2017年09月19日

9/12〜9/18のアイドル達。

先週の結果。
9/13
大井 4R 8枠13番 ハルカジェット   14頭立て6番人気10着
9/14
園田 3R 6枠6番 ミキノデイジー   10頭立て1番人気1着
9/15
大井 9R 6枠6番 ビジュハルカ    10頭立て4番人気9着
9/16
阪神 6R 1枠1番 マコトタリスマン  12頭立て8番人気9着
阪神 11R 2枠3番 ミキノハルモニー  16頭立て16番人気11着
9/17
帯広 1R 5枠5番 オレトマコト    9頭立て7番人気8着
      6枠6番 フタミブルー        2番人気4着
盛岡 12R 1枠1番 マコトハインケル  10頭立て6番人気5着
中山 11R 5枠9番 トラキチシャチョウ 16頭立て11番人気12着
9/18
帯広 5R 2枠2番 イワフネハルカ   7頭立て5番人気4着
高知 5R 2枠2番 ガンバレシャチョウ 12頭立て12番人気7着
中山 2R 3枠3番 アポロアミ     12頭立て8番人気8着
中山 12R 7枠12番 マコトグラディウス 15頭立て14番人気15着
阪神 3R 5枠10番 メイショウチハヤ  16頭立て12番人気12着
阪神 11R 1枠1番 ワキノヒビキ    12頭立て9番人気6着

ミキノデイジーが昨年9月22日以来の勝利。
勝ち星こそ久しいものとなりましたが、今年の18戦で掲示板に載れなかったのは3回だけ。まあ10頭立てかそれ未満かのレースが多くはありましたが、堅実と言えば堅実。
とは言えもう少し花を咲かせて欲しいものですがね。

マコトハインケルさんは地元1勝の身ながら、岩手競馬の、芝2歳戦では最高峰…と思われる重賞に挑戦。
終盤でじわりじわりと伸びてはきましたが、この1戦だけでは、芝の方がいいとも言いかねるように思いました。
…まあ、芝のない競馬場に所属していながら、芝向きの馬とわかってしまったら、また面倒でもありましょうが(爆)
むかーし昔、馬主が一目でダートは駄目と直感したのに、思惑あって道営に入れられた馬がいたんですよねえ。
posted by 負犬山禎之丞 at 17:52| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

9/5〜9/11のアイドル達。

先週の結果。
9/5
船橋 8R 5枠5番 ミキノブルーグラス 11頭立て11番人気11着
9/6
名古屋3R 2枠2番 リライアブルアミ  8頭立て3番人気2着
9/7
川崎 3R 7枠8番 ミキノレジーナ   10頭立て9番人気5着
9/8
名古屋6R 5枠5番 リュウワンマミサン 8頭立て7番人気7着
9/9
帯広 5R 2枠2番 イワフネハルカ   9頭立て8番人気8着
9/10
高知 2R 8枠11番 ガンバレシャチョウ 12頭立て9番人気11着
中山 3R 7枠14番 ハルカノテソーロ  16頭立て2番人気1着
阪神 8R 8枠11番 ミキノトランペット 11頭立て3番人気4着
阪神 11R 6枠10番 ワキノヒビキ    14頭立て13番人気14着
9/11
笠松 10R 4枠4番 カメレオンアミ   7頭立て7番人気7着

ランクアップリミット寸前の6戦目、はじめてのダート戦でハルカノテソーロが未勝利を脱出しました。
1000メートル地点の手前まで後方に控えて、そこから早めに押し上げていくレース運び。4コーナーでは4、5番手の大外を回り、…その辺りでいっぱいいっぱいだったようにも見えたのですが、全馬が回り終えてカメラが前の方に切り替わったらすでに2番手を突き放しにかかっていました。正直、狐につままれたような思いでもあります(おい)
新馬戦がなくなってからデビューした馬ですし、まだこれから大きく伸びるはずで、末楽しみな一頭と言えるでしょう。
posted by 負犬山禎之丞 at 16:45| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

8/29〜9/4のアイドル達。

先週の結果。
8/30
大井 9R 5枠9番 ビジュハルカ    16頭立て6番人気8着
8/31
大井 7R 2枠3番 ハルカジェット   15頭立て2番人気1着
園田 3R 1枠1番 アラタシャチョウ  10頭立て7番人気10着
園田 5R 1枠1番 ミキノデイジー   10頭立て4番人気5着
9/1
笠松 6R 3枠3番 カメレオンアミ   8頭立て5番人気1着
9/2
帯広 1R 2枠2番 ハルカガール    9頭立て3番人気5着
9/3
高知 12R 6枠8番 ガンバレシャチョウ 12頭立て10番人気8着
新潟 12R 8枠17番 ミキノドラマー   18頭立て2番人気2着

ハルカジェットの勝利は昨年末以来。これで74戦5勝、2着4回3着5回。
デビューから50戦勝てなかった事を思えばよくなったものですが、勝てなかった時の成績もいますこし上がって欲しいところですねえ。

カメレオンアミさんにいたっては昨年5月、マコトダッソーに半馬身差で当堂としては喜んでよいのかどうか迷う勝ち星以来の事でした…。
通算では75戦、笠松通算66戦8勝、2着15回3着6回。こちらはJRAから転入したばかりの頃に割とよい内容を残していただけに、昨年今年の結果がやや見劣りするのも、一般的な例のうちなのかも知れません。
まあそれでも、両年とも連対率は15パーセントを上回っていますけれどね。
posted by 負犬山禎之丞 at 20:09| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

8/22〜8/28のアイドル達。

先週の結果。
8/24
門別 3R 4枠4番 マコトハインケル  8頭立て6番人気4着
名古屋6R 2枠2番 リライアブルアミ  8頭立て1番人気1着
8/25
名古屋4R 5枠5番 リュウワンマミサン 8頭立て8番人気6着
8/26
新潟 11R 3枠4番 トラキチシャチョウ 15頭立て9番人気11着
小倉 11R 6枠12番 ミキノグランプリ  16頭立て8番人気14着
      8枠15番 ミキノハルモニー      13番人気12着
8/27
新潟 7R 8枠17番 マコトグラディウス 18頭立て14番人気16着

リライアブルアミが2勝目を飾りました。移籍後5戦2勝、3着2回。
堅実ではありますが、これが2着1着の繰り返しになってこそリライアブル…とか少し手厳しく評しておきましょうか。
通算では13戦2勝、3着2回。
posted by 負犬山禎之丞 at 18:04| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

8/15〜8/21のアイドル達。

先週の結果。
8/15
大井 7R 8枠10番 ハルカジェット   11頭立て5番人気2着
8/16
浦和 2R 7枠8番 ミキノレジーナ   10頭立て7番人気7着
園田 8R 5枠5番 ミキノデイジー   9頭立て3番人気6着
8/17
門別 2R 3枠3番 イソノアズサ    10頭立て7番人気6着
8/18
笠松 8R 7枠7番 カメレオンアミ   6頭立て3番人気3着
8/19
帯広 3R 5枠5番 イワフネハルカ   8頭立て1番人気1着
      6枠6番 オレトマコト        7番人気6着
小倉 12R 6枠12番 ミキノタマテバコ  17頭立て15番人気17着
8/20
高知 1R 8枠10番 ガンバレシャチョウ 10頭立て9番人気4着
新潟 5R 5枠10番 アポロアミ     18頭立て6番人気8着
小倉 12R 1枠2番 ミキノトランペット 16頭立て1番人気3着
8/21
帯広 2R 8枠9番 ハルカガール    9頭立て6番人気5着
川崎 3R 1枠1番 ミキノレジーナ   8頭立て6番人気5着
川崎 4R 2枠2番 ミキノアレグロ   10頭立て1番人気7着

アポロアミがデビュー。
父はディープブリランテ。母はスイートピグレットでその父はブライアンズタイム。
…ディープインパクト直仔も採り上げていないのに孫が先に出てきたのも当堂らしいと(笑)
母は2004年生まれで、07年、3歳の11月に川崎で遅いデビューを果たし、快勝。翌08年1月の末にもう1戦して3着になり、2月には登録を抹消されています。ただ、JBISサーチにある繁殖馬情報は10年生まれの仔から始まっておりまして、09年繁殖シーズンまでの1年ほどをどうしていたのかはわかりません。
10年生まれのレゾンドールシチーから、15年生まれのアポロアミまで毎年続けて仔を出している頑丈なお母さんですが、産駒成績は振るわず、初めの3頭合わせてJRA21戦未勝利。
アポロアミから2つ上の兄、ヒーローメーカーが昨年1月の新馬戦で待望の勝利を飾りました。どうやらスイートピグレットも、初めはJRA関東に入厩していながらデビューできなかったようでして、この仔の勝ちは悲願のJRA勝ちであったとも言えましょう。けれど、ヒーローメーカーもその後は振るわず8戦1勝。
その下にはゴロウマルウィンなる、何やら時の人から名前を借りたはいいが、馬がデビューするまでに話題にならなく…、な感がある名前の牡馬が。今年1月に中山でデビューし、4月までに2戦未勝利。7月末から、兄弟でははじめて地方へ移り、2戦目、去る今月15日に初勝利を飾りました。
そういえば、スポーツ報道以外ではまだ注目が薄いようですが、五郎丸選手はもうすぐ国内リーグに帰ってくるそうですね。これから馬の方もグイグイいくのでしょう。
さてアポロアミのデビュー戦は、…上述通り母がデビューまでに時間がかかりましたし、子供達もアポロアミの上、5頭のうち3頭が3歳になってからデビューしているくらいで、血統的にも芽を出すのが遅めのような気がします。まあそれでも、出てきたからには見所のある内容にして欲しかったものですが…。

イワフネハルカが十勝馬唄全国大会記念を快勝。ばん馬とはいえ2着に20秒の差をつけての圧勝でした。やっぱりアイドルですから唄の舞台は外せませんね!
…マコトさんには十勝馬踊記念で頑張ってもらいましょう(たぶんない)

ガンバレシャチョウさんもいつの間にやら214戦目。出走馬の平均馬齢を1頭で押し上げる身となりましたが、よく見ると今回、後半600メートルでは一番手でしたよ! 0.9秒も抜きん出ていましたよ!
侮れない年寄り(おい)として、5年くらい後に、国内最多出走記録を塗り替えた事をここで祝えるように頑張って欲しいものです。
こちらがそれまで続くかどうかは(爆)
posted by 負犬山禎之丞 at 15:23| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする