 8枠11番 ガンバレシャチョウ 11頭立て6番人気5着
京都 8R 8枠14番 トラキチシャチョウ 14頭立て3番人気4着
福島 10R 8枠15番 ミキノドラマー   16頭立て8番人気11着
福島 12R 4枠8番 マコトグナイゼナウ 16頭立て11番人気16着

ミキノブルーグラスは、5ヶ月ぶりだった前走で連勝を途切れさせてしまいましたが、明け2戦目でしっかり立て直しました。南関東通算11戦6勝、2着1回3着1回。
200メートルごとのラップタイムが、初めの1200メートルでは遅くとも12秒台後半だったのに対し、残りの400メートルでは14秒前後。最後の600メートルでは、逃げきったミキノブルーグラスは、中団から差してきた2着馬より1秒近く遅かったようで、かなり先行馬に不利な展開を辛うじて粘っての勝ちでした。
浦和以外では今回を含め船橋で3戦しています。今回ははじめての遠征勝ちでもありました。
その遠征も3月以来の事。船橋競馬がハートビートナイター開催を始めたのが6月15日で、地元浦和ではナイターをしていません。ですから初挑戦だったのですがなんとか凌ぎきりました。
posted by 負犬山禎之丞 at 18:12| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

11/3〜11/9のアイドル達。

先週の結果。
11/4
園田 9R 2枠2番 アラタシャチョウ  8頭立て8番人気6着
11/5
大井 5R 2枠2番 ハルカジェット   12頭立て12番人気12着
11/6
大井 2R 1枠1番 ビジュハルカ    14頭立て4番人気5着
名古屋7R 8枠9番 ミキノブシドウ   9頭立て4番人気3着
11/7
東京 7R 1枠1番 マコトカンパネッロ 16頭立て10番人気5着
京都 12R 4枠7番 ショウナンアズサ  16頭立て14番人気14着
11/8
高知 5R 8枠12番 ガンバレシャチョウ 12頭立て11番人気2着
東京 6R 7枠13番 アミーキティア   16頭立て3番人気2着
東京 9R 5枠5番 マコトルーメン   7頭立て2番人気5着
京都 6R 8枠16番 ミキノヘラクレス  16頭立て9番人気1着
福島 2R 1枠1番 アミーラ      15頭立て9番人気8着

ミキノヘラクレスがデビュー勝ち。
大きな水溜りが目立つ不良馬場に、誰よりも不利を受けなかった結果でもあるのでしょうが、何と言いましょうか、人気サイドの馬が勝つべくして勝った時のような勝ちっぷりでした。
父はスターリングローズ。母はミキノモナコ、その父はディアブロ。
長兄ミキノグランプリはJRA26戦1勝で現役。1つ上の姉ミキノソレイユは、JRA、岩手で合わせて10戦未勝利。グランプリは勝ち星こそ1つですが、今年1月から5月までの4連続を含め2着が7回と、あと一歩で取り零したレースがたくさん。
ヘラクレスは3年続けて3頭目の仔。母母母母父のノーザンテーストや、その仔ダイナガリバーが思い浮かばせる白面が目立ちます。ピンクの多い馬主服と合わせて、混戦の中でもすぐに見つけられるでしょう。
この名前で南井克巳厩舎にいるというのがまたなんともいい感じで(笑)
鞭を置いてから久しく、テレビなどで姿を見る事も少なくなりましたが、騎手時代の姿をご覧になった方なら、同じように感じて下さるものと思います。
1995年10月に発売されました『別冊宝島234 競馬名人読本』にあるインタビュー記事には、タマモクロスで勝った天皇賞・秋(88年)の1ヶ月前に骨折と診断されていたにもかかわらず、主治医の前でギプスをはめたまま屈伸運動などをして見せて、全治10日程度とさせてしまった後で温泉で完治させたとか(どうも誤診だったようですが)、93年春には調教中に落馬して足首を捻挫したけれども、親しいマッサージ師のもとで治して翌週の阪神大賞典に乗ったとか、体格だけではないヘラクレスっぷりが語られています。
人馬ともにヘラクレスなのですから、12の偉業くらいはあっさり成し遂げてくれるかも知れません。
posted by 負犬山禎之丞 at 21:39| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

10/27〜11/2のアイドル達。

先週の結果。
10/27
浦和 1R 4枠4番 ミキノオペラ    8頭立て4番人気4着
10/28
笠松 2R 2枠2番 ミキノブシドウ   9頭立て3番人気5着
10/29
浦和 12R 6枠7番 ミキノブルーグラス 12頭立て2番人気7着
園田 11R 3枠3番 マコトクオバディス 12頭立て7番人気8着
10/30
園田 8R 8枠9番 ミキノデイジー   10頭立て10番人気7着
園田 11R 2枠2番 ステキナシャチョウ 9頭立て4番人気6着
10/31
福島 5R 6枠7番 マコトダッソー   11頭立て10番人気4着
11/1
高知 4R 8枠11番 ミキノジュウゴヤ  11頭立て4番人気10着
高知 7R 8枠10番 ガンバレシャチョウ 11頭立て7番人気6着
京都 11R 6枠6番 マコトブリジャール 11頭立て10番人気3着

日曜日、帰宅してテレビを点けましたら、ゴール前でマコトブリジャールが力尽きて3着に下がるところでした…。
スタートしてすぐには先頭争いに加わり、4番手に控えてからは少しずつ遅れた様子で、馬群の真ん中ほどにまで下がっていきましたが、先頭がずいぶんとハイペースを刻んでいましたから、騎手が上手かったのか偶然の結果かはともかく、理想的な展開ではありました。
勝ち馬とは4コーナーで並んでいて、最後にはコンマ1秒だけ遅れた上に外からも抜かれてしまいました。けれど、直線に向くまでの間に彼女より前にいた3頭が、最後にはビリからの3頭になってしまったレースで、先行策から応変に構えて粘りきった事や、4頭しかいなかった3歳、4歳がすべて掲示板に載った中で、5歳牝馬が食い込んだ事など、好評すべきところが多かったと思います。
posted by 負犬山禎之丞 at 19:20| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする