2019年03月19日

3/12〜3/18のアイドル達。

先週の結果。
3/13
名古屋10R 8枠8番 マコトハインケル  8頭立て2番人気2着
園田 11R 7枠10番 マコトパパヴェロ  12頭立て10番人気4着
3/15
名古屋1R 7枠7番 マコトヘリヤ    8頭立て4番人気4着
名古屋4R 3枠3番 ミキノティンパニー 9頭立て2番人気4着
3/16
佐賀 5R 5枠5番 マコトステッラミラ 9頭立て4番人気4着
3/17
帯広 7R 4枠4番 ミキタイガー    10頭立て3番人気10着
posted by 負犬山禎之丞 at 21:48| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

3/5〜3/11のアイドル達。

先週の結果。
3/5
園田 7R 4枠4番 マコトエギエネス  6頭立て3番人気1着
園田 9R 7枠7番 アミユウダイ    9頭立て2番人気7着
3/7
大井 3R 8枠13番 ハルカジェット   14頭立て13番人気14着
3/9
阪神 9R 4枠4番 マコトジュズマル  5頭立て3番人気3着
3/10
帯広 8R 7枠7番 ミキタイガー    10頭立て4番人気5着
高知 3R 3枠3番 ガンバレシャチョウ 10頭立て5番人気9着
佐賀 1R 7枠7番 マコトステッラミラ 9頭立て5番人気5着
中山 2R 7枠13番 ミキノビックリバコ 16頭立て14番人気中止
中山 8R 3枠4番 ハルカノテソーロ  14頭立て9番人気1着
3/11
高知 2R 1枠1番 マコトグラディウス 9頭立て9番人気9着

マコトエギエネスが約半年ぶりに勝ちました。
2勝目をあげるのに若干手間取った感はありますが、まだこれからがある馬ですので喜ばしさが優ります。
JRA6戦、3着1回、兵庫10戦2勝、2着2回3着1回。

ハルカノテソーロも2勝目をあげましたが、こちらは一昨年9月10日以来の、ぴったり1年半ぶり。前走14頭立て13着からの巻き返しを見せました。
勝ち鞍はどちらも中山ダート1800メートルですが、他に3着が3回ありまして、それらが、福島芝2600、札幌芝2000、中山ダート1800とまちまちで、適性を判断されかねているのか、続けて同じ条件で走った事が2組4戦しかありません。
勝った馬とのタイム差が0.5秒以内に収まったレースは、ダート1800、芝2000、ダート2100のいずれかですので、中距離向きではあるらしい…と言えるのでしょうかねこれ(爆)
通算15戦2勝、3着3回。

ミキノビックリバコは残念ながら予後不良と判断されました。
父はタイムパラドックス。母はミキノファンシーでその父はディアブロ。2つ上の姉が、前回見落としを発見されたミキノタマテバコ。
一度もゴールできずに終わってしまったのが痛ましく思われてなりません。
posted by 負犬山禎之丞 at 23:41| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

2/26〜3/4のアイドル達。

先週の結果。
2/26
名古屋9R 1枠1番 マコトハインケル  10頭立て1番人気1着
高知 4R 3枠3番 マコトグラディウス 10頭立て10番人気7着
2/28
名古屋3R 2枠2番 ミキノシャミセン  10頭立て2番人気4着
園田 11R 5枠5番 ミキノトムトム   9頭立て3番人気2着
3/1
名古屋4R 7枠7番 ミキノティンパニー 10頭立て2番人気2着
名古屋10R 5枠5番 ミキノタマテバコ  10頭立て6番人気1着
園田 10R 8枠8番 ワキノヒビキ    9頭立て1番人気9着
3/3
高知 11R 6枠6番 ガンバレシャチョウ 10頭立て6番人気7着
阪神 10R 5枠6番 マコトサダイジン  12頭立て9番人気11着
小倉 9R 5枠9番 ミンナノシャチョウ 16頭立て12番人気15着

移籍2戦目でマコトハインケルが勝ちました。下の方ではありますがA級で1つ勝てて、今後に繋がる結果と言えましょう。
道営から岩手、JRA、また岩手、そして東海と、のべ5ヶ所目。腰を据えて活躍できる場ができるといいのですが。
…岩手は競馬自体がしっかりして欲しいか(爆)
例年なら今月後半にはオフが明けますが、秋から暮れにかけて続いた禁止薬物のトラブルはその後どうなっているのか気がかり。
さておきマコトハインケル。
道営5戦1勝、岩手13戦3勝、2着3回3着1回。JRA3戦。名古屋2戦1勝、2着1回。
通算では23戦5勝、2着4回3着1回。

ミキノタマテバコは一昨年6月、阪神での3歳未勝利戦以来となる久々の勝ち星を。
その時は16頭立ての15番人気でタイム差のない辛勝だったようで、当堂ではどのように書いていたのかと過去ログを遡ったところ、…見事に見落としておりました(死刑)
その後JRAでは4戦してすべて最下位。同17年の11月下旬からは金沢で、実質1ヶ月の間に3戦してやはり低迷。
昨年18年の正月から名古屋へ移っています。マコトハインケルさんと違いJRAでの勝ち星がありますが、その後があまりにも振るわないためかC級からのスタートでした。
いきなり半馬身差2着に好走したかと思えば、その後の7戦は馬券にも絡めず、しかもその成績でB級に上がっていました(謎)
その後、4月下旬から6月下旬までの6戦では、2着5回3着1回と、…実は名古屋ではB級よりC級の方が上なのではと疑わせるような(笑)好成績を残しましたが、また6戦の間馬券に絡めず、昨年暮れに3着1回。
そして今年の4戦目で地方競馬初勝利を飾りました。
JRA9戦1勝。金沢3戦。名古屋25戦1勝、2着5回3着2回。通算37戦2勝、以下略。

さて余談ながら。
ミキノタマテバコがJRAで最後に走った時の相棒が、黒三角つきの身で3キロ軽く乗れた横山武史騎手でした。彼は、ちょうど去る日曜に終わった小倉開催で、最後の最後に勝ち星を足して開催リーディング騎手の座に着きました。
も一つ余談を重ねますが、ミキノタマテバコが勝っていたのを見落とした週の記事を振り返りましたら、そちらではアラタシャチョウが半年ぶり、とは言え久々に勝っていたり、南アフリカのレースにアズサさんの名を見つけていたり、とまあ大小様々に気を取られる出来事が他にありました。
その、南アフリカの出走表を見つけたのは、これがまたオーストラリアのサイトでだったのですが、そのサイトは賭けサイトであったせいでしょう、確かちょうど1年前くらいから、本邦からはアクセスできなくなりました。…ログインすらしなければ問題ないとは思うのですが(笑)
まあJRAなどが、海外のサイトを使った賭けは違法、とアナウンスし始めたのは5年やそこらではきかない以前からでしたが、そのように禁じているのは本邦だけの事ではなかったようで、同サイトがアクセスできなくした国と地域とのリストには150以上の地名がありました。その時期に何か国際的な取り決めが厳しくなったからの措置だったのかも知れません。
1年9ヶ月もあると、いろんな事が変わりますなあ。

…それよりも前の17年4月以来連対していないワキノヒビキ。勝ち星となりますと16年の11月からこの方、ありません。昨年は夏場に2戦しただけでした。
今年1月のレースを最後にJRAを離れ、兵庫で再出発を図りましたが幸先は思わしくなく、と言いますか散々なものに終わってしまいました。
JRAでは31戦して、先に挙げたものの他には2歳時に2勝、2着1回。あとは4着が2回と5着が3回と、で決して堅実ではありませんでしたが、つぶさに見ますとデビュー戦で3秒負けた他は、2秒以上離された事も1回しかありません。
しかしながら今回はデビュー戦よりも悪く3秒半離された最下位。馬場の違いに戸惑ったせいであればいいのですが、ダートに向かないとなるとこの先が心配にもなります…。
posted by 負犬山禎之丞 at 22:58| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

2/19〜2/25のアイドル達。

先週の結果。
2/19
園田 11R 4枠4番 アミユウダイ    12頭立て3番人気2着
高知 4R 7枠7番 マコトグラディウス 9頭立て7番人気9着
佐賀 6R 2枠2番 マコトステッラミラ 10頭立て6番人気5着
2/21
園田 10R 1枠1番 マコトタリスマン  12頭立て1番人気2着
2/23
帯広 6R 7枠7番 ミキタイガー    10頭立て1番人気1着
小倉 6R 8枠14番 ミンナノシャチョウ 14頭立て4番人気14着
2/24
高知 1R 2枠2番 ガンバレシャチョウ 9頭立て9番人気9着
小倉 1R 4枠8番 マコトネネキリマル 16頭立て12番人気12着
2/25
川崎 6R 6枠7番 マコトテラメエリタ 12頭立て5番人気6着

ミキタイガーが昨年12月17日以来の勝ち星をあげました。
昨年最後のレースで体重が1トンに届き、先月のうちは増えたり減ったりしつつ大きくは変わっていなかったところが、今回は一挙20キロ増えて1027キロ。
今年は今回まで5戦して、対戦相手はのべ45頭。うち1000キロを超えていたのはのべで4頭だけでした。今の時期にしては大柄に育っているようです。
もっともその、実頭数で3頭は今のミキタイガーより大柄でしたが…。
とまれ通算22戦4勝、2着1回3着7回。
今年の5戦が1着から5着まできれいに1回ずつなのですが、体重に伴って馬力もついてくればもっと安定するのでしょう。
posted by 負犬山禎之丞 at 23:43| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

2/12〜2/18のアイドル達。

先週の結果。
2/13
名古屋10R 1枠1番 マコトハインケル  8頭立て3番人気2着
2/15
名古屋1R 8枠9番 マコトヘリヤ    9頭立て8番人気5着
名古屋4R 8枠9番 ミキノティンパニー 10頭立て6番人気4着
名古屋12R 1枠1番 ミキノタマテバコ  10頭立て3番人気9着
2/17
高知 11R 3枠3番 ガンバレシャチョウ 11頭立て11番人気9着
東京 7R 3枠4番 ハルカノテソーロ  14頭立て12番人気13着
小倉 3R 5枠9番 マコトエイル    18頭立て10番人気14着

マコトエイルがデビュー。
父はマコトスパルビエロでその父はブライアンズタイム。その父はロベルト。
母はマコトスズランでその父はサンデーサイレンス。その父はヘイロー。
父の母はマコトシュンレイで、その父はリンドシェーバー。
母の母はゲインザーで、その父はターコマン。
…曾祖父の父、がヘイルトゥリーズンとアリダーとだけ(爆)
それぞれのクロス4✕4、血量12.5パーセントずつと、これまた濃いめの血統。
まあ、マコトハインケルとマコトネネキリマルとの全兄弟が持つブライアンズタイムのクロス、2✕3よりはまだ穏やかなのかも知れません(笑)

そのマコトハインケルは名古屋競馬へ移って今年初戦を迎えました。
人気よりは優る着順にはなりましたが、勝ち馬には1秒半差をつけられてしまいました。
とは言え初戦からA級に編入されての事でしたから、悲観はせず今後に期待、でよいのではないかと思います。
posted by 負犬山禎之丞 at 20:34| Comment(0) | 出馬表 | 更新情報をチェックする